おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  京都

【ガラスの茶室としだれ梅④】豪華なデコレーションの大きな大きなマフィン/マフィン ジック(京都:木津川)

城南宮でしだれ梅を観たあと、奈良経由で堺の自宅まで下道をトロトロと走って
帰るので、まずは、木津川の マフィン ジック(Muffin Gic) で明日の朝ご飯を仕入れます。
KizugawaGic_004_org.jpg KizugawaGic_003_org.jpg
16時30分ぐらいに着くと、広い駐車場にはクルマがいっぱい。

KizugawaGic_002_org.jpg
カフェを利用するお客さんで待っている人もいたりするけど
KizugawaGic_000_org.jpg KizugawaGic_001_org.jpg
18時閉店ということもあって、テイクアウトコーナーには
マフィンが少ししか残っておらず・・・残念。

KizugawaGic_005_org.jpg
少ないなかから、ゆずレモン・黒ゴマきなこ・ナッツナッツ

KizugawaGic_006_org.jpg
豪華なデコレーションでかなり大きく、美味しそうな例えじゃないけど
山奥深くに生えている見たことないキノコみたい。

KizugawaGic_007_org.jpg
説明書通りに、電子レンジで40秒温めて、縦にカットして
カットした面を下にしてトースターで2~3分焼いて、いただきま~す!

甘すぎない生地のマフィンを3人で分けても、結構ボリュームのあるモーニングでした。

朝から京都の ガラスの茶室しだれ梅 と見て回った最後は、奈良でうどんの夕食です。
スポンサーサイト
[ 2016/03/12 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(1) | CM(2)

【ガラスの茶室としだれ梅③】150本のしだれ梅が咲き誇る春の山/城南宮(京都南IC)

将軍塚青龍殿で ガラスの茶室 を観た後、30分ほど南下して
京都南ICすぐ近くの 城南宮 にやってきました。
JonanguUme_010_org.jpg JonanguUme_009_org.jpg
行った日は しだれ梅と椿まつり が始まった翌週ぐらいだったので6分咲きぐらいでした。

娘も私のお古のデジカメでパシャパシャ撮っていて
うまく撮れていたので、私と娘の共作です。

どっちがどっちなのかはご想像ください。


JonanguUme_011_org.jpg
JonanguUme_002_org.jpg
JonanguUme_003_org.jpg
JonanguUme_004_org.jpg
JonanguUme_000_org.jpg
JonanguUme_001_org.jpg
JonanguUme_005_org2.jpg
JonanguUme_006_org.jpg
JonanguUme_008_org.jpg JonanguUme_007_org.jpg
あとは奈良経由で自宅に向かってひたすら下道を走るだけなので
まずは、明日の朝食用に専門店でマフィンを買います。
[ 2016/03/10 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(7)

【ガラスの茶室としだれ梅②】天空の大舞台のガラスの茶室/将軍塚青龍殿(京都:山科)

山科の 中国料理 ちゅん で満腹になり過ぎてから、
クルマで西へ10分ほど走って、東山ドライブウェイを上がると
何の看板もないけどクルマが20台ほど停まっているのでココに駐車。

さてさて、目指す目的地はどっち?
人がまばらにあっちこっちから現れてくるし、案内板もないし・・・

ShogunzukaGlass_000_org.jpg
こっちかなぁと行ってみると京都タワーを中心として、京都市内を一望できるけど何もない。

ShogunzukaGlass_001_org.jpg ShogunzukaGlass_002_org.jpg
もう一方の通りの遥か奥に何かが見えたので進むと朽ちかけた山門
受付を済ませて、順路通りに従って 青龍殿 に入って 青不動明王 にご挨拶

青龍殿の横を抜けると・・・

ShogunzukaGlass_003_org.jpg
ガラスの茶室 -光庵

ShogunzukaGlass_004_org.jpg
青龍殿の大舞台に設置されています。

ShogunzukaGlass_005_org.jpg
ガラスを通して京都市内を一望でき

ShogunzukaGlass_007_org.jpg
茶釜以外はぜ~んぶガラス

ShogunzukaGlass_006_org.jpg
吉岡徳仁(としおかとくじん) の作品で4月上旬まで展示されているそうです。

ShogunzukaGlass_008_org.jpg
木造の大舞台はこんな構造で清水寺の舞台の約4.6倍(1046㎡)あるそうです。

ShogunzukaGlass_011_org.jpg
展望台から見える青龍殿とガラスの茶室
手前にあるのが将軍塚で世の中に異変があるときには、この塚が鳴動するらしい。
ShogunzukaGlass_010_org.jpg ShogunzukaGlass_009_org.jpg
花が咲いていれば華やかなことが想像できる庭園なので、その頃にまた来てもいいかもしれません。

次は、城南宮の しだれ梅 を観に行きます。
[ 2016/03/08 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(0)

【ガラスの茶室としだれ梅①】オードブルじゃないです、日替わり定食です/中国料理 ちゅん(京都:山科)

山科の 青蓮院 の ガラスの茶室 の展示がもうそろそろ終わってしまうので
締め切り間際の駆け込み需要で混雑する前に行ってきました。

まずは、中国料理 ちゅん でランチです。
各線「山科駅」から西へ徒歩10分の京都薬科大学前の三条通りにあります。

国道一号線から細い路地を北上してお店を目指したら、偶然見つけた駐車場に停めました。
おそらく誰もわからんやろうなぁ~って場所です。
駐車場は多分2ヶ所で京都薬科大学南校舎の北西角がわかりやすく
私が停めたのは、和食さと横の人しか通れない細い路地を入った駐車場。

YamashinaChun_007_org.jpg
今日のランチ、まかない食(まぐろ丼・高菜丼)、日替わり定食の
他にも中華定番の品々が揃っています。

YamashinaChun_000_org.jpg
娘は バンビーノの スンシーススンシーシーに
出てくる料理を知らなかったそうなので 天津飯

隣りのコップと比べてもわかるように軽~く2人前はあります。
当たり前のように店員さんも一緒に取り皿を3つ持ってきました。

YamashinaChun_001_org.jpg
私はオードブルじゃなくて 日替わり定食

YamashinaChun_002_org.jpg
山盛りご飯に

YamashinaChun_003_org.jpg
肉団子の甘酢

YamashinaChun_004_org.jpg
鳥の唐揚げ・エビフライ
更に、白身魚フライが隠れてます。

YamashinaChun_005_org.jpg
新子とワカメ、リンゴ入りのポテトサラダ

YamashinaChun_006_org.jpg
娘が味の変わらない天津飯を持て余したので、餡をもらって即席の中華丼
YamashinaChun_009_org.jpg YamashinaChun_008_org.jpg
お味はソコソコですが、ボリュームが少ないと
寂しくなることに比べたら、嬉しい・・・ですね?

次は、腹パンパンの状態で 将軍塚のガラスの茶室 に向かいます。
[ 2016/03/06 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(8)

【千本鳥居を数えましょう③】伏見稲荷大社近くのおいもやさん/小西いも(京都:伏見稲荷)

まいこhaa-nバーガー から 伏見稲荷大社 まで歩いているときに、
美味しそうな おいも屋さん を見つけていたので
伏見稲荷大社のお参り が終わってから寄ってみました。

FushimiKonishi_005_org2.jpg
ほらっ!この店構えから美味しいオーラが出ているでしょ?
いなりのいもや ではなく こにしいも だそうです。

京阪本線「伏見稲荷駅」から、
神幸道(裏参道)に入る角を左折した徒歩4分のところにあります。

FushimiKonishi_006_org2.jpg
焼きいも・蒸しいも・大学いもから選べるようです。

FushimiKonishi_007_org2.jpg
全種類食べたくなります。

FushimiKonishi_001_org2.jpg
鳴門金時や安納芋もありましたが、食べたことのない
紅はるか の 焼きいも 320円(150円/100g)

蜜が溢れだしてくるので、ラップ包まれています。

FushimiKonishi_002_org2.jpg
持つとグチュグチュ~で柔らか~く、蜜で手がベトベト~

FushimiKonishi_003_org2.jpg
いも全体が蜜でできているかのような甘さです。
その甘さもクドクなく自然な甘さで、皮を剥かなくても食べられます。

FushimiKonishi_000_org2.jpg
大学いも 300円

FushimiKonishi_004_org2.jpg
表面が蜜でカリカリになったタイプではなく、蜜が芋に浸み込んでいます。
噛むとジュワーっと蜜が噴き出て口のなかに溢れてきます。

伏見稲荷駅からの参道からはちょっとだけ離れていますが
お参りのときには行ってみてはいかがでしょうか。
[ 2013/03/08 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム