FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  ポタリング

【ポタ】三宝下水処理場 の あじさい(大阪:堺)

6/7~6/15の間だけ、堺市にある 三宝下水処理場 で あじさい を
一般公開(無料)しているので、ポタってきました。

家からそのまま走ると距離が短すぎて、消化不良なので
南河内サイクルライン を無駄にグルーッと走って、2時間後に到着。

SanboAjisai_010_org.jpg SanboAjisai_011_org.jpg
管理棟内のトイレに行くと、下水処理場見学ツアー の説明が始まって
なんとなく、その場を離れにくくなってしまい、そのまま参加することに。

まず、下水処理の仕組みを説明してもらい、
次に、普段入れない処理場内部を見せてくれたりして
意外と興味深く楽しめ、水道局=飲み水 というイメージしかなかったので、
下水処理場もそうだと思っていたら、家庭から出る汚水をキレイにして
大和川に放水したり、工業用水として利用したり
競技場の芝にまいているということを今更ながら知ることができました。

ちなみに、堺市内には三宝・石津・泉北と3つの下水処理場があり、
堺市上下水道局 という名前ですが、実際には飲み水の上水処理場は
機能していなくて、大阪市から買っているそうです。

15分の見学ツアーが終了し、ようやく あじさい を観て周ると
奥に広い敷地に50種800株が彩っています。

SanboAjisai_000_org.jpg
姫アジサイ

SanboAjisai_001_org.jpg
ミセスクミコ

SanboAjisai_002_org.jpg
ハーモニー

SanboAjisai_004_org.jpg
黒軸アジサイ(白)

SanboAjisai_005_org.jpg
フラウハルコ

SanboAjisai_006_org.jpg
スターサファイア

SanboAjisai_008_org.jpg
うずアジサイ

SanboAjisai_009_org.jpg
ブルースカイ

思わぬ見学ツアーがあったので、1時間も滞在してから
大小路駅近くの 天神餅 でおみやげを買って帰りました。
SanboAjisai_Data_org.jpg
 地図は南河内サイクルライン周辺ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:2時間57分
  距 離 :55.9km
    (2014年累計:428.7km/7日)
 最高速度:41.60km/h
 平均速度:18.94km/h

  おじいさん・おばあさんの好きなイベントかと
 思っていたら、若い家族連れも多かったのが
 ちょっと意外でした。

  アジサイはキレイでしたが、それよりも
 下水処理場のことを少し知ることができた
 のが大きな収穫でした。

<↓クリックすると拡大します>
SanboAjisai_Route_org.jpg
[ 2014/06/17 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

【ポタ】軍師官兵衛ゆかりの城めぐり(兵庫:姫路)

潮干狩り で実家に帰った翌朝は、5時に起きて、姫路近辺の
軍師官兵衛ゆかりの城(城跡) を ポタってみました。
GunshiKanbe_000_org.jpg
まずは、誰もが知っている世界文化遺産の 姫路城
大天守保存修理工事で(今だけ?)白くなって、工事は来年まで続くようです。
GunshiKanbe_001_org.jpg
ここから東へ5km走ると国道2号線沿いにあるのが 御着城址
城主は信長を裏切ってしまった小寺政職(片岡鶴太郎)。
GunshiKanbe_004_org.jpg
城址といいながらも、ちゃんと建物があるや~んって思ったら
実は、姫路市東出張所。
GunshiKanbe_002_org.jpg GunshiKanbe_003_org.jpg
公園内には 黒田官兵衛(岡田准一)ゆかりの 目薬の木
官兵衛の祖父・重隆が この木 で目薬を作って、財を成したそうです。

そして、その祖父・重隆と生母・明石氏の 黒田家廟所
この城址と国道を挟んだ南側には 小寺大明神 もあります。
GunshiKanbe_005_org.jpg
ここから南西へ7kmほど走って妻鹿駅近くの住宅街にあるのが
官兵衛の父の 黒田職隆廟。ドラマでは柴田恭平です。
GunshiKanbe_006_org.jpg
そこから北へ700mの甲山の麓にあるのが 荒神社
御着城址と同じく、ここにも 目薬の木 があり、そしてこの神社は
国府山城(こうざんじょう)<別名:妻鹿城(めがじょう)> の入口でもあります。
GunshiKanbe_007_org.jpg GunshiKanbe_008_org.jpg
この階段を上がって、脇道に入ると、そこは けもの道
でも道案内がシッカリしているので、安心です。
自転車してから、山登りとは、トライアスロンのようです。
GunshiKanbe_009_org.jpg GunshiKanbe_010_org.jpg
門石跡・廓跡・井戸跡・かまど跡・土塁跡 など 言われなければ気付かない
荒れ果てた跡ばっかりですけど、官兵衛や職隆もきっと過ごしたんだろうなぁ
と考えながら登ること15分・・・
GunshiKanbe_011_org.jpg
素晴らしい景色が広がります!
GunshiKanbe_012_org.jpg
ズームすると、姫路城
秀吉(竹中直人)に姫路城を譲った後に、官兵衛・職隆親子はこっちに移ったので
秀吉さまお守りしますぞ!って思っていたのか
この景色を見ながら、いずれ天下を治めるぞ!って思っていたのかは知りませんが。
GunshiKanbe_013_org.jpg
妻鹿駅近くから見た甲山全景
小さな山で、今まで何度か見ているはずですけど
お城があったとは露知らず。
GunshiKanbe_014_org.jpg
昨日の潮干狩りの後のランチを食べた あら嬉 の前を通り過ぎて
妻鹿駅から5km西へあるのが 英賀城本丸跡
ちなみに 国府山城 からも 英賀城 は見えます。

英賀城一帯は秀吉に焼き尽くされてしまったので、
はっきり言って何も残っていないと言っていいんですけど
GunshiKanbe_015_org.jpg
英賀神社 の神殿の裏にあるのが 英賀城土塁跡
そして、神社の北の公園には復元された石塁もあります。

この後、甘音屋 でお土産を買って、
夢前川サイクリングロード を少し走って実家に帰りました。
GunshiKanbe_Data_org.jpg
 地図は揖保川以東ですが、
 走行履歴は実家が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:4時間20分
  距 離 :73.0km
    (2014年累計:372.8km/6日)
 最高速度:38.78km/h
 平均速度:16.81km/h

  どの城跡にも ひめじ官兵衛 の幟が
 立ち、場所をわかりやすく教えてくれて
 いました。

  この大河ドラマがなければ、姫路城以外
 は知らなかったので、身近な街を知るいい
 機会になったと思います。

<↓クリックすると拡大します>
GunshiKanbe_Route_org.jpg

[ 2014/06/01 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(4)

【ポタ】千本松大橋(めがね橋)~なみはや大橋

半年前に 千本松大橋(めがね橋) まで行ったので、今回はもう少し先を目指して、ポタってみました。

NamihayaOhashi_000_org.jpg
まずは、千本松大橋(めがね橋)
前回、意外にもアッサリ上れてしまったので、細かい説明は割愛しまして

NamihayaOhashi_001_org.jpg
高さ33mの橋の上からの高さ300mの あべのハルカス

NamihayaOhashi_002_org.jpg
次に目指すは、遥か西にある IKEA鶴浜
実際はもっと小さいので、ズームしてます。

NamihayaOhashi_003_org.jpg
遥か西というのは大げさで、実は2.6kmほど走ってIKEA鶴浜に到着。
右に写っているグネっとしているのが なみはや大橋

NamihayaOhashi_004_org.jpg
IKEA鶴浜にクルマで来るとよく見る光景です。
これを自転車で走るとはアホでしょう・・・と思いますけど。

NamihayaOhashi_005_org.jpg
折角、IKEAまで来たので50円のソフトクリームを食べながら、なみはや大橋の全景を眺めます。

NamihayaOhashi_006_org.jpg
クルマは有料なので自転車・徒歩の人はETCゲートにピタパをかざして
ピッ!と通ります・・・というのはウソで、こちらのスロープから上がって無料で渡れます。

NamihayaOhashi_007_org.jpg
頂上まで真っ直ぐで、思ってたほど勾配はキツクなさそうです。

NamihayaOhashi_008_org.jpg
んでもって、高さ45mの頂上に到着。
右後方には あべのハルカス

NamihayaOhashi_009_org.jpg
左には 京セラドーム大阪

NamihayaOhashi_010_org.jpg
全体を見渡すとなかなかいい景色じゃないでしょうか!
(クリックして拡大してみましょう)

この後、ベタ踏み坂をダァーと駆け下りて、京セラドーム大阪 までグルッと回って
花園町の 甘泉堂 でお土産を買って帰りました。
NamihayaOhashi_Data_org.jpg
 地図は大和川以北ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:2時間48分
  距 離 :54.5km
    (2014年累計:299.8km/5日)
 最高速度:40.46km/h
 平均速度:19.43km/h

 千本松大橋 だけでなく なみはや大橋
 ともに自転車・徒歩の人がそこそこ
 多くてちょっとビックリでした。

<↓クリックすると拡大します>
NamihayaOhashi_Route_org.jpg
[ 2014/05/22 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

【ポタ】つつじ祭り in 淡輪・あたご山・・・のあと(大阪:岬町,淡輪)

ゴールデンウィークの最終日に大阪府最南端の岬町の 淡輪遊園(あたご山) までポタってみました。

そういえば、このゴールデンウィークは最北端の能勢町の
三草山にハイキング に行ったので、大阪府を縦断してしまいました。

その日の午後は娘と餃子を包む約束をしたので、逆算すると・・・5時半起床、6時出発!

TannowaTsutsuji_Route2_org.jpg
何回か走っているルートなので、とりあえず南下すればいいだろうと
何も考えずに走っていると、泉佐野あたりで見慣れない標識が現れ
気が付けば、26号線を越えて内陸に向かって走ってました。(赤線のルート)
自分の位置が掴めず右往左往しながらなんとか軌道修正し

TannowaTsutsuji_004_org.jpg
淡輪遊園(あたご山) に到着!
正直なところ、正確な場所がわからなかったので、とりあえずこの辺の山か?って登って
奥へ奥へ進んで行くとようやくたどり着きました。

TannowaTsutsuji_000_org.jpg
2、3日前につつじ祭りがあったようですが、まだまだ見頃で数組の人達がカメラでパチパチと。

TannowaTsutsuji_006_org.jpg
眼下には淡輪ヨットハーバー

TannowaTsutsuji_005_org.jpg
つつじの花道

TannowaTsutsuji_003_org.jpg
お祭りはしてませんけど、おばちゃん2人組の焼鳥屋さんが出ていたので、
匂いにかなり誘惑されましたが景色だけで満腹に・・・しときました。

TannowaTsutsuji_002_org.jpg
たくさんの蜂たちがせっせと蜜の採集中でした。

TannowaTsutsuji_Route3_org.jpg
帰りはなるべく海沿いを走ってみようと赤線ルートをたどってみると
鳥取ノ荘~尾崎付近は時間が止まったような雰囲気でした。

その後、泉佐野駅近くの グラフミューラー でお土産を買って帰りました。

TannowaTsutsuji_Data_org.jpg
 地図は泉北有料道路以南ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:5時間39分
  距 離 :102.1km
    (2014年累計:245.3km/4日)
 最高速度:32.08km/h
 平均速度:18.03km/h

 しかし、ここ最近の走行距離の2倍の100km
 も走ったために、最後の10kmは罰ゲームの
 ように苦しいポタリングでした。

<↓クリックすると拡大します>
TannowaTsutsuji_Route_org1.jpg
[ 2014/05/10 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(2)

【ポタ】戦国時代の宗教自治自衛都市・寺内町(大阪:富田林)

義姉から河内長野の ラブリーホール まで用事を頼まれる予定だったので
それに絡めてポタリングしてみようと思っていたら、急遽キャンセルに!

TondabayashiJinaimachi_000_org.jpg
でも、ルートを考えていたので、まず意味なく ラブリーホール まで行って
旧外環から南河内サイクリングラインを走り、青空を泳ぐ鯉のぼりを見つつ
金剛大橋を渡り、富田林の 寺内町(じないまち) にやってきました。

TondabayashiJinaimachi_007_org.jpg
戦国時代の末期に証秀上人(しょうしゅうしょうにん)が 興正寺別院
中心として作ったのが、寺内町でこの地域は
重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうです。

TondabayashiJinaimachi_004_org.jpg
興正寺別院の前は『日本の道百選』の 城之門筋

TondabayashiJinaimachi_006_org.jpg
じないまち展望広場 は名前から寺内町を見下ろせるのかと思ったら
寺内町とは反対の石川の向こうにそびえる二上山から金剛山までを展望できる広場でした。

TondabayashiJinaimachi_008_org.jpg TondabayashiJinaimachi_003_org.jpg
じないまち展望広場 横にある昔の東側の入り口の 山中田坂
町の西側にある石垣などから、寺内町が戦乱から町を守る工夫がされていたことがわかります。

TondabayashiJinaimachi_001_org.jpg
重要文化財で有料で見学もできる 旧杉山家住宅
女流歌人の石上露子という人の生家だそうです。

TondabayashiJinaimachi_002_org.jpg
魔除けの 鬼瓦
竈の煙を外に出すための 煙出し

TondabayashiJinaimachi_010_org.jpg TondabayashiJinaimachi_005_org.jpg
黒い 虫籠窓(むしこまど)葛原家住宅
その向かいにある 三階蔵(南)葛原家住宅

<↓クリックすると拡大します>
TondabayashiJinaimachi_Route2_org.jpg
寺内町は新しい家々と混在しているので、雰囲気が残っているエリアはそれほど大きくもなく
住宅内を見学しないのであれば、サクっと回れます。
でも、街並みを利用したカフェやパン屋さんなどは人気があるようなので
また違う目的で来てもいいようなところでした。
TondabayashiJinaimachi_Data_org.jpg
 地図は外環以東以南ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:2時間14分
  距 離 :40.2km
    (2014年累計:143.2km/3日)
 最高速度:31.98km/h
 平均速度:17.97km/h

 この後、南河内サイクルラインを北上し、
 羽曳野の ネオ・クック でお土産を
 買って帰りました。

<↓クリックすると拡大します>
TondabayashiJinaimachi_Route_org.jpg
[ 2014/04/22 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム