おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  宇江佐真理

アラミスと呼ばれた女(宇江佐真理)

本日、読了。

宇江佐真理では3冊目。


 <あらすじ>

  安政三年、坂の町・肥前長崎。
  一人の少女が目指すのは、鎖国している日本の中で唯一、
 開かれた窓が出島だった。

  そこで通訳として働く父から英語や仏語を習う十歳のお柳。
 「うち、お父ちゃんのように通詞になりたかとよ」

  女人禁制の職に憧れる幼いお柳の運命は、釜次郎(のちの
 榎本武揚)との出会いによって大きく変わっていく。
  攘夷運動、大政奉還から戊辰戦争へ。
  激動の時代に消えた一人の「男装」の通詞。



<感想>

 田島勝太郎(たじまかつたろう)って知ってますか?
 では、田島勝(たじまかつ)は?
 なら、アラミスは?

 実は同一人物なんです。
 田島勝とは、幕末のフランス通詞(通訳)の女性です。

 通訳としての能力が高いにもかかわらず、その時代には女性が通訳にはなれなかったので、榎本武揚が彼女を男装させて通訳として雇ったのが、田島勝太郎。

 そして、幕府軍を支援したフランス人のジュール・ブリュネがスケッチした題名の1つが、
 『初めて出会ったフランス語を話す日本人ジッタロウ(通称アラミス)』
 もちろんアラミスとは、アレクサンドル・デュマの『三銃士』のアトス・ポルトス・アラミスのことです。

 ところが、田島勝は、座頭市の産みの親である 子母澤寛(しもざわかん)の『ふところ手帖』の『才女伝』に出て来るけど、裏技で通訳していたので幕府に記録はなく実在するかも怪しいらしい。

 ということで、この『才女伝』とジュール・ブリュネのスケッチから宇江佐真理が創りあげた架空の人物が、主人公の 田所柳(りゅう) なんです。
 つまり、『アラミスと呼ばれた女』はフィクションなんです。

 スゲー、男装して通訳として開陽丸で五稜郭まで行ったこんな女性が幕末におったんやぁ、てビックリしながら、あとがきを読むとフィクションだと知り、今度は違うビックリです。そして、宇江佐真理に拍手!

 ちなみに、、ジュール・リュネは実在して、勲三等旭日章をもらったほどの人物だそうです。

 それと恥ずかしながら、榎本武揚については、『五稜郭で土方歳三と一緒に戦って負けた人』ぐらいしか知識がなかったので、まさか戊辰戦争の後も生き延びて、いろんな大臣を歴任して、郵便局の〒のマークの誕生に関わっていたり、あの田中正造の足尾銅山鉱毒事件のときの農商務大臣だったことに驚きました。
 なかなか魅力的な人物だったので、彼を題材にした小説があれば、また読みたいと思います。

 



【宇江佐真理 読了リスト】
 無事、これ名馬
 春風ぞ吹く~代書屋五郎太参る
スポンサーサイト
[ 2014/06/10 21:00 ] 宇江佐真理 | TB(0) | CM(2)

春風ぞ吹く~代書屋五郎太参る(宇江佐真理)

本日、読了。

宇江佐真理では2冊目。


 <あらすじ>

  村椿五郎太、25歳。
  先祖の不始末といまいち野心に欠ける遺伝子が災いして、
 うだつのあがらぬ小普請の身。目下の目標は、学問吟味に
 合格して御番入りを果たすことなのだが、文茶屋での
 代書屋の内職も忙しい。
  そんなのんびり男を焦らせたのは、幼なじみの紀乃。
 学ならずんば、恋もままならず――。
  どうする、五郎太! 代書屋に持ち込まれる騒動、そして
 一進一退の恋と学業の行方や如何に。


<感想>
 以前に読んだ 無事、これ名馬 の 『たろちゃん』 こと 太郎左衛門 の父親・村椿五郎太が無禄な小普請組で結婚前の話です。

 『たろちゃん』の母親・紀乃がヒステリー持ちだったので、彼女の結婚前がどんな人だったのかが知りたくなって、これを読んでみました。
 ところが、若い紀乃は優しく控えめで何とも可愛らしい女性なんです。まぁ、許婚の五郎太と喧嘩をすることもありますが、それぐらいは大したことないレベルなんです。でも結婚して、太郎左衛門を産むと変わってしまったようです・・・残念。

 子どもが『たろちゃん』なら父親も『ごろちゃん』と呼ばれていて、親子揃って可愛がられる人柄なのでちょっと安心できました。

 この作品は連作短編集で初めの2話ぐらいまでは、話の流れもダラダラした感じだったので、苦痛だったんですが、いろんな師匠(先生)に出会うことによって成長していく五郎太の魅力に私自身も惹き付けられてしまいました。

 あと、各登場人物がが深イイことを言うのですが、そのなかで一番印象に残ったのが、紫舟師匠の母親が言った
 「学門吟味(試験)は運みたいなものだから、一心不乱に勉強しても叶うわけではないので『運は天にあり、牡丹餅は棚にあり』ぐらいの気持ちで望めばよい」
 座右の銘にしときましょう。

 どちらもおススメの作品です。


【宇江佐真理 読了リスト】
 無事、これ名馬
[ 2013/08/27 21:00 ] 宇江佐真理 | TB(0) | CM(0)

無事、これ名馬(宇江佐真理)

本日、読了。

宇江佐真理では1冊目。


 <あらすじ>

  愛称が『たろちゃん』の武家の長男・太郎左衛門は男の道を
 学ぶため、七歳で弟子入りしたのは、町火消 「は組」 の
 頭(かしら)の吉蔵だった。
  たろちゃんの男の道とは、
    ・夜は一人で厠に行けること
    ・青菜を嫌がらずに食べること
    ・道場の試合に負けても泣かないこと
  そんな少年は、火の手が上がれば、自分の命と意地をかけて
 火事場を収める火消たちの生き方に触れるうち、大人への一歩
 を踏み出していく…。

<感想>

 『たろちゃん』がいう男の道を読んだ瞬間に吹いてしまいました。(・・・電車のなかで)
 つまり、それぐらい弱虫というか意気地がない男の子なわけです。
 しかも、町火消のなかで荒々しく・喧嘩早く育つのかなぁと思ったら、のんびりスクスクと我が道を行くわけで。

 太郎左衛門の父・村椿五郎太が、「突出した才能がなくても、元気に育って、他人には優しく、平凡だが幸せな人生を送ってくれればいい」なんて 『 無事、これ名馬 』 のコメントは、子どもが無事に大きく育ったからこそ 『 後付けで 』 言えるんでしょうねぇ。

 現実には、勉強でもスポーツでも少しでも出来るような子どもになって、褒めてあげたり、一緒に喜びたいですから。


  息子に対してそのように考える村椿五郎太が結婚する前の
 話の連作短編集 春風ぞ吹く ― 代書屋五郎太参る
 面白そうです。

  それには、太郎左衛門を怒ってばかりいたヒステリックな
 母親・紀乃も許嫁として登場するらしいです。
  若い頃は優しかったんでしょうか?

[ 2013/01/23 21:00 ] 宇江佐真理 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム