おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  折原一

仮面劇 ― MASQUE(折原一)

本日、読了。

折原一では15冊目。


 <あらすじ>

  <彼>は、保険金のために妻を殺そうと思っていた。
  もちろん、彼に疑いがかからず、事故死したように見せかける
 つもりである。妻には五千万円の生命保険を掛けていた。
 額としては、多すぎもせず、少なすぎもしない。
  さて、どのように料理するか。プランを練り始めた彼は、
 やがて妙案を思いついた。彼にはやりとげる自信があった。


 <感想>

 第一幕、トリカブトで妻を保険金目当てで殺し、愛人に罪をなすりつける「完全犯罪」。
 これだけだと、しょーもない2時間ドラマですけど、第二幕から折原ワールドに入ります。

 第二幕「殺人計画」が解決編。イニシャル『M』がキーワードなので、こっちが犯人だろうなぁと思いつつ、ひょっとしてそっち?実はこっち?と振り回されて、そっちが犯人かぁ・・・でもこのパターンだとどちらでも犯人になり得るよなぁ。折原一にしては詰めが甘いかも?

 そして、第三幕「悪の仮面」。誰が被害者で加害者なのかわからないストーリーで意外な結末になります。
 でも、誰が得をしたのかよくわからない後味のあまりよくない作品でした。


【折原一 読了リスト】
七つの棺 ― 密室殺人が多すぎる        黒星警部シリーズ1
倒錯の死角                      倒錯シリーズ1
鬼面村の殺人                     黒星警部シリーズ2
倒錯のロンド                      倒錯シリーズ2
灰色の仮面
覆面作家
異人たちの館
沈黙の教室                      教室シリーズ1
                              第48回日本推理作家協会賞長編賞
誘拐者                         者シリーズ1
「白鳥」の殺人
螺旋館の奇想                     奇想シリーズ1
猿島館の殺人 ― モンキー・パズル       黒星警部シリーズ3
黒衣の女

丹波家の殺人                     黒星警部シリーズ4
スポンサーサイト
[ 2013/01/16 21:00 ] 折原一 | TB(0) | CM(0)

丹波家の殺人(折原一)

本日、読了。

折原一では14冊目。

黒星警部シリーズでは4作目。


 <あらすじ>

  建設会社のワンマン会長・丹波竜造が伊豆沖でヨット航海中
 に遭難しながらも最期の遺書を書く。
  しかし、遺書も死体も発見されぬまま葬式が執り行われた。
  その後、古い遺書による遺産分割が発表され、取り分が最も
 多い長男が密室状況の仏間で不可解な死を遂げる。
  それは、これから一族の人々を襲う殺人劇の幕明けにすぎ
 なかった。
  遺産相続を巡る悲劇に、密室好きの黒星警部が挑む。


<感想>

 黒星警部はいつもほど鈍臭さが際立っておらず、フリーライターの葉山虹子も出て来ないのでちょっと寂しく、期待する折原一らしさがほとんどないフツーのミステリー小説でした。
 この普通らしさが折原一に騙されたのかなぁ。

 どうも彼には分かっていながらも騙されたいという欲望が強いですねぇ。

 しいて挙げるならば後妻の連れ子のリエが探偵役でしたが、途中でバカな孫の秋彦が実はイイ奴で探偵役に代わりそうになったので、ここで折原一の本領発揮かと思ったら・・・そうでもなく終了。

 折原一のことを何も知らずに読むとフツーに読めたんだと思います。


【折原一 読了リスト】
七つの棺 ― 密室殺人が多すぎる        黒星警部シリーズ1
倒錯の死角                      倒錯シリーズ1
鬼面村の殺人                     黒星警部シリーズ2
倒錯のロンド                      倒錯シリーズ2
灰色の仮面
覆面作家
異人たちの館
沈黙の教室                      教室シリーズ1
                              第48回日本推理作家協会賞長編賞
誘拐者                         者シリーズ1
「白鳥」の殺人
螺旋館の奇想                     奇想シリーズ1
猿島館の殺人 ― モンキー・パズル       黒星警部シリーズ3
黒衣の女
[ 2012/11/07 21:00 ] 折原一 | TB(0) | CM(0)

黒衣の女(折原一)

本日、読了。

折原一では13冊目。

文庫化で「死の変奏曲」から改題。

 <あらすじ>

  一見、無関係に思われた男達が次々殺される。いずれも殺害の手口が似ており、
 現場では同じ口紅のケースが見付かり、更にいずれも喪服姿の女が目撃されていた。
 数日後、記憶を失った女が探偵社を訪れる。

 <感想>

  いつもの叙述トリックが潜んでいるな、と思いつつ用心しながら読んでいましたが
 結構ダルいです。
  内容というよりも、何も解決されずにモヤモヤモヤモヤとしていって、最後に
 お待ちかね大ドンデン返し~!
  いつもながらこんなものばかり書く折原一はどんな思考回路をしているのか
 気になってしまいます。



【折原一 読了リスト】

七つの棺 ― 密室殺人が多すぎる        黒星警部シリーズ1
倒錯の死角                      倒錯シリーズ1
鬼面村の殺人                     黒星警部シリーズ2
倒錯のロンド                      倒錯シリーズ2
灰色の仮面
覆面作家
異人たちの館
沈黙の教室                      教室シリーズ1
                              第48回日本推理作家協会賞長編賞
誘拐者                         者シリーズ1
「白鳥」の殺人
螺旋館の奇想                     奇想シリーズ1
猿島館の殺人 ― モンキー・パズル       黒星警部シリーズ3
[ 2012/09/21 21:00 ] 折原一 | TB(0) | CM(0)

猿島館の殺人 ― モンキー・パズル(折原一)

本日、読了。

折原一では12冊目。

黒星警部シリーズの3作目。
Orihara1Sarushima_org.jpg
<あらすじ>

  横須賀が近い東京湾に浮かぶ唯一の自然島・猿島。

  無人島であるはずのその島には猿谷家の人々の館があった。
  旅行誌の取材で島を訪れたフリーライター・葉山虹子は、
 本土へ帰る船に乗り遅れ、その館に迷いこむ。
  館主の藤吉郎が密室の書斎で不可解な死を遂げ、
 それを発端に、次々と変死事件が発生する。

  現場状況が示す犯人はなんと“猿”!折りしも、「脱獄犯?」を
 追って来た黒星警部とともに、虹子は一連の事件のからくりを
 解いていく。

猿島館の殺人―モンキー・パズル

<感想>
 猿島ってホントにあるんですね しかもレジャースポットで
 文庫のプロローグ前に猿島マップも実物と同じ(まぁそりゃそうですが)

 エドガー・アラン・ポーの モルグ街の殺人 のパロディらしいですが、読んだことがないので、残念ながら何をパロってるのかが全然わかんないです。

 非常に読みやすいですが、中途半端にユーモアにしているのでシラケてしまいますが、<どくしゃへの挑戦> から折原一らしいドンデン返しがあるので、まぁ良しとしましょう。

【折原一 読了リスト】
七つの棺 ― 密室殺人が多すぎる        黒星警部シリーズ1
倒錯の死角                      倒錯シリーズ1
鬼面村の殺人                     黒星警部シリーズ2
倒錯のロンド                      倒錯シリーズ2
灰色の仮面
覆面作家
異人たちの館
沈黙の教室                      教室シリーズ1
                              第48回日本推理作家協会賞長編賞
誘拐者                         者シリーズ1
「白鳥」の殺人
螺旋館の奇想                      奇想シリーズ1
[ 2012/07/11 21:00 ] 折原一 | TB(0) | CM(0)

螺旋館の奇想(折原一)

本日、読了。

折原一では11冊目。

奇想シリーズの1作目。
文庫化で「螺旋館の殺人」から改題。


 <あらすじ>

 世間をアッといわせる新作を久しぶりに発表するために、人里
 離れた山荘にこもって執筆を開始した老作家・田宮竜之介の
 もとに彼の講座の生徒の作家志望・白河レイコが、書き上げた
 ばかりの自ら原稿を持って訪れる。
 奇妙極まる盗作事件、そして殺人。
 精緻な多重トリックが冴える奇想天外な傑作長編ミステリー。
 折原ワールド全開!


<感想>

螺旋館の殺人」と題名だけ見ると綾辻行人のような館シリーズで螺旋階段がトリックに使われて・・・みたいな感じですけど、まったく関係ないです。

折原一の本領発揮~叙述トリックを使ってどんだけドンデン返しをしたら気が済むんだぁ、もうお腹いっぱいです。
何が事実で何がフィクションか、も~わからないです

二部構成になっていて、第二部では「倒錯のロンド」ならぬ「盗作のロンド」ですのでより楽しめます。

【折原一 読了リスト】
七つの棺 ― 密室殺人が多すぎる        黒星警部シリーズ1
倒錯の死角                      倒錯シリーズ1
鬼面村の殺人                     黒星警部シリーズ2
倒錯のロンド                      倒錯シリーズ2
灰色の仮面
覆面作家
異人たちの館
沈黙の教室                      教室シリーズ1
                              第48回日本推理作家協会賞長編賞
誘拐者                         者シリーズ1
「白鳥」の殺人
[ 2012/05/08 21:00 ] 折原一 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム