おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  うどん

讃岐のコシと博多のゴボウ天のぶっかけうどん/侍.うどん(福岡:博多)

福岡出張のでランチは 侍.うどん です。
博多駅から南へ徒歩14分のところにあります。
HakataSamurai_003_org.jpg HakataSamurai_002_org.jpg
カウンター6席・テーブル14席のキレイなお店で
看板には「麺はロック」
一見強面の店主はちょんまげではなく鉢巻です。

HakataSamurai_004_org.jpg HakataSamurai_005_org.jpg
隣りのおばさんが食べているカレーうどんが
美味しそうだったのですが、今日の気分はカレーではないので

HakataSamurai_006_org.jpg
侍.ぶっかけ(明太子トッピング)

HakataSamurai_007_org.jpg
初めて見る箸袋の 御手茂沓(おてもと)

HakataSamurai_008_org.jpg
博多なんで、やっぱりゴボウ天がワサワサ。
そして、タップリの豚肉

HakataSamurai_009_org.jpg
チクワ天・ブロッコリー天に
追加の明太子は1本(半腹)がドーン!

HakataSamurai_010_org.jpg
やや平打ちなうどん は博多なのにコシがあります。

大阪で食べる讃岐うどんとも遜色なく美味しいので
どこにお店を出しても流行りそうなのはわかります。

なんですが、メニューの説明を見ると
「9種の具材をのせたぶっかけ」

ゴボウ・豚肉・チクワ・ブロッコリー
後は薬味やけど
ネギ・ゴマ・大根おろし・レモン
う~ん、足りない・・・まさか出汁?
HakataSamurai_001_org.jpg HakataSamurai_000_org.jpg
ちなみにお会計は、両でも文でもなく円ですので。
スポンサーサイト
[ 2017/10/14 09:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

リーズナブルな味噌煮込みうどんもあるんや~/山本屋町田(愛知:名古屋,丸の内)

名古屋出張でのディナーは 山本屋町田 です。
地下鉄「丸の内駅」から徒歩2分のところにあります。
MarunouchiMachida_005_org.jpg MarunouchiMachida_006_org.jpg
お店に入った途端に大きな声で「いらっしゃい!どうぞ!」と
L字カウンター8席、テーブル8席のカウンター席に案内されます。

この対応だけで間違いなさそうなお店です。
MarunouchiMachida_004_org.jpg MarunouchiMachida_003_org.jpg
名古屋の味噌煮込みうどん と言えば、不当に値段が高い!イメージがあるのですが
隣りの常連さんの会話によると 山本屋総本家 の血筋のお店なのに
嬉しい価格設定になっています。

であるのであれば、煮込みうどんが出来る前に一品を頼もうと・・・

MarunouchiMachida_007_org.jpg
特製味噌おでん四種

MarunouchiMachida_008_org.jpg
大根・玉子・こんにゃく・豚肉?みたいなものと
私の好きなおでんの具ベスト3も嬉しいですが、
初めて食べる味噌おでんが、中まで染みてメチャクチャ美味しい!

MarunouchiMachida_009_org.jpg
で、一番ノーマルな 普通煮込

グツグツ煮えたぎる鍋を持ってきてくれ
カウンターに置いてから、店主が蓋をのせてくれ

MarunouchiMachida_010_org.jpg
今度は私が蓋をとっても、やっぱりグツグツ

MarunouchiMachida_011_org.jpg
その蓋を取り皿にして食べま~す!
山本屋総本家がどんなのだったかまったく覚えてませんが
間違いなく名古屋の味噌煮込うどんであって、美味しい~!!

ちなみに何が普通なのかですが、どうやら
肉・玉子無しの野菜・かまぼこ・薄揚げのみが普通なようです。

MarunouchiMachida_012_org.jpg
やっぱりこの味噌でご飯を食べたいので注文して
おでんの玉子と一緒に〆ま~す!!
MarunouchiMachida_001_org.jpg MarunouchiMachida_000_org.jpg
お客さんが少ない時間帯だったからなのか
帰りにも元気に外までお見送りしていただき、ホテルに向かうのでした。
[ 2017/10/07 09:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(4)

てんこもりな天粉盛ぶっかけうどん/天粉盛(大阪:津守)

先日のランチは 手作りうどん 天粉盛(てんこもり) です。
南海汐見橋線「津守駅」から東へ徒歩2分のパチンコ屋さんの駐車場にあります。
TsumoriTenkomori_005_org.jpg TsumoriTenkomori_004_org.jpg
カウンター11席ぐらい、テーブル1.5卓?と微妙な構成で
トイレの扉が一石二鳥になって、誰もが戸惑うような造りになっています。

テーブルには無料の天かす、うどん屋さんには珍しく
携帯用充電コンセントまであります。

TsumoriTenkomori_003_org.jpg TsumoriTenkomori_002_org.jpg
多いメニューから、ぶっかけ・釜揚げ・カレーに絞り込んで、迷いに迷いまして・・・

TsumoriTenkomori_006_org.jpg
天粉盛ぶっかけうどん(冷)

「すだちを絞って、ツユをかけてお召し上がりください」とのこと。

TsumoriTenkomori_007_org.jpg
牛肉のしぐれ煮
ブロッコリー天
刻みネギ・カイワレ・胡麻

TsumoriTenkomori_008_org.jpg
ナス天・鶏天
刻み海苔・大根おろし・すだち

TsumoriTenkomori_009_org.jpg
ちくわ天・エビ天・ニンジン天・サツマイモ天
とトッピングがてんこ盛り!

TsumoriTenkomori_010_org.jpg
ビヨーンと伸びる麺が気持ちよくてサイコー!!
しかも大盛りにしなくても充分満足できるボリュームもあります。

TsumoriTenkomori_011_org.jpg
サクッと軽く揚がっているので、これだけ天ぷらがあっても
重たくないので、最後まで美味しくいただけます。
TsumoriTenkomori_001_org.jpg TsumoriTenkomori_000_org.jpg
隣りのお兄さんが「梅わかめうどん」って頼んだので
「え~!そんなうどん頼む人初めて見たぁ」と呟く私でしたぁ。
[ 2017/08/07 23:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

博多うどんとは違って、ツルツルでコシのある能古うどん(福岡:博多駅)

博多駅の2Fの 博多めん街道 にはラーメンを中心とした麺屋さんが
並んでおり、当然ながら博多なんでラーメン屋さんにはお客さんがいっぱいです。

でも、博多に何度も来ているとラーメンもええけど、うどんも悪くないなぁ
と思うことが多いので 福岡出張のランチは 能古うどん 博多デイトス店 です。

NokoDeitos_000_org.jpg NokoDeitos_001_org.jpg
とは言っても、能古って何?
調べてみると 博多湾に浮かぶ島で菜の花・コスモス・水仙の名所だそうです。

一番人気を注文して・・・

NokoDeitos_004_org.jpg
かしわごぼうセット

NokoDeitos_006_org.jpg
フニャっとした博多うどんも好きなんですが
全然違ってツルツルな細麺でありながらもコシがあり
秋田の稲庭うどんに似ています。

NokoDeitos_005_org.jpg
やっぱり博多らしく、かしわ飯とごぼう天
これを食べると福岡に来たなぁって感じになります。
NokoDeitos_003_org.jpg NokoDeitos_002_org.jpg
小麦粉と水だけの組み合わせやのに、なんでこんなに違う麺が
出来てしまうんやろうと不思議に思ってしまうランチでした。
[ 2017/07/30 16:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

これが超剛麺な吉田のうどんかぁ/せんしゅう(山梨:甲府,甲斐住吉)

甲府出張のランチは せんしゅう です。

さて、このお店が甲府市内のどういう場所にあるのかはわかりませんが
テーブル7卓・カウンター8席は、ランチタイムになるといっぱいです。

私たちは少し前に入ったので、待ち時間もなく座れました。
KofuSenshu_000_org.jpg KofuSenshu_003_org.jpg
太字で書いてあるのがおススメらしく
天ぷらW、わかめW、キャベツW/、肉Wとトッピングを大々的に紹介して
しかも、キャベツと肉はトリプルまであるし、注文しても
麺は大盛・特盛・特々盛どうしますか?って聞かれるので
注文するのが当たり前なのか迷いそうになりますが、「普通でお願いします」

KofuSenshu_004_org.jpg
肉天うどん

ん?汁ある?・・・具だらけ~

KofuSenshu_005_org.jpg
どんぶりを完全に蓋をしてしまっている大きな玉ネギのかき揚げ

KofuSenshu_006_org.jpg
裏を見ると、甘辛い豚肉と うどん なのに茹でキャベツ

KofuSenshu_007_org.jpg
超極太なエッジの効いた断面

剛麺と言われるうどんを何度か食べてきましたが
吉田のうどん は最強じゃないでしょうか?
表現として、コシがあるというのか硬いというのか・・・

KofuSenshu_008_org.jpg
とにかく剛麺すぎて扱い難いので麺を底から引き揚げてみました。

水が勢いよく出ているホースを捕まえるように暴れ回る麺なので
このように丼におさめるだけでも一苦労の作業です。

ただただ食べても食べても減らない!
アゴは疲れるし、喉越しってそんな言葉知らね~!
KofuSenshu_001_org.jpg KofuSenshu_002_org.jpg
でも、これは好きなタイプの麺なんで、他の吉田のうどんも食べたくなりますね。
[ 2017/07/24 23:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム