おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  逢坂剛

相棒に気をつけろ(逢坂剛)

本日、読了。

逢坂剛では21冊目。

世間師シリーズでは1作目。


 <あらすじ>

  「いやはや、とんでもない女と組んだものだ」ハッタリと出任せ
 には俺も自信があるが、相方は一枚も二枚も上手。

  ヤクザの香典はパクるわ、地上げ屋の眼前でストリップショウを
 企むわ、欲深い奴らを手玉にとって涼しい顔。
  『四面堂遙』この女、タダモノではない…。
  要領よし、逃げ足早し、正義感少しあり、腕力なし。

  世渡り上手の世間師コンビが大活躍するウィットたっぷりの
 「いそがしい世間師」「痩せる女」「弦の嘆き」「八里の寝床」
 「弔いはおれがする」の5編からなる痛快短編集。



<感想>

 男女二人の世間師つまり詐欺師の話です。
 コン・ゲームなので古くはポールニューマンの「スティング」、ちょっと前だとジョージ・クルーニーの「オーシャンズ11」のシリーズですけどこの『相棒に気をつけろ』はスケールが小さいというか、かわいいというか、しょぼい。
 でも弱いものイジメではなく、悪人からお金をせしめるので、嫌みがないです。

 本名がわからないので自称『四面堂遙(しめんどうはるか)』は、とんでもなく図々しく度胸のある女性ですが、『禿鷹の夜』の禿富鷹秋(とくとみたかあき)よりも断然好感が持てます。

 彼女の見た目は、X-ファイルのスカリー役のジリアン・アンダーソン を太めにした感じらしいのですが、ちょっと顔が思い浮かばなかったので、個人的にはそのときの声優の戸田恵子だと思いながら読んでいました。ということは相手の男性は、風間杜夫(モルダーの声優)になってしまいますね。


  「弦の嘆き」には 岡坂神策シリーズの あでやかな落日
 で登場したギターショップ『モデラート』の塔野響子が登場
 します。
  ひとりの作家を読み続けていると、こんなシーンがあると
 嬉しくなりますよね。

  逢坂剛にしては、軽く読める作品でした。



逢坂剛 読了リスト1
【逢坂剛 読了リスト2】
 燃える地の果てに
 イベリアの雷鳴          イベリア・シリーズ1
 熱き血の誇り
 禿鷹の夜              禿鷹シリーズ1
 牙をむく都会            岡坂神策シリーズ7
スポンサーサイト
[ 2012/12/19 21:00 ] 逢坂剛 | TB(0) | CM(0)

牙をむく都会(逢坂剛)

本日、読了。

逢坂剛では20冊目。

岡坂神策シリーズでは7作目。

 <あらすじ>

  行きつけのバーで出会った女は、業界最大手の広告会社・
 萬通の社員だった。
  彼女の依頼で、現代調査研究所所長・岡坂神策は、ハリウッド
 ・クラシック映画祭プロジェクトのPRを手がけることに。
  一方、東都ヘラルド新聞社が主催するスペイン内戦シンポジ
 ウムのコーディネーターも引き受ける。
  二つの依頼の背後から、第二次大戦後、日ソ間で交わされた
 という密約と鍵を握るスパイの正体を巡る疑惑が浮上する。



 <感想>

  岡坂神策がハリウッド・クラシック映画祭プロジェクトに参加する
 ということで、物語の前半は、1940年~1970年のハリウッドの
 西部劇で逢坂剛が好きな作品の紹介に費やされています。
  しかも、映画祭の趣旨が誰もが知っている作品ではなく、
 日本ではビデオ化やテレビ放送がされていないけど秀逸なもの
 限定なので、殆どが知らない作品で、マニアにはたまらない
 内容ですけど、ちょっと世代が違うので共感し難いなぁ。
  ただ、逢坂剛が好きというエヴァ・バルトークと萬通社員の
 嶋瀬真純が似ているというジョーン・フォンテーンだけは
 気になったのでネットで写真をチェックすると、どちらもキレイ
 ですけどジョーン・フォンテーンのが好きかなぁ。


 後半からようやく、ミステリーが始まります。
 終戦後、日本兵がシベリアに抑留されたのは日本軍公認だったかもしれないという密約と元ドイツ領事館員がソ連のスパイだったかもしれない疑惑の情報がゴシップ誌に流れていって、岡坂神策らしく犯人を探すのはいいんですけど、ゴシップ誌に疑惑の情報をリークしている動機がお金と地位のあるおじいちゃん同志の”名誉”のためとは・・・笑ってしまいます。

逢坂剛 読了リスト1
【逢坂剛 読了リスト2】
 燃える地の果てに
 イベリアの雷鳴          イベリア・シリーズ1
 熱き血の誇り
 禿鷹の夜              禿鷹シリーズ1
[ 2012/10/30 21:00 ] 逢坂剛 | TB(0) | CM(0)

禿鷹の夜(逢坂剛)

本日、読了。

逢坂剛では19冊目。

禿鷹シリーズの1作目。

 <あらすじ>

  信じるものは拳とカネ。
  史上最悪の刑事・禿富鷹秋 ― 通称ハゲタカは神宮署の
  放し飼い。
  ヤクザにたかる、弱きはくじく。
  しかし、恋人を奪った南米マフィアの殺し屋だけは許せない。
  痛快無比!血も涙もひとかけらの正義もない非情の刑事を
  描いた問題作。


<感想>

禿富鷹秋(とくとみたかあき)→ 禿鷹 → ハゲタカ になります。

一応刑事らしいのですが、刑事らしい仕事(場面)は一切なく
パンクしている女性を助けたと思えば、古雑誌を売る路上生活者をいたぶり
やくざの親分を助けたと思えば、みかじめ料を強奪したりと、なんなんだお前は

でも恋人の青葉和香子が南米マフィアの殺し屋・ミラグロに殺されてしまうと
手段を選ばない報復が始まるので、てっきりこれに乗じて自分がたかっているヤクザ組織と
敵対する組織を一網打尽にして、なんだかんだ言ってもヒーローだぁ・・・ってなるのかと
思ったらホントに自分のために復讐しただけで・・・お前の目的は何だぁ

主役の刑事よりも、たかられているヤクザが可哀相で彼らに思い入れてしまいました

逢坂剛 読了リスト1
【逢坂剛 読了リスト2】
 燃える地の果てに
 イベリアの雷鳴          イベリア・シリーズ1
 熱き血の誇り
[ 2012/08/22 21:00 ] 逢坂剛 | TB(0) | CM(2)

熱き血の誇り(逢坂剛)

本日、読了。

逢坂剛では18冊目。


 <あらすじ>
  自分の会社の医療薬に異常があるかもしれないと知った製薬会社の
 秘書室員・寺町麻矢は同僚の古森卓郎、友人のカメラマン秋野のぶ代と
 一緒に、会社の秘密を探りはじめる。

  一方、スペインではフラメンコ歌手のブロンセが殺し屋に追われて
 ギタリストのヒラソル、娘のマリアとともに日本に…。

  まったく関係ない出来事が静岡で結ばれ、事件の謎が一本の線で結ばれる。


 <感想>
  薬害、フラメンコ、新興宗教、産廃問題、北朝鮮と盛りだくさんというか何でもありで、
 どうしたんだ 逢坂剛 って感じです。

  秋野のぶ代と○○、フラメンコ歌手のブロンセと○○が血縁関係などがあって
 都合良すぎるぞ おいおい 逢坂剛

  ただ、全体的には一気に読めるので面白い内容ではあります。

  北朝鮮の大物を救う背景や新興宗教の輸血拒否などをもっと掘り下げてくれれば
 締まった内容になったのかなぁと思います。

  最初と最後に超常現象的なことが起きます。それは 池の平の幻の池 という
 遠州七不思議の1つらしく、それを題材にした 「おかわ御前」の伝説 というモノも
 あるそうです。

 やたら静岡にこだわっているいるなぁと思ったら、静岡新聞 に連載されていたものだからでした。納得


逢坂剛 読了リスト1
【逢坂剛 読了リスト2】
 燃える地の果てに
 イベリアの雷鳴          イベリア・シリーズ1
[ 2012/06/26 21:00 ] 逢坂剛 | TB(1) | CM(0)

イベリアの雷鳴(逢坂剛)

本日、読了。

逢坂剛では17冊目。


 <あらすじ>

  時代は1940年。

  内戦の痛手が残っているスペインでは、フランコ殺害を企む組織が
 活動を続けていた。

  日英独の諜報戦が熾烈を極めるマドリードに現れた日系ペルー人の
 宝石商・北都昭平は、どこの国のために動いているのか?


<感想>

 スペイン内戦が終結して、ドイツがポーランドに侵攻し、イギリス・フランスと睨み合っている頃に、日系ペルー人の北都昭平がスパイとなってスペインに宝石商として入国します。
 何故スペインなのかスペインが枢軸国か連合国になることによって今後の情勢が大きく代わり遠く離れた日本にも関係するのでいち早く情報を収集するために非公式に潜入します。
 他にもMI6などのスパイや地下組織の人達がたくさん登場し、裏稼業している人だらけになります。

 フランコ暗殺が最大のシーンにはなりますが、史実に反する結末にするわけにはいかないので、あれれって感じになってしまいます。
 スペイン人のペネロペは可哀そうでした
 でもこれはイベリアシリーズの序章で全6作もあるらしい。え~

 また、舞台がスペイン南端のジブラルタルも登場しますが、今でもイギリス領だとは知らなかった。

逢坂剛 読了リスト1
【逢坂剛 読了リスト2】
 燃える地の果てに
[ 2012/04/24 21:00 ] 逢坂剛 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム