おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  柴田よしき

激流(柴田よしき)

本日、読了。

柴田よしきでは5冊目。

 

<あらすじ>

京都。修学旅行でグループ行動をしている、東京から来た7名の中学三年生。
知恩院に向かうバスで、その中の一人のフルートが好きな女生徒・小野寺冬葉が失踪し、消息を絶った―。
20年後。35歳となり、それぞれの毎日を懸命に生きるグループのメンバーに、過去の亡霊が甦る。
「わたしを憶えていますか?」突然、送られてきた失踪したはずの冬葉からのメール。
運命に導かれて再会した同級生たち。彼らに次々と降りかかる不可解な事件。
冬葉は生きているのか?
そして、彼女の送るメッセージの意味とは…?
離婚、リストラ、薬物依存、不倫…。
過去の亡霊に、次第に浮き彫りにされていく現実の痛み。
苦悩しながらも人生と向き合う、6人の35歳の闘い。


<感想>

ドラマを観た人がオモシロかったというので読んでみました。

まぁ35歳にもなると脛に傷を持つというか隠し事が1つや2つあるもんですけど、失踪事件の現場にいた6人には特に裏事情があり過ぎです。

三隅圭子(田中麗奈)   : 編集者。離婚協議中。
東萩耕司(桐谷健太)   : 刑事。唯一、平凡な人生。
御堂原貴子(国仲涼子)  : 超美人な専業主婦。主婦売春をしている。
秋芳美弥(ともさかりえ) : 小説家兼ヴォーカル。借金まみれで薬物違反の前科あり。
鯖島豊(山本耕史)    : リストラ候補の会社員。東大卒でバツイチ。
長門悠樹(井上剛)    : 音信不通で海外にいるかも。

そんな彼らに20年前に失踪したはずので小野寺冬葉から、「わたしを憶えていますか? 冬葉」という謎のメールが届き、彼らの周りに不可解な事件が起こり、冬葉の恨みかどうか、どんどん盛り上がります。

三隅圭子(田中麗奈)   : 部下が作家の大事な原稿をなくし、不本意な他部署に左遷させられる。
東萩耕司(桐谷健太)   : 特になにも起らない。
御堂原貴子(国仲涼子)  : 売春相手が殺されてしまい犯人の疑いがかかってしまう。
秋芳美弥(ともさかりえ) : 元彼が殺人事件に巻き込まれ、更に同じマンションに住む見知らぬ男が接近。
鯖島豊(山本耕史)    : 元カノにストーカーされ刺される。
長門悠樹(井上剛)    : 殺人容疑のかかった美弥の元彼と海外で写真に写っている。

ひとりひとりの20年前の記憶の断片なんて何の役にも立ちませんが、6人集まるとピースが繋がり埋まっていく過程がオモシロく更に盛り上がります。

と、ここまではよかったんですけど、うーんオチが・・・まぁそういうパターンもあるけど、弱いかなぁ。


 


【柴田よしき 読了リスト】
 フォー・ディア・ライフ           花咲慎一郎シリーズ1
 少女達がいた街
 象牙色の眠り
 RIKO -女神の永遠-           RIKO(村上緑子)シリーズ 1
スポンサーサイト
[ 2014/03/11 21:00 ] 柴田よしき | TB(0) | CM(2)

RIKO -女神の永遠-(柴田よしき)


 本日、読了。

 柴田よしきでは4冊目。

 第15回横溝正史賞。

 女性刑事が主人公の作品。
 所々に伏線があり、以外なところに犯人がいる
 結構好きなパターン。
 何冊かシリーズ化されているみたい。


【柴田よしき 読了リスト】
 フォー・ディア・ライフ     花咲慎一郎シリーズ1
 少女達がいた街
 象牙色の眠り
[ 2011/11/10 22:21 ] 柴田よしき | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム