おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  高橋克彦

写楽殺人事件(高橋克彦)

本日、読了。

高橋克彦では5冊目。

第29回江戸川乱歩賞



 <あらすじ>

 謎の絵師といわれた写楽は、一体何者なのか?大学助手の
 津田良平はある肉筆画集を手に入れ写楽の実体探査を行い、
 核心に迫ろうとするが連続殺人に巻込まれてしまう。


<感想>

北斎といえば葛飾、歌麿といえば喜多川、では写楽といえば?
東洲斎(とうしゅうさい)なんです・・・知りませんでした

しかも10ヶ月しか活動していなくて、忽然と姿を消して正体がわかっておらず、美術史家たちにとっては永遠の謎になっているんですって・・・知りませんでした

前半は、津田良平が古本市で秋田蘭画の肉筆画集を手に入れ、そこに「東洲斎写楽改近松昌栄」という書き込みを見付けて写楽のルーツを探ります。田沼意次、平賀源内、蔦屋重三郎、秋田藩などその当時の政治的な背景を絡めて東洲斎写楽=近松昌栄を立証していきます。
凄いじゃないかぁ高橋克彦こんな大発見を小説で発表してもいいのかぁと本気で信じてましたが・・・これも創作だそうです
でもそれぐらい説得力があります。

後半は、この説によって金・権力・名誉に目の眩んだ大学教授・研究者・画商が連続殺人事件を起こして通常のミステリー小説になります。

写楽の謎を解く内容だけでも読み応えのある一冊でした。

ちなみに、このシリーズは「北斎殺人事件」、「広重殺人事件」と続きます。

【高橋克彦 読了リスト】
 総門谷           第7回吉川英治文学新人賞
 総門谷R 阿黒編
 総門谷R 鵺(ぬえ)篇
 総門谷R 小町変妖篇
 総門谷R 白骨篇
スポンサーサイト
[ 2012/07/24 21:00 ] 高橋克彦 | TB(0) | CM(0)

総門谷R 白骨篇(高橋克彦)

本日、読了。

高橋克彦では5冊目。



 小町変妖篇からそのまま続きます。
 聆雲→魔童児、シバ→白骨女になりまたもや生き返って
 しまいます。(またかっ
 強敵シバが死んだと思って安心していたのに残念です。
 しかも白骨女はかなり強大になっちゃいます。

 生き返った魔童児や篁が敵となり久遠たちと闘うところは
 悲しくなります。
 長い戦いがやっと終わった・・・と思ったら怨魔たちは
 深い眠りに入ってしまいまたもや
 行方知れずになってしまいます。


しかも!大天狗はまだ出てこず(ほんとにいるのかっ
更に何と第5部(将門篇)があると言うじゃないですか
これで終わり(・・・らしい)

【高橋克彦 読了リスト】
 総門谷           第7回吉川英治文学新人賞
 総門谷R 阿黒編
 総門谷R 鵺(ぬえ)篇
 総門谷R 小町変妖篇
[ 2011/12/09 22:00 ] 高橋克彦 | TB(0) | CM(0)

総門谷R 小町変妖編(高橋克彦)


 本日、読了。
 高橋克彦では4冊目。

 鵺編から約7年後。
 善玉3人組がまたまた生き返り、風天が久遠、花天が諒、空天が
 空海に戻ってしまいます。(何でもありかっ!)
 登場人物一覧が絵付きであります。厩戸が怖いです。
 (聖徳太子じゃないの?)

 ネロと小角(おづぬ)が海外派遣されているので、国内が手薄
 になり戦闘怨魔のシバがフル回転することにより、壮絶な最期
 となります。


それにしても誰もが魅了されてしまうシバが変身する小野小町はどれほど美人なのか気になるところではありますなぁ。
ちなみに世界三大美女(クレオパトラ、楊貴妃、小野小町)に小野小町が入っているのは日本だけらしい。

でも、まだ大天狗は出てきません。

【高橋克彦 読了リスト】
 総門谷           第7回吉川英治文学新人賞
 総門谷R 阿黒編
 総門谷R 鵺(ぬえ)篇
[ 2011/12/06 22:00 ] 高橋克彦 | TB(0) | CM(0)

総門谷R 鵺編(高橋克彦)


 本日、読了。
 高橋克彦では3冊目。

 阿黒編から約40年後。
 阿黒王が怨魔王となり(悪玉のボスなのに、思いつきで名乗って
 しまった名前・・・ちょっと笑う)。
 久遠が風天、諒が花天、空海が空天となり大天狗により復活し、
 結局善玉も生き返っています。
 今回は小野篁、在原業平が登場し、シバ(の女王)が怨魔となり
 ますが、今いる怨魔たちの妬みヤッカミで半人半獣になって復活
 します。(なんじゃこりゃ!)


戦闘の場は高野山になります。
最後は愛染明王と鉄戦士の巨大戦士の対決になり、戦隊もののようになっています。
悪役ですが小角(おづぬ)は何をやっても仲間からは評価されていないところが、何故か結構好きです。

死んでは生き帰りが繰り返され、これは終わるのか?
しかし、大天狗は出てきません。

【高橋克彦 読了リスト】
 総門谷           第7回吉川英治文学新人賞
 総門谷R 阿黒編
[ 2011/11/29 22:00 ] 高橋克彦 | TB(0) | CM(0)

総門谷R 阿黒編(高橋克彦)



 本日、読了。

 高橋克彦では2冊目。

 2年前に「総門谷」を読んで以来なので
 どんな話か思い出せずに進みながら
 世界の偉人を蘇らせて、世界支配するみたいな
 ・・・SF伝奇かと気付きこの世界観は楽しめました。
 「総門谷」は舞台が現代でしたが、今回は平安時代で、
 元々歴史に詳しくないので誰が実在して、どこまでが
 史実なのかわからずに読んでいました。


わかるのは坂上田村麻呂、空海ぐらいだったので、後から坂上田村麻呂をウィキペディアで流し読みしてみると物語に登場した名前や事件が出てきて・・・歴史を知っていればもっと楽しめたかも?

総門谷Rシリーズは、後3作連続で読んでいきます。

【高橋克彦 読了リスト】
 総門谷           第7回吉川英治文学新人賞
[ 2011/11/21 22:28 ] 高橋克彦 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム