おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  谷甲州

遥かなり神々の座(谷甲州)

本日、読了。

谷甲州では1冊目。

第9回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞二位

 <あらすじ>

  失敗したヒマラヤ遠征から帰国した登山家・滝沢育夫は、得体
 の知れない男からマナスル登頂を目指す登山隊の隊長になって
 ほしいと依頼を受けた。
  素性の判らない人間と組む気はない、と断わる滝沢をその男は
 脅迫し、彼に無理矢理隊長を引き受けさせてしまう。
  やがてネパールのカトマンドゥを出発した登山隊だったが、
 その一隊はどこか不自然だった。じつは彼らは登山隊に偽装した
 チベット・ゲリラの一部隊だったのだ。しかも荷物の中には銃
 まで隠し持っていた。
  彼らの目的地がマナスルでないことは明らかだった。
  彼らの目的とは?


<感想>

 ネパールってどこにあるか知ってます?
 インドの北西がパキスタン、東がバングラデシュ、北東がネパールです。そして、ネパールの向こうに中国のチベット自治区があります。

 ということは、インドと中国は領土問題で仲が悪い(中国はいろんな国と領土でもめてますが・・・)ので間に挟まれているネパールは、大国のどっちにもつくことができず、また山を越えたチベットには中国に抵抗するゲリラだらけと、そんな山岳地帯が舞台になっています。

 山好きの男たちが困難を乗り越えて、前人未踏のルートから登頂してヤッホー!って叫ぶ話かと思いきや、脅かされて登山素人のゲリラ達を率いて難関山岳ルートからネパールから中国へ渡ることになる登攀シーンはリアリティがあり、かなりの迫力です。
 これだけでも充分ですけど、中国軍・ネパール軍・ゲリラ達の紛争に巻き込まれて逃げ惑うシーンで更に盛り上がりまくります。

 謎(オチ)を聞いた主人公の滝沢が笑い続けますが、まさにその通りで、読んでる私も「なんじゃそりゃ!」って感じです。
 でも何の資源もない小国のネパールが生き残る手段なら仕方がないんですかねぇ。
スポンサーサイト
[ 2013/05/29 21:00 ] 谷甲州 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム