おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  宮部みゆき

おまえさん(宮部みゆき)

本日、読了。

宮部みゆきでは33冊目。

『ぼんくら』シリーズの3作目。


 <あらすじ>

  痒み止め薬「王疹膏」を売り出し中の瓶屋の主人・新兵衛が
 斬り殺された。本所深川の“ぼんくら”同心・井筒平四郎は、
 将来を期待される同心・間島信之輔(残念ながら醜男)と調べに
 乗り出す。
  検分にやってきた八丁堀の変わり者“ご隠居”源右衛門は
 その斬り口が少し前に見つかった身元不明の亡骸と同じだと
 断言する。
  二つの事件をつなぐ新兵衛の奉公先だった生薬問屋の当主
 から明かされた二十年前の因縁と隠された罪。さらなる亡骸…。
  瓶屋に遺された美しすぎる母娘は事件の鍵を握るのか。
  平四郎の甥っ子・弓之助は絡まった人間関係を解きほぐす
 ことができるのか。


 <感想>

  上下巻1200頁と事件以外にレギュラー陣の秘密のエピソードが
 かなり盛り込まれています。

  ・おでこ(三太郎)を捨てた母親・おきえの覚悟
  ・弓之助の兄の河合屋の三男・淳三郎のやんちゃぶり
  ・平四郎・政五郎のそれぞれの奥さんとのなれそめ

 などなど、そして脇役がいっぱいで新キャラクターとしてブサイク
 な同心・間島信之輔、その大叔父・本宮源右衛門が登場し、
 更におでこ(三太郎)がお徳の惣菜屋の おもん を好きになって、
 その おもん は弓之助を好きでと、ちょっと人物相関図かキャラク
 ター紹介などでまとめて欲しいぐらいです。


 じゃないと肝心の事件のほうがむしろサイドストーリーと勘違いしてしまいそうになります。

  謎解きとしては、弓之助はさすが脳みそフル回転で活躍しますが、平四郎はちょっと控えめでした。それもこれもエピソードが多過ぎるからですけどね。

 個人的には、弓之助の兄の淳三郎のような魅力的なキャラクターをどんどん登場させて、続きのシリーズを読みたいのはもちろんですが、10年後ぐらいの弓之助・おでこ・淳三郎が中心のシリーズも読んでみたくなりますね。

 どちらにしても、このシリーズはハズレなし!です。


宮部みゆき 読了リスト1
【宮部みゆき 読了リスト2】
 心とろかすような―マサの事件簿      元察犬「マサ」シリーズ2
 理由
 クロスファイア
 ぼんくら                      ぼんくらシリーズ1
 あやし~怪~
 日暮らし                      ぼんくらシリーズ2
スポンサーサイト
[ 2014/01/05 21:00 ] 宮部みゆき | TB(0) | CM(2)

日暮らし(宮部みゆき)

本日、読了。

宮部みゆきでは32冊目。

『ぼんくら』シリーズの2作目。


 <あらすじ>

  佐吉が人を殺めた疑いで捕えられた。しかも殺した相手は
 実の母・葵だという。
  生き別れた親子に何があったのか。
  葵殺しの裏に見え隠れするのは、二年前に鉄瓶長屋で起きた
 事件から尾を引く、大店湊屋のお家事情。
  絡まった心を解きほぐそうとする本所深川の同心・井筒平四郎。
  「叔父上、ここはひとつ白紙に戻してみてはいかがでしょう。」
  超美形の甥っ子・弓之助の推理が過去の隠し事の目くらましを
 晴らしていく。



 <感想>

 『ぼんくら』から一年後の話です。
 前作同様、何の関係もないような4つの短編から始まります。

 「おまんま」
     おでこ(三太郎)が鬱になり、得意の記憶術で扇子に
    似顔絵を描く絵師の殺人事件を解決することで自信を
    取り戻す。
 「嫌いの虫」
     鉄瓶長屋の元差配人の植木職人・佐吉と妻・お恵の話。
     からすの官九郎が死んじゃいます。
 「子盗り鬼」
     佐吉の母・葵が住み込みの女中・お六母子のストーカー
    を追い払う。


「なけなし三昧」
    お徳が住む長屋に美女のおみねが激安の惣菜屋を開く。
    しかし、おみねには裏事情があった。

 そして、これらの話が「日暮らし」とうまく絡んでいきます。
 『ぼんくら』を読了後うやむやだったことが次々に判明していくのでスッキリしていきます。
 佐吉の母・葵のその後の生活や鉄瓶長屋の差配人・久兵衛の現状など。

 読みながらも事件を解決しているというよりは、それぞれの人の悩みを解決しているなぁと思っていたら、実は細かくゆっくりと伏線を張っていて、一気に追い込んでいった最後は読みごたえがありました。

 次の『おまえさん』を読んでいないので、分かりませんが、湊屋・総右衛門は善人・悪人のどちらなんでしょうか?


宮部みゆき 読了リスト1
【宮部みゆき 読了リスト2】
 心とろかすような―マサの事件簿      元察犬「マサ」シリーズ2
 理由
 クロスファイア
 ぼんくら                      ぼんくらシリーズ1
 あやし~怪~
[ 2013/02/06 21:00 ] 宮部みゆき | TB(0) | CM(0)

あやし~怪~(宮部みゆき)

本日、読了。

宮部みゆきでは31冊目。


 <あらすじ>

  「居眠り心中」、「影牢」、「布団部屋」、「梅の雨降る」、
 「安達家の鬼」、「女の首」、「時雨鬼」、「灰神楽」、
 「蜆塚(しじみづか)」の九編の短編からなるちょっと怖い
 江戸ふしぎ噺。



<感想>

 ”怖い”っていうので血みどろ世界かと思っていたら”物の怪”と人の心の闇・怨念・妬み・憎しみなどを絡めた宮部みゆきらしい作品集になっています。
 映像や漫画で見る直接的な怖さではなく、最後まで正体を明かさないパターンもあるので、却って想像力が膨らんで怖さが増してしまいます。

 口入屋が登場することが多いので、震える岩天狗風 の”お初”のようなキャラクターを口入屋にして連作短編集にしたほうがいいのに!って思っていたら、タイプは違うけど おそろしあんじゅう という三島屋変調百物語シリーズに続くようです。

 

宮部みゆき 読了リスト1
【宮部みゆき 読了リスト2】
 心とろかすような―マサの事件簿      元察犬「マサ」シリーズ2
 理由
 クロスファイア
 ぼんくら                      ぼんくらシリーズ1
[ 2012/12/12 21:00 ] 宮部みゆき | TB(0) | CM(0)

ぼんくら(宮部みゆき)

本日、読了。

宮部みゆきでは30冊目。

『ぼんくら』シリーズの1作目。


 <あらすじ>

  平和な長屋に、ある夜、寝たきりの父親を持つ八百屋の
 兄妹の家に殺し屋が押し入り、兄・太助を殺害するという
 事件が起こる。
  その後、評判の良かった差配人・久兵衛が姿を消し、
 壺信心で三つの家族も次々と失踪してしまった。
  いったい、この長屋には何が起きているのか。
  ぼんくらな同心・井筒平四郎と超美形少年・弓之助が
 謎に挑む。


 <感想>

  宮部ワールド全開です!

  初めは鉄瓶長屋で次々と起こる事件の5つの短編が
 続き、しかも解決しているようなしていないような・・・
  えぇ~この調子で上下巻もあるのかぁ!
 って思っていると長編の 『長い影』 が始まります。

  なんと5つの短編は前振りで重要な事件として長編の
 『長い影』 に見事絡んでいき、壮大な ”はかりごと”
 が暴かれていきます。
 
  エピローグとしての短編 『幽霊』 も物語をいい感じで
 締めて、最後まで飽きることのない作品です。


更に魅力的なキャラクターがたっくさん登場します。

勝手にキャスティングしてしまうと
・ぼんくらな同心の井筒平四郎は、以前は藤田まこと、今なら佐々木蔵之介でしょう。
・観察眼の鋭い平四郎の甥で美少年の弓之助は、神木隆之介。
・記憶力抜群の少年”おでこ”は、えなりかずき。
・鉄瓶長屋の”心”のお徳は、松下由樹。
・元娼婦のおくめは、りょう。
・若い差配人は、佐々木蔵之介とくれば中村俊介(ハンチョウです)。
・回向院の茂七の子分の政五郎は、綿引勝彦。

これはシリーズ化されていて、『日暮らし』、『おまえさん』 と続きます。

NHKの金曜か土曜の時代劇でやって欲しいなぁ。

宮部みゆき 読了リスト1
【宮部みゆき 読了リスト2】
 心とろかすような―マサの事件簿      元察犬「マサ」シリーズ2
 理由
 クロスファイア
[ 2012/10/10 21:00 ] 宮部みゆき | TB(0) | CM(2)

クロスファイア(宮部みゆき)

本日、読了。

宮部みゆきでは29冊目。

 

<あらすじ>

深夜の廃工場で青木淳子は特殊能力・念力放火能力(パイロキネシス)で瀕死の男を殺そうとしていた四人の若者のうち三人を炎上させる。しかし、残る一人「アサバ」を取り逃がしてしまい、仇を取るために行方を探し出すが・・・。一方、放火捜査班の石津ちか子刑事は、不可解な焼殺の手口から、ある事件を思い出していた。そして、淳子に近づく謎の組織「ガーディアン」とは?

<感想>

これは「鳩笛草」のなかの中編・燔祭の数年後という設定になっています。



特殊能力ドラマで観たことがあるものといえば、最近だと戸田恵梨香のSPEC、古いとこではTOKIOの松岡昌宏のサイコメトラーEIJI、海外だとHEROES(ヒーローズ)、ペインキラー・ジェーンなどなど・・・瞬間移動したり、空を飛んだり、予知できたりとか、いろんな特殊能力がありますが念力放火能力(パイロキネシス)は役に立ちそうにはないですねぇ。
マッチがなくても、ポッと火を点けるぐらいでしょうか。

こういうパターンだとだいたい警察が捕まえることができない凶悪犯罪者を非合法に始末するために拳銃バンバン、火炎放射ボォーボォーして立ち向かうアクション・ヒロインものになってしまいがちですが、そこは宮部みゆきなんで、前半は凶悪犯「アサバ」を始末するために炎上させまくりますが、後半は異能力を持っているがための孤独と葛藤を描きつつも自警集団「ガーディアン」の正体を明らかにしていくというようにちょっとヒネっています。

最後は孤独だったヒロインが気持ちを共有できる恋人と出会え、少しだけ甘い時間を過ごせた(・・・ホントは違うけど)ので良かったのかなぁ。でも何だか切ないです。

まだ勢いがあったころの矢田亜希子が主演して映画化もされているようです。



宮部みゆき 読了リスト1
【宮部みゆき 読了リスト2】
 心とろかすような―マサの事件簿      元察犬「マサ」シリーズ2
 理由
[ 2012/08/15 21:00 ] 宮部みゆき | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム