おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  黒川博行

ドアの向こうに(黒川博行)

本日、読了。

黒川博行では6冊目。

大阪府警捜査一課シリーズでは5作目。

 <あらすじ>

  頭部は腐乱、脚部はミイラ化、大阪東南部の橋梁工事現場で奇妙な
 バラバラ死体が発見された。

  “ブンと総長”でおなじみ、大阪府警捜査一課のブンこと文田巡査部長、
 総長こと総田部長刑事に、京都人のエリート青年刑事・五十嵐も加わって
 事件を追う。

  でも、コッテコテの大阪人のブンは京都風を吹かせる五十嵐と合わない。

  そこへ、大阪北部で心中事件が発生。
  現場にはバラバラ事件の切抜き記事が――。

  二つの事件は妙な所でつながりブンは振り回される。


<感想>

 先日の『破門』で第151回直木三十五賞を受賞したときのニュースを見て、黒川博行は羽曳野(ちなみにダルビッシュの地元)に住んでるんやぁ、どおりでマニアックな地名がやたら出てくるなぁって思ってました。

 で、今回の事件発生場所は羽曳野!
 しかもバラバラ死体で頭は腐乱して脚はミイラ化!

 例によって、ブンと総長 が属する深町班が担当。
 今回は 機動隊出身の 京都人の五十嵐刑事が加わることに。

 舞台は建築業界。
 こういう世界はセンスがあればいいんだろうと思っていたら、ホントかどうかはわかりませんが、シンボリックな建物は東大卒の建築家が牛耳っているそうです。

 海の稜線 のときには、東京人のキャリアの萩原、今度は京都人。
 大阪 vs 京都 は 大阪 vs 東京 と同じくよく話題になることで京都人の見下す態度と自慢話が鼻に付くのは大阪人としてメチャクチャ同意です!

 さてさて、事件ですけど2つの殺人事件が関係ありそうで、関係ない。
 刑事たちの努力で周囲の状況はジワジワ埋まるんですけど、結ばれない。
 読んでいる私も、これは迷宮入りか?ともどかしく思っていたら、ブンと五十嵐が2つを結ぶ証拠(雑誌)を発見!
 コレには一緒に喜んでしまいました。ココから怒涛の攻めに転じて面白さが増幅していきます。

 それと、このシリーズになくてはならないブンと母親の仲のいい関係。
 酒盛りしたり、花札したりしているときの会話。
 これがナント、誰も解けない最後の密室の謎を母親が解いてしまうという離れ業!

 そして、とうとう、ブンと総長の娘の伶子が結婚することになるんですが、当初は新婚夫婦はマンションに住む予定だったのに、最後には、伶子から母親と同居したい、と言い出したのが、いかにも、ブンと総長シリーズらしい結末になっています。


【黒川博行 読了リスト】
 二度のお別れ               大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズ1
                         第1回サントリーミステリー大賞 佳作
 雨に殺せば                 大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズ2
                         第2回サントリーミステリー大賞 佳作
 キャッツアイころがった          第4回サントリーミステリー大賞
 八号古墳に消えて            大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズ3
 海の稜線                  大阪府警捜査一課(ブンと総長)シリーズ4
スポンサーサイト
[ 2014/11/11 21:00 ] 黒川博行 | TB(0) | CM(0)

海の稜線(黒川博行)

本日、読了。

黒川博行では5冊目。

大阪府警捜査一課シリーズでは4作目。


 <あらすじ>

  大阪府警捜査一課 の 文田巡査部長 と 総田部長刑事、
 通称“ブンと総長”。

  そこに東京から研修に来た若手キャリア・萩原が加わり、大阪
 と東京の文化の違いに角突きあわせながらも、巧妙に仕組まれ
 た殺人事件を追う。
  大阪府島本町での名神高速道路での乗用車爆破に始まった
 事件は身元が分からず二転三転し、意外にも高知県の偽装
 海難事故の姿が見えてくる。
  そして、複雑に入り組んだ海運業界の利権を巡る連続殺人
 事件へと発展していく。


<感想>

 大阪府警捜査一課シリーズ?
 黒田(または黒木)と亀田の 黒マメコンビ ちゃうん?
 同じ捜査一課で違うコンビ?総田と文田で ブンと総長コンビ?
 じゃあ、黒マメも登場するの?
 ややこしくない?
 どうせやったら、京都府警や兵庫県警でもええんちゃうん?

とストーリーはオモシロいんですけど、設定が疑問だらけで読み終えます。

 ところが、巻末の 杉江松恋 の解説によると、大阪府警捜査一課には、強盗事件班・火災専門班・特殊捜査班の他に殺人事件を担当する7個班もあるそうで、その内の深町班に所属する“ブンと総長”が今回の主役だそうです。
 『二度のお別れは』神谷班、『雨に殺せば』・『八号古墳に消えて』は宮元班となり解説を読んで納得できました。

 今回のオモシロさは、

  ・ノンキャリアで大阪人で29歳のブン(文田)とキャリアで東京人で23歳の萩原の意地の張り合い。
  ・ブンとお母さんとの仲のいいやりとり。
  ・キャリア研修でお飾り的な萩原が自分なりに一生懸命考えて捜査し、犯人を追いつめるところ。

につきます。特にもっと偉くなった萩原を見てみたくなります。(私も初めは嫌いでしたけど)

 大阪の島本町で事件が発生し、藤井寺・此花など馴染み深い地域でのストーリーかと思いきや船舶沈没事件が絡みだし、香川・高知・徳島・和歌山と結構スケールが大きくなってきて、更に、海運業界の裏話(特に船を売るときには船代だけでなく、船の営業権があり、これが高く売れる!)がなかなか興味深く、豆知識を得ることができます。

 事件の解決以外にも楽しみが多い作品です。

【黒川博行 読了リスト】
 二度のお別れ               大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズ1
                         第1回サントリーミステリー大賞 佳作
 雨に殺せば                 大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズ2
                         第2回サントリーミステリー大賞 佳作
 キャッツアイころがった          第4回サントリーミステリー大賞
 八号古墳に消えて            大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズ3
[ 2014/07/15 21:00 ] 黒川博行 | TB(0) | CM(0)

八号古墳に消えて(黒川博行)

本日、読了。

黒川博行では4冊目。

大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズでは3作目。

 <あらすじ>

  大阪の遺跡発掘現場で、崩れ落ちた土砂の下から大学教授の
 死体が発見された。
  事故かと思われたが、死体の気管と食道から採取された泥は
 現場のものではなかった。
  警察が捜査を始めるが、別の遺跡発掘現場でも調査員の謎の
 墜死事件が……。
  大阪府警の二人の刑事の黒木と亀田の通称“黒マメコンビ”が、
 金と欲に毒された考古学界の内幕を暴き、遺跡発掘と大学の
 ポストを巡る連続殺人事件に挑む!


<感想>
 大阪府警の二人の刑事がほとんど出ずっぱり、コテコテの大阪弁で喋りまくりなので私はテンポよく読めますが、大阪弁を喋らない人達には、ついていけるのだろうかと心配しながら読んでました。

 『遺跡発掘』とちょっと変わった設定で、事件の起きた『八尾市の竹渕遺跡』、事件に関係する『富田林市の甲田遺跡』とそんなモノがあるのか調べてみると、ナント実際にありました!
 しかもストーリーによると、大阪府内では年間6,000箇所も遺跡が発掘されるそうです。

 事件としては、考古学界の派閥争い・足の引っ張り合い、不動産業者などとの癒着など世の中キレイごとだけでは済まないようなことが原因になりますが、そうなるとどうしても、実際に約15年前に起きた、『神の手』 と呼ばれた東北の偉い人が旧石器の発掘をねつ造していた映像が思い浮かんでしまうのは私だけでしょうか?


【黒川博行 読了リスト】
 二度のお別れ               大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズ1
                         第1回サントリーミステリー大賞 佳作
 雨に殺せば                 大阪府警捜査一課(黒マメ)シリーズ2
                         第2回サントリーミステリー大賞 佳作
 キャッツアイころがった          第4回サントリーミステリー大賞
[ 2014/03/04 21:00 ] 黒川博行 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム