おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  長崎

【長崎旅行記⑭】諫早名物!楽焼うなぎ/うなぎ割烹 井手(長崎:諫早)

いよいよ旅行最後のネタです。

島原の武家屋敷で 寒ざらし を食べた後、更に北上して
諫早の うなぎ割烹 井手 で旅行3日目のランチです。

IsahayaIde_011_org.jpg IsahayaIde_000_org.jpg
諫早と聞いても、昔、役所広司が主演した「親戚たち」というドラマで
「干拓地に生えている葦のことを諫早では『ヨシ』と言う」というセリフを
なぜか今でも覚えているぐらいだったので、
諫早には広島に帰る妹を駅で降ろすためだけに寄る予定でした。

旅行の計画当初は、島原の 姫松屋 で具雑煮&寒ざらしの
ランチの予定だったのが、旅行直前に義兄から諫早はうなぎが名物
だということを教えてもらったので急遽変更しました。

ところが、うなぎが食べられない人がいることが判明!
しかし私のうなぎのヨダレは止められなかったので
うなぎ以外のメニューも揃っているこちらのお店にしました。

ちなみに、幸いにも雲仙のホテルの夕食で具雑煮が出たのでラッキーでした。

IsahayaIde_003_org.jpg
予約の電話をしてみると
11:45までにお店に入れるのであれば、無料の普通の席
時間を気にしないのであれば、食事代10%の有料個室
ということで、8人の大人数と時間に間に合いそうになかったので
有料個室にしました。個室には、こんな大きなお皿が飾ってあります。

IsahayaIde_001_org.jpg IsahayaIde_002_org.jpg
定食・うな重・うな丼・ひつまぶし 以外にも天麩羅定食 や お刺身定食 もあります。

IsahayaIde_006_org.jpg
ひつまぶし にも魅かれるんですが、名物は 楽焼 なので
うなぎ定食

3切・並・上・特とランクがあって蒲焼の切数で決まるようです。私は並だったので4切です。
嬉しいことに一人ずつご飯はお櫃で持ってきてくれご飯・タレはお替わり自由です。

IsahayaIde_005_org.jpg
説明書きによると、独特のうなぎを盛り付ける器を探して、京都の和楽の窯元で出会ったのが、
赤土を使った赤焼(楽焼)だそうで、諫早のうなぎ屋さんで使われているそうです。

IsahayaIde_007_org.jpg
うまそうですねぇ!
うなぎはタレに浸かっていますよ。

焼いた後に、この器で蒸すそうです。蒸すということは、つまりこの器は二重底になっていて
実は底にはお湯が張られているので、いつまでも温かいふっくらした蒲焼を食べられるわけです。

IsahayaIde_010_org.jpg
ちなみにお湯の注ぎ口はココで、カップ焼きそばのようですが。

IsahayaIde_009_org.jpg
そりゃあ、ふっくらした蒲焼は、もう!美味しいですよ!
美味しすぎるので、他の人のお櫃も奪ってお櫃だけで3つぐらい食べてしまったかもしれません。

IsahayaIde_008_org.jpg
もちろん、きも吸 です。

IsahayaIde_004_org.jpg
うなぎ・ウィンナー・玉子焼きの入った お子様丼

娘にとっては初めて食べるうなぎ屋さんのうなぎだったので、かなり美味しかったようです。


この後、広島へ帰る妹を諫早駅でお別れして、長崎空港から無事帰ることができました。
(梅田が浸かった日なので長崎でもいろいろありましたが)

これで、短かった2泊3日の旅行の長~い『長崎旅行記』は おしまい で~す。
スポンサーサイト
[ 2013/09/14 21:00 ] 旅行・おでかけ 長崎 | TB(0) | CM(6)

【長崎旅行記⑬】武家屋敷で島原名物!寒ざらし(長崎:島原)

道の駅「みずなし本陣」土石流被災家屋保存公園 をあとにして島原城下に移動です。

ShimabaraKanzarashi_005_org.jpg
島原城をゆっくり散策するほど時間がなかったので、駐車場近くの 武家屋敷 でちょっと休憩です。
またもや移動中は雨だったのに、クルマを降りると止んでくれました。

ShimabaraKanzarashi_001_org.jpg
わざわざここに寄ったのは島原名物の 寒ざらし を食べるためです。

ShimabaraKanzarashi_000_org.jpg
こんな銭湯のような一角にそれはいます!

ShimabaraKanzarashi_002_org.jpg
みんなでシェアして3つだけ。
陳列している以外にも店の奥から出してくれます。

ShimabaraKanzarashi_003_org.jpg
なんとも涼しそう~

ShimabaraKanzarashi_004_org.jpg
もっちりして、甘~くて、冷た~くて、旅行終盤の疲れをとるには、ちょうどいいスイーツです。

ちなみに、寒ざらし粉として売っています・・・いわゆる白玉粉ですけど。

ここでもう少しゆっくりしたかったところですが、ちょっと散策。
この休憩所の裏口を抜けると・・・

ShimabaraKanzarashi_006_org.jpg
タイムスリップしちゃいましたぁ~!

通りの中央の掘りには昔は飲料水としていたキレイな水が流れていますが
写真撮影している私の後ろでは、地元のおばちゃんが靴を洗ってました。

吉永小百合さん主演の映画 まぼろしの邪馬台国 はこの通りで撮影されたそうです。

ShimabaraKanzarashi_007_org.jpg
休憩所の向かいにある無料一般公開されている篠塚邸

ShimabaraKanzarashi_008_org.jpg ShimabaraKanzarashi_009_org.jpg
当時の生活がわかるこんな感じ。

次は、いよいよ最後のネタで、諫早でランチ です。
[ 2013/09/13 21:00 ] 旅行・おでかけ 長崎 | TB(0) | CM(4)

【長崎旅行記⑫】雲仙・普賢岳が噴火したのは22年前です/道の駅・みずなし本陣(長崎:南島原)

雲仙温泉 に泊まって最終日3日目は、豪雨のため雲仙地獄を見られなかったので
そのまま島原半島の東岸に移動し、道の駅・みずなし本陣 にある 土石流被災家屋保存公園 からスタート!

MizunashiHonjin_010_org.jpg
安い!美味い!楽しいおでかけ♪ のちっちさんのブログを見て
個人的には1日目の軍艦島とともに来たかった場所です。
つまり、そのために雲仙温泉に泊まったわけです。

雲仙であれだけ降っていた雨が、道の駅に着くと、奇跡的に雨が止んだので
傘をさすこともなくゆっくり見学できました。
この道の駅・みずなし本陣に併設しているのが土石流被災家屋保存公園になります。

MizunashiHonjin_000_org.jpg
土石流では多くの方が亡くなられましたが、こちらに保存している
被災家屋の方たちは無事だったようです。

MizunashiHonjin_001_org.jpg
何かの見間違いかと思ってしまうような光景です。

MizunashiHonjin_002_org.jpg
約3m埋まっていますが、ゆっくりと土砂が流れてきたことで
家が倒壊せずにこのような状態になったそうです。

MizunashiHonjin_003_org.jpg
こんな大きな石がゴロゴロと流れてきたのかと思うと・・・

MizunashiHonjin_004_org.jpg
屋外に保存している家屋と屋内に保存しているモノがあります。

MizunashiHonjin_005_org.jpg
ただただ、へぇ~!ほぉ~!はぁ~!と自然の恐ろしさを感じます。

MizunashiHonjin_006_org.jpg
昨夜泊まった雲仙は楽しかったですが、こんな一面もあるんですね。

MizunashiHonjin_007_org.jpg
電信柱も耐えています。

MizunashiHonjin_008_org.jpg
ちなみに、展望台に立っているわけではないですよ!

MizunashiHonjin_009_org.jpg MizunashiHonjin_011_org.jpg
道の駅からは普賢岳はこのように見えるようですが
あいにくの天候だったので、恥ずかしいのか隠れていました。

次は、島原半島を北上して、島原武家屋敷 でちょっと休憩です。
[ 2013/09/12 21:00 ] 旅行・おでかけ 長崎 | TB(0) | CM(2)

【長崎旅行記⑪】雲仙地獄ナイトツアー(長崎:雲仙)

佐世保 では嫌がらせのように雨が降っていたのに、雲仙に着くと
なんとか持ち堪えている曇り空になっていました。
その代わり街全体が硫黄臭でいっぱいです・・・温泉らしくていいですけど。

UnzenNightTour_000_org.jpg
ホテルのチェックインの間、少しだけ 雲仙地獄 をお散歩

(でもこれがハッキリとわかる唯一の雲仙地獄の写真に
なってしまうとはこのときは知る由もなく・・・)

あっつ~い温泉に入って、夕食をたらふく食べて・・・

UnzenNightTour_007_org.jpg UnzenNightTour_008_org.jpg
2日目最後のイベントは 雲仙地獄ナイトツアー です。
タイトルだけ見ると 肝試し っぽいですが、ガイドさん付きで普段見ることができない
夜の雲仙地獄を案内してくれます。ちなみに大人500円、子ども300円です。

やっぱり真っ暗なんで、懐中電灯を貸してくれ、テンダラーの浜本さんに似たガイドさんの
流暢な説明を聞きながらみんなでゾロゾロと移動するわけです。

このときは30人ぐらい参加していたと思います。

UnzenNightTour_001_org.jpg
通路の下を覗くとパイプが並んでいて温泉が湧き出しています。

UnzenNightTour_002_org.jpg
そしてその上にある通路の床を触ると、温か~い ではなく 熱っ!
長時間触れません。

UnzenNightTour_003_org.jpg
夜だとグツグツと湧く泡から何かよからぬモノが出てきそうです。

UnzenNightTour_004_org.jpg
5年前に見付かったという 泥火山
火山の赤ちゃんだそうです。
説明の看板もないのでガイドさんがいないとわかりません。

UnzenNightTour_005_org.jpg
岩の下を照らすとピカピカと光っています。
「愚者の黄金」と言われている 黄鉄鉱 です。
これは夜にしか見られないモノです。

UnzenNightTour_006_org.jpg
雲仙地獄から見る絶景!
夜なんで真っ暗。天候が良ければ星もキレイで
ナント!ここはスカイツリーよりも70mも高い場所で
九州なのに冬だと気温が-7℃になるそうです。
確かに、この夏の夜も涼しいというかちょっと寒~い。

UnzenNightTour_009_org.jpg
閻魔さまが死者を裁くときに座っていたという 葬頭川(そうずがわ)の婆石

UnzenNightTour_010_org.jpg
ということはこの石の下を流れているのは 三途の川 だそうで
この川はず~っとず~っと流れて某ホテルと某ホテルの
温泉になっていて、その三途の川の温泉に浸かりながら

お客さんは「極楽、極楽」と言ってしまうそうです。

よくできた話です

ちなみにホテル名は教えてくれませんでした。

UnzenNightTour_011_org.jpg
そして集合場所の駐車場にあるのが カエル岩
暗闇で見ると怖~い!

UnzenNightTour_012_org.jpg
1時間のナイトツアーが終わり、ホテルに帰ってくると夏祭りをやっていました。

運よく?(悪く?)ちょうど最後の演目の みんなでソーラン節を踊ろう!
に出くわしてしまい、娘と甥が法被を着て従業員の方々と躍るハメに。

でも結局はノリノリで踊ってましたが・・・
金八先生でお馴染みのあの踊りです。

当然ながら、もう一回温泉に入りましたよ。

翌朝に逆に明るい雲仙地獄を観ようと思ったら
またまた豪雨 のため断念しました

明日はいよいよ最終日の3日目。
まずは、22年前の雲仙・普賢岳の土石流の傷跡 から。
[ 2013/09/11 21:00 ] 旅行・おでかけ 長崎 | TB(0) | CM(0)

【長崎旅行記⑩】佐世保名物はまだありますよ!シュークリーム&レモンステーキ/蜂の家(長崎:佐世保)

豪雨のなか車内で 佐世保バーガー&佐世保豆乳 を済ませたあと
佐世保基地で 海上自衛艦艇 が 一般公開 されているので、行ってみると・・・

Sasebo8noya_000_org.jpg
予想通り中止

代わりに無料の 海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)
考えましたが、以前に行ったことがあるので却下。

この豪雨だと気分も萎えてしまったので、時間調整も兼ねて
四ヶ町商店街 でプラプラと歩くと、そんなときでも
私のおばあちゃん(86歳)はちゃっかり服を買っていました。
ちょっと早いけど・・・

Sasebo8noya_001_org.jpg Sasebo8noya_010_org.jpg
蜂の家 でおやつです。
四ヶ町商店街のアーケードをちょっとはずれたところになります。

名物が2つあって・・・

Sasebo8noya_004_org.jpg
まずは、ジャンボシュークリームセット

Sasebo8noya_002_org.jpg
確かにジャンボです。
ひょうたん型の容器には醤油でもソースでもなく、スカッチソース です。

Sasebo8noya_005_org.jpg
まずは、フタにカスタードクリームをつけて食べると
う~ん、甘いなぁ~

Sasebo8noya_006_org.jpg
次に、スカッチソースをタップリかけて
食べてみると、アラ不思議!
ずっと食べやすくなりました。

Sasebo8noya_007_org.jpg
更にカスタードクリームの中には
大きなバナナ・煮リンゴ・キウイまで入っています。

Sasebo8noya_003_org.jpg
ついでにシェアして食べた レモンステーキ

テーブルでソースをかけてくれてモウモウとします。

何となく想像できる通り、さっぱりしたステーキです。
でも、こういう食べ方もアリですね。

Sasebo8noya_009_org.jpg Sasebo8noya_008_org.jpg
ちなみに、甘いモノは別腹っていうのは科学的根拠があって
好きなものが目の前にあるとその分だけ胃にスペースが空くそうです。

佐世保バーガーのあとでも食べられたので
身をもって実証できたようです・・・

豪雨がまったく止まないので、長崎県内を一気に南下して
本日の お宿・雲仙 までレッツゴー!

佐世保では、ほとんど食べただけでした!
[ 2013/09/10 21:00 ] 旅行・おでかけ 長崎 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム