FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  粉もん

ふんわり上玉子焼きの出汁は自分で継ぎ足して/みいさん(兵庫:明石)

先日のランチは みいさん です。
山陽電鉄「西新町駅」から南へ徒歩6分のところにあります。

この日は東京から同僚が初めて明石に来たというので、
であればと明石焼きを食べにやって来ました。
AkashiMiisan_004_org.jpg AkashiMiisan_003_org.jpg
テーブル3卓の小さなお店はかなり歴史を感じます。

AkashiMiisan_002_org.jpg
明石焼き・お好み焼き・焼きそばとあります。
上玉子焼きつまり明石焼きを注文します。

AkashiMiisan_005_org.jpg
まずはテーブルに出汁とカラの小鉢が運ばれてきます。

AkashiMiisan_006_org.jpg
で、上玉子焼き の登場

AkashiMiisan_007_org.jpg
初めて、こんな玉子焼きを見た同僚はコレをシェアすると思ったようで
「一人10個ならもう一皿頼む?」と聞いてきたタイミングで
もう一皿登場で今度は「一人前でこんなにあるの?」と逆にビックリ!

AkashiMiisan_008_org.jpg
玉子焼きというだけあって、もう 粉もん ではなく
ほぼタマゴを食べているようでフワフワでメチャクチャ美味しい~!!

AkashiMiisan_001_org.jpg AkashiMiisan_000_org.jpg
スルーッと喉を通るので、もう一人前でも食べられそうです。
スポンサーサイト
[ 2019/06/15 09:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(6)

豚バラではなくミンチ肉の府中焼き/平の家(広島:福山)

福山出張のランチは 平の家 です。
JR山陽本線「東福山駅」から東へ徒歩10分のところにあります。
FukuyamaHiranoya_000_org.jpg FukuyamaHiranoya_005_org.jpg
12時頃に行くとテーブル2卓、座敷1卓、カウンター5席は満席で
お持ち帰りで待っている人もいるようです。

府中焼き(お好み焼き)・モダン焼き(関西風)・
焼きそば・焼きうどんから選ぶので、当然ながら
聞いたことも食べたこともない府中焼きを注文します。

FukuyamaHiranoya_003_org.jpg FukuyamaHiranoya_004_org.jpg
府中焼きとは、作り方は広島風のお好み焼きで
豚バラではなくミンチを使うのが特徴だそうです。

いわゆる岸和田のかしみん焼きに近いのかもしれません。

ちなみに、白い麺がそば、赤い麺はナポリタンではなく辛麺のようです。

FukuyamaHiranoya_006_org.jpg
イカ・エビの入った スペシャル府中焼き(うどん肉玉)ダブル

FukuyamaHiranoya_007_org.jpg
トロ~リな玉子焼きに刻みネギ

FukuyamaHiranoya_009_org.jpg
さて、粉かつお・青のり・七味をかけようとしても・・・ない。
しかもマヨネーズは有料なんで、そのまま食べることにします。

FukuyamaHiranoya_010_org.jpg
やや細めのうどんでこれが食感を支配しているようで・・・

FukuyamaHiranoya_008_org.jpg
お好み焼きなのに、トロトロでモチっとして
しかも切るたびに揺れてプルンプルンです。

FukuyamaHiranoya_002_org.jpg FukuyamaHiranoya_001_org.jpg
ミンチの効果まではわかりませんでしたが
美味しいお好み焼きに違いはありませんでした。
[ 2019/06/02 16:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(4)

超人気のお店も平日夜ならユックリとカキオコが食べられます/タマちゃん(岡山:備前市日生町)

岡山への宿泊出張で、荷物が多いのでクルマで移動することに。

大阪から岡山へ移動中に同乗している同僚は牡蠣が大好物らしいことがわかり
「じゃあ、今夜は日生でカキオコ食べる?」と提案したところ
「日生(ひなせ)?」「カキオコ?」と興味津々。
なぜなら同僚は東京在住なんで。

で、調べると平日夜でも開いているお店はあるようなので赤穂ICで
途中下車して日生に向かいました。

HinaseTamachan_013_org.jpg HinaseTamachan_012_org.jpg
で、今までに何度か日生にカキオコ食べに来たときに
いつも大人気で入ることを諦めていた タマちゃん に到着です。

HinaseTamachan_011_org.jpg HinaseTamachan_010_org.jpg
お店に入ると誰もいない?
どうやら待合室らしく、さすが人気店です。
HinaseTamachan_002_org.jpg HinaseTamachan_001_org.jpg
更に奥に入ると待合室と変わらない大きさの店内で
数名のお客さんが食べていますが待たずに座ることができます。

HinaseTamachan_000_org.jpg
混んでいるときには追加注文をできないようなんですが
この夜はそんなことは気にしなくていいんです。
でも、メニュー多いなぁと思っていると平野レミさんのような
チャキチャキした店員さんがおススメはコレで、と説明してくれ・・・

HinaseTamachan_003_org.jpg
カキソバの丞(岩塩味)

カキが250gも入って、野菜はキャベツとネギのみ。
大きなカキが美味しいのはもちろんですが、
塩焼きそばとしてもメチャクチャ美味しい。

ちなみに丞とは上ということで、つまりちょっと上のグレードらしい。

HinaseTamachan_004_org.jpg
カキ&ねぎ(鉄板焼き)

HinaseTamachan_005_org.jpg
カキとネギのみで、まさに素材がよくないと
こんなに美味しくできない逸品です。

HinaseTamachan_006_org.jpg
ようやくカキオコで カキネギの丞

こちらのお好み焼きは左が岩塩、右がソースに決まっているそうです。

HinaseTamachan_007_org.jpg
シェアしていたので、同僚は「粉もんが苦手なんで、1/3ぐらいでいい」と
言っていたんですが、一口食べると今までの粉もんとは別物らしく、
結局は1/2を食べきってました。
確かに、ベットリしたソースではなく、岩塩とあっさりソースで
粉も少なめで香ばしくてメチャクチャ美味しいです。

HinaseTamachan_008_org.jpg
牡蠣が大好物の勢いは止まらなくて
オリーブオイルで味付けされた カキステーキ

HinaseTamachan_009_org.jpg
本日最後だった スガキ

最後だと言われたのに、諦めきれない同僚は別の店員さんに
スガキ があるのか聞いたところ、やっぱり売り切れでしたぁ。

休日のランチで大行列しているのが納得できた超人気店でした。
[ 2019/03/03 16:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(4)

老舗食堂でふっくら生地の玉子焼き/泉屋(兵庫:明石)

先日のランチは 泉屋 です。
山陽電鉄「林崎松江海岸駅」から南東へ徒歩10分のところにあります。
AkashiIzumiya_005_org.jpg AkashiIzumiya_006_org.jpg
住宅街にあるテーブル4卓の小さなお店で、外から見えるガラス張りの
厨房では玉子焼きが焼かれ、それ以外は奥の厨房で作られているようです。

AkashiIzumiya_007_org.jpg
名物は玉子焼きなんですが、周りのお客さんはメインを中華そば・
カレー・うどん・丼物にして、玉子焼きをシェアしているようです。

今回は、玉子焼き だけを食べたかったので、タマゴの多い特上とも
迷いましたが、初めてだったのでノーマルな玉子焼きを注文します。

AkashiIzumiya_004_org.jpg
まずは、出汁のとっくりと出汁を入れる小皿が用意されて待っていると・・・

AkashiIzumiya_003_org.jpg
玉子焼き

AkashiIzumiya_002_org.jpg
一糸乱れぬ隊列の20個

AkashiIzumiya_001_org.jpg
あっさり出汁にふっくらした生地の玉子焼きをつけて
熱々なのでハフハフしながら食べて美味しい!

更に20個でも食べられそうです。

AkashiIzumiya_000_org.jpg
カレーライスを咖喱飯(カレーめし)ってわざわざ書いているので
きっとこだわりがあるのだろうと気になってしまう老舗食堂でした。
[ 2018/09/02 16:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(6)

30cm×50cmの超巨大お好み焼き/高専ダゴ(熊本:荒尾)

KousendagoArao_002_org.jpg
熊本出張のランチは 高専ダゴ 荒尾本店 です。
名前の通り 有明高専の近くにあります。
KousendagoArao_001_org.jpg KousendagoArao_000_org.jpg
まぁ、よく言うと味のあるお店でして、有名人のサインがズラリと並んでます。
見知らぬわが町 というドラマのロケにも使われたようで
飾られている写真を見ると この写真の手前の椅子に高橋一生さん、
向かいに忽那汐里さんが座っていたようです。

KousendagoArao_005_org.jpg
まだお客さんが来ていないですけど、店内のどの鉄板も既に熱々になっているようです。

KousendagoArao_003_org.jpg
特に変わったメニューがあるわけでもありませんが
もちろん、注文するのは スペシャル

ちなみに値上がりしてまして、1,530円→1,650円になってます。
(お店のメニューも修正すればいいんですけど)

KousendagoArao_004_org.jpg
中央の調理用の鉄板では注文したお好み焼きが長方形で作られています。

KousendagoArao_006_org.jpg
もうそろそろ出来上がるようで、私たちの鉄板に油が塗られました。

KousendagoArao_007_org.jpg
来た来た~

KousendagoArao_008_org.jpg
来たぞ~

KousendagoArao_009_org.jpg
ドドドドドドドドドーン!!

KousendagoArao_010_org.jpg
甘口 or 辛口か選べて、辛口ソースをドバーっと塗ってくれまして

KousendagoArao_011_org.jpg
粉カツオを振ってくれて、「あとはお好みでどうぞ~」

KousendagoArao_012_org.jpg
セルフで青海苔、マヨネーズをかけて スペシャル の完成!

KousendagoArao_013_org.jpg
迫力の30cm×50cm

KousendagoArao_014_org.jpg
この光景は
京都の ジャンボのお好み焼き
アメリカの アナハイムディズニーランドのピザ
を思い出します。

KousendagoArao_015_org.jpg
さてさて、肉・イカと具だくさんで、更に そば まで入って
お店曰く 3人前だそうなのですが、こちらは1人前でもデカいので
一般店では4人前に相当するぐらいです。

案の定、美味しく思うのは途中までで、苦しみに変わるのでしたぁ。

念のためですが、オッサン2人で完食しましたぁ。
[ 2018/06/18 23:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(6)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム