おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  山本兼一
カテゴリー  [ 山本兼一 ]

火天の城(山本兼一)

本日、読了。

山本兼一では1冊目。

第11回松本清張賞


 織田信長から安土城を造ることを命じられた宮大工の岡部
 又右衛門と息子・以俊(もちとし)の話です。
 岡部又右衛門という人が実在するとは知らなかった。
 勿論、信長も登場しますが、あくまでも棟梁の目線になって
 います。

 南蛮風で七重櫓があってと無理難題を命じられますが、そこで
 無理とは言わずに棟梁としての誇りでいろいろと工夫を凝らし
 完成させます。
 数万人で巨大な蛇石を運ぶシーンと歪んだ城を矯正するため
 に柱を少し切るシーンは迫力があります

 その完成までの描写もいいですが、厳しい親・又右衛門と半人前
 の息子・以俊がぎくしゃくした関係から次第にお互いを認め合う
 ようになるところが良かった



 映画化もされているらしく出来上がった安土城を見てみたい
 気もするので調べてみると
 又右衛門が西田敏行、
 信長が椎名桔平とイメージ通りでいい感じですが、
 なんと以俊が出ていない
 代わりに娘になっている
 しかも福田沙紀
 この原作は大工親子の絆の物語も含んでいるはずなのに
 ・・・多分観ないでしょう。

スポンサーサイト
[ 2012/04/10 21:00 ] 山本兼一 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム