おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  山崎豊子

女の勲章(山崎豊子)

本日、読了。

先日亡くなられた山崎豊子さんです。
本当に残念ですがご冥福をお祈りします。

彼女の作品では5冊目の感想になります。


  <あらすじ>

  大阪船場に生まれ若くして両親を失った大庭式子は、三人の
 若い弟子たちと甲子園に聖和服飾学院の新校舎を建設する。
  一方、学院に出入りし、さまざまな場面で式子をサポートする
 八代銀四郎は、東京の名門大学を卒業し、折角、一流会社に
 就職したのに、一年でサラリーマン生活に見切りをつけるという
 ちょっと変わった経歴の持ち主。
  式子は、学院を手伝う銀四郎の強引なまでの求愛を受け入れ
 てしまう。そして、銀四郎の商才にたけた巧みな手腕で、式子は
 虚飾のファッション界の階段を昇っていく。
  しかし、銀四郎は、なぜか三人の弟子たちとも次々と関係を
 結ぼうとする。そうしたなか、式子は、学院の理事に招請した
 銀四郎の恩師・白石の静謐なたたずまいに心を奪われるの
 だが……。


<感想>

  主役はもちろん、大阪船場生まれのお嬢さんデザイナー大庭
 式子なんですが、影の主役は、女性4人を手玉にとった八代
 銀四郎でしょう。

  彼は東京の名門大学を卒業して、格好良くて、フランス語が
 喋れて、商才に長けているとはなんとも羨ましく、敵にまわせば
 恐ろしいけど、味方につければこんなに頼りになる人はいません。

  何でも金勘定で考え、ねちっこい大阪弁を操り、女性の虚飾の
 心理を操って身も心も自分の野望のために食い尽くしてしまい
 ます。

 そんな彼を象徴するのが何と言っても最後のシーン。

 彼が金づるの式子を手放さないために、彼女に無理な借金を背負わせることで白石教授とも別れさせ、精神的に追いこんでしまったことにより、彼女は自殺してしまいます。その新聞の死亡記事の大きさを定規で測り、その記事までも広告料に換算してタダでデザイン学校の宣伝が出来たと割り切ってしまうことが彼の非常さを物語っています。

 ついでですけど、式子と白石教授がパリ・ポルトガルを幸せに旅行する場面が読みながら他と違和感をあるなぁと思っていたら、山崎豊子の体調が悪く地図を見ながら、旅をしている気分で書いたそうで、本人曰く、後からその地を訪れたら寸分違わなかった、とあとがきで自慢していますが、読者としては、全体の話の雰囲気とは違和感ありすぎだろうと思ってしまう場面でした。


【山崎豊子 読了リスト】
 花のれん           第39回直木賞
 女系家族〈上〉〈下〉
 ぼんち
 暖簾
スポンサーサイト
[ 2013/10/08 21:00 ] 山崎豊子 | TB(0) | CM(0)

暖簾(山崎豊子)

本日、読了。

山崎豊子では4冊目。


 <あらすじ>

  淡路島から大阪から働くために出てきた吾平は、運よく船場の
 昆布屋で働くことになり、一介の丁稚から叩きあげ、苦労の末
 築いた店も長男・辰平も戦争で奪われ、振り出しに戻った。

  その吾平の跡を継いだのは戦争から帰ってきた次男・孝平で
 あった。孝平は、大学出のインテリ商人と笑われながら、徹底
 して商業モラルを守り、戦後の動乱期から高度成長期まで、
 独自の才覚で乗り越え、遂には本店の再興を成し遂げる。

  親子二代“暖簾(のれん)"に全力を傾ける不屈の気骨と大阪
 商人の姿を描く作者の処女作。


<感想>

 山崎豊子といえば、白い巨塔や沈まぬ太陽、運命の人のように事実を基にした壮大なストーリーが多いですが、初期には船場商人を主人公にしたサクセスストーリーが多いんです。
 この暖簾(のれん)はそんな彼女の最初の作品です。

 現在の船場は問屋街ですが、老舗が暖簾を守っているというイメージを感じることはありません。
 それは戦前の話で戦災により何もかも失った大阪は、中心地が難波・心斎橋に移り、生き抜くための闇市が横行していることで暖簾商売が成り立たなくなったのが原因だそうです。

 伝統を重んじるというより暖簾に固執してしまうと、老舗といえども没落してしまうなか、次男・孝平がゼロからのスタートになった浪花屋(昆布屋さん)を継いだことで、時代をよんで、商売手法を変え、最期には父・吾平の浪花屋を再興させてしまいます。

 暖簾なんて、弟子が修行明けにお店を出す暖簾分けぐらいのものだろうと思っていましたが、戦前は火事になれば真っ先に暖簾を持ち出したり、暖簾を担保に銀行からお金を借りることができるぐらい現代からは考えられないくらい大事なものだったそうです。

 主演・森繁久彌が吾平(父)・孝平(次男)の二役で映画化されているようです。
 ちょっと観てみたいですよね。

【山崎豊子 読了リスト】
花のれん           第39回直木賞
女系家族〈上〉〈下〉
ぼんち
[ 2013/02/20 21:00 ] 山崎豊子 | TB(0) | CM(2)

ぼんち(山崎豊子)

先日、読了。

山崎豊子では3冊目。

大阪府芸術賞

 船場の足袋問屋の「ぼんぼん」ではなく「ぼんち」の話です。
 「ぼんぼん」は単なるお坊ちゃんだけど「ぼんち」とはスケール
 が大きい遊びをするけど最後には帳尻を合わせてしまう
 坊っちゃんみたいです。
 キツイ祖母・母が貫く船場の理解し難いしきたり・風習・
 家族制度があります。
 物語の最後では終戦となり焼けの原でほとんどのものを
 失いますが、それでも4人の妾を抱え続けます。
 (ホントは5人だけど1人は終戦前に病気で亡くなってしまって
 います)
 こういうときの展開は金の切れ目が縁の切れ目になりますが
 「ぼんぼん」でなく「ぼんち」故の結末となりよかったよかった


40~50年前に映画やドラマ化されているらしいが昔過ぎてキャストがイメージし難いです。
今なら昼ドラ向きかもしれません。

【山崎豊子 読了リスト】
花のれん           第39回直木賞
女系家族〈上〉〈下〉
[ 2012/02/17 22:00 ] 山崎豊子 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム