おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  高嶋哲夫

スピカ ― 原発占拠(高嶋哲夫)

本日、読了。

高嶋哲夫では2冊目。

 <あらすじ>
  富山の最新型巨大原発が謎のテロリストたちに占拠され、
  汚染ガス放出を凶器に様々な要求をつきつける。原発
  制御設計者の日野、恋人の反原発派の仁美たちは原発
  奪還、汚染ガスの放出を阻止できるか。

 <感想>
  作者が元原子力研究員所研究員ということで原発
  システムが詳しく書かれていますが、素人の読者にも
  なんとなくわかったようなわからないようなレベルに
  してあります。
  ストーリーでは決断力のある総理が登場し、世論を
  気にせずに自衛隊を出動させますが、でも実際に
  こんなことが起きたら、日本のへなちょこ政府だと
  何もできずに汚染ガスが放出されて地球は破壊されて
  しまうんだろうなぁと考えると怖くなります。


【高嶋哲夫 読了リスト】
 イントゥルーダー
スポンサーサイト
[ 2012/05/30 21:00 ] 高嶋哲夫 | TB(1) | CM(0)

イントゥルーダー(高嶋哲夫)

本日、読了。

高嶋哲夫では1冊目。

第16回 サントリーミステリー大賞・読者賞

大沢たかおが出ていた雪山の映画の原作だと勝手な思い込みで読んでいたけど、どう考えても主人公とイメージが合わず、雪山も出てくるような雰囲気もなく、100ページくらい読んだところで巻末の作品紹介を何気なく見てみて、あれは「ミッドナイトイーグル」かっと気付き、ようやく頭を切り換えて読み続けることができました。

 主人公(羽嶋)の事情があって会ったことのない息子が交通
 事故に遭い(結局、話すことなく亡くなります)、息子の
 ことを何も知らない父親が息子のことを回想するのかなぁと
 いう流れでしたが、疑問が次々と明らかになり、原発という
 大きな問題と闘うことになります。
 息子が亡くなったあたりから急激に展開がオモシロくなる
 作品です


10年以上前の作品ですが、今読むとフィクションではないように思えてしまいます。
[ 2011/12/15 22:00 ] 高嶋哲夫 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム