おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  洋食

エビフライ10本のデラックス定食/よろずや(愛知:刈谷)

愛知出張のランチは キッチン よろずや です。
JR東刈谷駅から南東へ徒歩7分のところにあります。

KariyaYorozuya_000_org.jpg
カウンター6席、座敷3卓あるお店はオープン直後から
お客さんがやってくる人気店のようです。

エビフライ4本がついた500円ランチはかなりお得なようですが
年間10万本もエビフライを販売しているということなので・・・

KariyaYorozuya_001_org.jpg
エビフライデラックス定食

KariyaYorozuya_003_org.jpg
バカみたいですがエビフライ10本

KariyaYorozuya_002_org.jpg
大皿に盛られてみんなでシェアするわけではなく一人用です。

KariyaYorozuya_004_org.jpg
エビフライの後ろには山盛りキャベツ

KariyaYorozuya_005_org.jpg
タルタルソースをタップリつけて食べま~す!

プリップリで痛風を気にしてしまうようなエビフライではなく
安いお弁当に入ってそうな加工したタイプなんですが、それでもエビフライには変わりません。

でも、エビフライ10本は・・・しんどい。
KariyaYorozuya_007_org.jpg KariyaYorozuya_006_org.jpg
ちなみに、エビフライ食べ放題定食 2500円 ってのもあるようなので
エビフライ大好きな方は挑戦してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2018/02/12 23:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

18歳以上しか入れないお店のハンブルグステーキ/おとなのヒッコリー(愛知:名古屋,上社)

名古屋出張のディナーは おとなのヒッコリー です。
地下鉄東山線「東山駅」から北へ徒歩18分のところにあります。

HickoryAdult_008_org.jpg
店名の通り、18歳以上しか入れない大人のお店のようです。
ちなみに、直ぐ近くには子どもでも入れる ヒッコリー本店 もあります。

さて、平日の20時に入ってみると、なんと10組待ち!
ココまで来て帰るわけにはいかないので待つことに。



腹減ったぁ~
更に18歳以上の大人たちがやって来ます。



HickoryAdult_000_org.jpg HickoryAdult_001_org.jpg
待つこと30分、ようやく座ることができましたぁ。

ハンバーグばっかりやのに種類が多い~!!
ちなみにまだまだあります。

こうなると一番初めの書いてあるし、限定らしいハンバーグを注文。

HickoryAdult_002_org.jpg
スープセット にしたので、選べるスープは クラムチャウダー
腹ペコだったので胃に浸みる~

ちなみに、もうひとつはミネストローネ

HickoryAdult_003_org.jpg
で、ハンブルグステーキ

実はお店に並び始めて1時間でお目にかかってます。

HickoryAdult_004_org.jpg
付け合わせは、ポテト・コーン・インゲン
ステーキの下には、キャベツ・もやし・玉ねぎ

HickoryAdult_005_org.jpg
奮発して 1.5倍サイズの270g!

HickoryAdult_006_org.jpg
焼き加減のおススメは レア ということで真っ赤っか!

HickoryAdult_007_org.jpg
ミンチではなく肩ロースを包丁で細かく刻んだものが使われてるそうで
肉の旨味をそのまま味わえてめちゃくちゃ美味しい~!
待った甲斐がありました~!!!
HickoryAdult_010_org.jpg HickoryAdult_009_org.jpg
堺市の 寛屋 でも肉肉しいハンバーグを食べますが
また違った美味しさのハンバーグの原点でした。
[ 2018/01/20 09:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

ご当地グルメなのか?スイスライス/サンレモ(大阪:住吉区,姫松)

先日のランチは サンレモ です。
阪堺上町線「姫松駅」から東へ徒歩6分のあべの筋沿いにあります。
HimematsuSanremo_005_org.jpg HimematsuSanremo_004_org.jpg
テーブル6卓をご高齢の夫婦で切り盛りされているようで
Mr.サマータイム(サーカス)、飛んでイスタンブール(庄野真代)、
宿無し(世良公則&ツイスト)、あずさ2号(狩人)などが流れる昔ながらの喫茶店です。

HimematsuSanremo_003_org.jpg HimematsuSanremo_002_org.jpg
安い~!と思ったら2500円もするステーキもあったりと幅広い価格帯です。

HimematsuSanremo_006_org.jpg
注文した料理に合わせて、スプーン・フォークを並べてくれます。

HimematsuSanremo_007_org.jpg
まずは、ポタージュスープの誤記だと思いますが ポタージスープ

濃厚にスープは予想以上に美味しいので、これはメインの料理に期待が持てます。

HimematsuSanremo_008_org.jpg
で、メインの スイスライス

HimematsuSanremo_009_org.jpg
見ているだけで
アルプスの山々が目の前に広がり
アルプスホルンの音が聞こえ
大空をハイジがブランコしている姿を思い描きます。

・・・てなことはありません、スイスとは何でしょう?

HimematsuSanremo_010_org.jpg
ピーマン・タマネギのケチャップライスにハイシソース(ハヤシソース)がかかり、
中央には目玉焼きで周囲をウインナーフライが囲みます。

誰もが好きそうな料理ばかりを組み合わせているので
そりゃあ、美味しいでしょう!
HimematsuSanremo_001_org.jpg HimematsuSanremo_000_org.jpg
食べ終わったのが、土曜日の13時30頃だったんですが
いつの間にか満席になっていたご近所に愛されているお店でした。
[ 2017/11/22 12:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

迫力満点な特大開きエビフライ定食/UOMO(大阪:梅田,大阪駅前第3ビル)

先日のランチは ワインとオマール海老の店 UOMO(ウオモ) です。
大阪駅前第3ビルのB1Fにあります。

UmedaUomo_001_org.jpg
どれもこれもサラリーマンが喜びそうなボリュームのある
ランチがズラリと並んでます。

UmedaUomo_003_org.jpg
お店の名物の エビフライ定食

大きなお皿とは不釣り合いな大きさのお茶碗には
ご飯がやや少なめに盛られています。
でも、お替り自由なんでご安心。

UmedaUomo_004_org.jpg
大きな二等辺三角形でエビフライなんてあり得ないので
どう見てもアジフライにしか見えない・・・

ひょっとしてアジフライに海老のシッポを付けているだけかも?

UmedaUomo_005_org.jpg
ってなことはなく、もちろんホンモノのエビフライで
しかも肉厚!
更に2尾も!

う~ん、食べ応え抜群でタマラ~ン!
UmedaUomo_002_org.jpg UmedaUomo_000_org.jpg
隣りの女性が食べていた全部盛りの
おとなのお子様ランチ もメチャクチャ美味しそうでしたぁ。
[ 2017/11/08 12:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

なにかとツッコミたくなるビーフバター焼き/グルメ風月(福岡:天神)

福岡出張でのディナーは グルメ風月 天神コア店 です。
天神コア のB1Fにあり、隣りには銀ダラみりんの美味しさに感動した
味の正福 があります。

ちなみに、お好み焼きの 鶴橋風月 やゴーフルの 風月堂 とは関係ありませんので。
FugetsuTenjin_004_org.jpg FugetsuTenjin_003_org.jpg
町の洋食屋さんというよりは高級ステーキハウスのような店内で
店員さんの接客もとてもいき届いています。

FugetsuTenjin_001_org.jpg FugetsuTenjin_002_org.jpg
メニューはこれ以外にもいろいろあるのですが名物を注文します。

FugetsuTenjin_005_org.jpg
しばらくして登場!
写真が斜めだったのは、私が別の事をしていて慌てて撮ったので。

ソースを目の前でかけてくれるのですが、私には紙エプロンを渡してくれ
空いている椅子に置いていた私の荷物にも丁寧に紙エプロンをかけてくれます。

FugetsuTenjin_006_org.jpg
で、ドドドドー!ジュワジュワー!

FugetsuTenjin_007_org.jpg
お肉増量ビーフバター焼き

ライス or パンが選べてライス。

FugetsuTenjin_009_org.jpg
和風おろしソースのかかった牛肉をオンザライスすれば、もちろん美味しい~!!

FugetsuTenjin_008_org.jpg
しかし、パスタが付け合わせというよりは、ライスと同じくらいのボリュームで
ダブル炭水化物になってしまっているので、ライス要らんやろう?

焼き目のついたパスタ美味しいけど。

それに野菜がまったくゼロなので、スープというよりもサラダが欲しい~!
FugetsuTenjin_010_org.jpg FugetsuTenjin_000_org.jpg
と心の中でツッコミながらも、隣りのテーブルの老夫婦が
30年前にこのビーフバター焼きを食べたことについて
懐かしく話しているのを聞いていると、
地元の人に長く愛されている料理ということはわからなくもないなぁ。
[ 2017/07/29 09:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム