おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  岡嶋二人

とってもカルディア(岡嶋二人)

本日、読了。

岡嶋二人では11冊目。

山本山シリーズでは2作目。


 <あらすじ>

  ペア探偵、織田貞夫(おださだお)・土佐美郷(とさみさと)という
 上から読んでも下から読んでも・・・の大男と小女の愉快な山本山
 コンビが、死体なき殺人事件に挑む。

  信州の田舎から久しぶりに上京してきた貞夫の友人・秋本冬樹が、
 怪しい行動をしたあと、美郷の新品の全自動カメラと共に姿を消して
 しまった。

  そして、ある社長宅のパーティで目撃者に見られたはずの死体が
 消えてしまうという事件が発生する。

  2つの事件は関係あるのか?美郷の快推理、エンジン始動!



 <感想>

 カルディアとは美郷が持つカメラのことで富士フィルム製らしい。
 1985年の作品なので、もちろんデジカメではなくフィルムカメラ。

 まぁ、今はデジカメ全盛なので富士フィルムも写真関係からほぼ撤退して、医療機器や化粧品に力を入れてますけどね。

 そして、カルディアには、プレワインディング方式といって、フィルムを入れると一旦全て巻戻して、フィルムの後ろから使用していくシステムを採用しているそうで、これが秋本の事件を事故死を他殺に変える決定打になります。
 デジカメしか使ったことない世代には思いつかないことですね。

 関連性が少なすぎる2つの事件(友人の秋本の事故死 と 社長宅での死体消失事件)を美郷が強引に関係ありそうに推理してしまって、このまま進むと読者は納得せんぞ!って思っていると貞夫がうまいこと引き戻してくれる二人の軽快なやりとりがオモシロくて、また、2つの事件を無理矢理ではなく、うまく筋道を立て、結び付け、伏線も利用して、解決してしまうのが岡嶋二人らしいところです。

 ところで、ストーリーには ”とっても” って関係なかったので、何やろう? と調べてみると、youtubeに ”とっても” 若い小泉今日子が出演していたカルディアのCMがあって、「とってもとってもカルディア」って言ってました。




【岡嶋二人 読了リスト】
 焦茶色のパステル          第28回江戸川乱歩賞
 七年目の脅迫状
 あした天気にしておくれ
 チョコレートゲーム          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
 コンピュータの熱い罠
 99%の誘拐               第10回吉川英治文学新人賞
 そして扉が閉ざされた
 クラインの壷
 三度目ならばABC           山本山シリーズ1
 なんでも屋大蔵でございます
スポンサーサイト
[ 2014/12/10 21:00 ] 岡嶋二人 | TB(0) | CM(0)

なんでも屋大蔵でございます(岡嶋二人)

本日、読了。

岡嶋二人では10冊目。


 <あらすじ>

  世間様では、あたし“なんでも屋の大蔵”と呼ばれておりまして、
 ご用命さえあれば引っ越しのお手伝いから、留守中のペットの
 世話、ドブ掃除、映画館の席とり、雨漏りの修理までなんでも
 格安で承ります。

  こう商売をやっておりますと、色々と珍妙な事件に遭遇します
 もんで・・・

  鋭い勘と名推理で難事件を次々解決する便利屋・釘丸大蔵の
 5つの事件簿。


 <感想>

 ”便利屋” ではなく ”なんでも屋”
 大蔵 とは ”たいぞう” ではなく ”だいぞう”

 そして、「でございます」のタイトル通りに、読んでいる私が、大蔵の物置小屋のような事務所に訪ねていって、以前にあった事件を丁寧な口調で話してくれるので、「ふんふん、それで?」 と心地よく話を聞いているような感じになります。

 殺人事件から近所のどうでもいい出来事までを軽いタッチで謎を解くので、いかにもシリーズ化しやすようなんですけど、宮部みゆきの解説によると、これっきりだそうなので、この優しい雰囲気を味わえないのは、ちょっと残念なような・・・


【岡嶋二人 読了リスト】
 焦茶色のパステル          第28回江戸川乱歩賞
 七年目の脅迫状
 あした天気にしておくれ
 チョコレートゲーム          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
 コンピュータの熱い罠
 99%の誘拐               第10回吉川英治文学新人賞
 そして扉が閉ざされた
 クラインの壷
 三度目ならばABC           山本山シリーズ1
[ 2014/07/29 21:00 ] 岡嶋二人 | TB(0) | CM(0)

三度目ならばABC(岡嶋二人)

本日、読了。

岡嶋二人では9冊目。

山本山シリーズでは1作目。

 <あらすじ>

  きわめつきのユーモア推理!

  織田貞夫(おださだお)、土佐美郷(とさみさと)という逆さに
 読んでも同じ名前で、大きな男と小さな女の愉快な凸凹ペアが、
 テレビ局を舞台に縦横無尽の大活躍。

  クリスティーの名作 『 ABC殺人事件 』 をヒントに金曜日の
 東京を恐怖に陥れたライフル魔を追跡する表題作のほか、
 「十番館の殺人」「プールの底に花一輪」など、TV局の下請け
 会社で働く男女の連作短編集。

 <感想>

 今まで読んできた岡嶋二人作品がハズレなしだったので、もうちょっと手を広げてみようと読んでみると軽すぎるタッチに大きく裏切られてしまいました。

 上から読んでも下から読んでも同じ読み方の通称『山本山コンビ』(・・・この例えがわかる海苔のCMを知っているだけで年齢がバレそうですけど)
 この凸凹コンビは主婦向けのお昼のワイドショーのなかの1コーナー、ある事件の再現ドラマを担当していて、このドラマを忠実に作っているうちに未解決の事件を解決してしまうというなかなかオモシロい設定です。

 証言通りにドラマを作っていると、どうも不自然で納得いかずに、真犯人を見付けてしまうなど、展開としてはいいのですが、ただ他の作家でもそうですけど、長編だとあんなに面白いのに、短編になった途端に、コメディ風にし過ぎて、かえってサブくなってしまって、ストーリーが弱くなってしまっているのは否めないかも。

 でも、作者はこのコンビがお気に入りのようで、今度は長編の とってもカルディア にも登場するようです。
 

【岡嶋二人 読了リスト】
 焦茶色のパステル          第28回江戸川乱歩賞
 七年目の脅迫状
 あした天気にしておくれ
 チョコレートゲーム          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
 コンピュータの熱い罠
 99%の誘拐               第10回吉川英治文学新人賞
 そして扉が閉ざされた
 クラインの壷
[ 2014/03/18 21:00 ] 岡嶋二人 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム