おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  横山秀夫
カテゴリー  [ 横山秀夫 ]

臨場(横山秀夫)

本日、読了。

横山秀夫では1冊目。


 <裏表紙から>

  臨場――警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に
 当たることをいう。捜査一課調査官・倉石義男は死者から
 のメッセージを的確に摑み取る。

  誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、
 殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。
 人呼んで『終身検視官』――。

  組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、ストイックに
 描いた傑作警察小説。


<感想>

「赤い名詞」「眼前の密室」「鉢植えの女」「餞(はなむけ)」「声」「真夜中の調書」「黒星」「十七年蝉」の8編からなる短編集です。

ドラマの第一章・終章とも好きで全部観ていて、映画も公開中なので、随分前に原作を買っていたことを思い出し慌てて読んでみました。
感想というよりも、ドラマとここが同じ!違う!あぁこんな話あったぁ!と懐かしがっていた感じです。

検視官心得の一ノ瀬和之(渡辺大)が途中で捜査一課の刑事に移動し、代わりに”改心組”の永嶋武文(平山浩行)が検視補助官になったのは、てっきり大人の事情だと思っていたら、原作通りだったのは意外でした!

あと、小坂留美(松下由樹)と小松崎周一(伊武雅刀)が一話しか出てこないことにビックリ!

ちなみに「まだ、根こそぎ拾えてねぇ」よりも「俺のとは違うなぁ」のほうが好きなセリフです。
ちゃんと原作にも出てきます!

はやく映画を観に行かないとっ!
スポンサーサイト
[ 2012/07/19 21:00 ] 横山秀夫 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム