おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  三重

【浜松旅行記⑩】郷に入っては郷に従え な 亀山みそ焼きうどん/亀とん食堂(三重:亀山)

浜松から帰るディナーは 亀とん食堂 です。

亀山ICから以前に行った 亀八食堂 は相変わらず満車やなぁと
思いながら、見過ごしてしばらく走るとあります。

入るやいなや
「牛と豚のホルモン混ぜると美味しくないからやめとき!」
「クルマやったらビールださせんで~!」
「大人3人やったら足りんで~!」
と店主の怒鳴っているような説明にビビります!!

KameyamaKameton_004_org.jpg
これはヤバいなぁ、ということで、店主の注意している内容を思い出しながら
「カルビ2、ミノ1、牛ホルモン1、めし小3、うどん玉2」

特に何も言われなかったので、この注文はセーフのようです。

KameyamaKameton_005_org.jpg
キャベツに肉、味噌ダレがドドドーンと運ばれてきて
「肉はどうでもええから、キャベツを混ぜて~!
 キャベツから水が出てくるまでガンガン混ぜて!」

家族3人で必死に混ぜます というか 混ぜさせられるような?

KameyamaKameton_006_org.jpg
どうやら店主の娘とうちの娘がほぼ同い年のようで
うちの娘には、別人のように超優しく接してくれるので
キャベツから水が出てきだしたら、仕上げてくれます。

説明によると水を出すことで、蒸し焼きにしているそうです。
こんな説明は亀八食堂ではしてくれなかったので
コチラでこの労働の意味を知ることができました。

KameyamaKameton_007_org.jpg
「うどん入れて~!」の号令のもと、また混ぜ混ぜしまして・・・

KameyamaKameton_008_org.jpg
完成!
「肉から食べて~」

KameyamaKameton_000_org.jpg
『は~い、隊長』と心の中で返事して
あぁ~美味しい!
苦労してようやくここまでたどり着きました。

KameyamaKameton_001_org.jpg
労働の後の うどん もたまりませんなぁ~
KameyamaKameton_003_org.jpg KameyamaKameton_002_org.jpg
初めてだと店主のキャラクターに面食らってしまいますが
次からは要領を得ているので、「そうそうこの喋り方!あぁ、あの人注意されてるわぁ~」
と寧ろ面白がって食べられそうです。

以上で1泊2日の浜松旅行記はおしまいで~す。
スポンサーサイト
[ 2016/08/25 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

【もくもく②】モクモクファームで大人気のバイキング/PaPaビアレストラン(三重:伊賀)

モクモクファーム と言えば、PaPaビアレストラン のバイキング!

以前はここにしかなかったんですけど、いつの間にやら市街地にもできて、
滋賀の 風の葡萄 (近鉄草津)、最近だと、梅田の モクモク (三越伊勢丹)、
あべのハルカスの お日さまのえがお と系列店があります。

MokuMokuPapa_011_org.jpg
場所は園内一番奥の いかだ池 の向こう

MokuMokuPapa_000_org.jpg MokuMokuPapa_002_org.jpg
開園間もないのにもう行列です。
ちなみにオープンまでまだ30分あります。

MokuMokuPapa_012_org.jpg MokuMokuPapa_013_org.jpg
店内の広さと待ち人数を考慮しても並ぶ必要はないので
しばらく、竹馬・輪投げ・縄跳びをして遊んで、

MokuMokuPapa_001_org.jpg
オープン時間に行って、ほぼ待つことなく店内に。

MokuMokuPapa_003_org.jpg MokuMokuPapa_007_org.jpg
天井にはぶどう棚が広がり、テラス席からは いかだ と奮闘している人達を眺めることができます。

MokuMokuPapa_004_org.jpg MokuMokuPapa_009_org.jpg
園内・県内の食材を中心とした美味しそうな料理がいっぱいなので
ついつい・・・

MokuMokuPapa_005_org.jpg
取り過ぎましたぁ。

何でも美味しいですけど、おから・白和え
豚モツサラダ・豚モツ煮込みがお気に入り。

MokuMokuPapa_006_org.jpg
もちろん、こちらのハム・ソーセージは定番
娘はハムがお気に入り

MokuMokuPapa_008_org.jpg
最後はデザートで
奥さんはラスクがお気に入り

MokuMokuPapa_010_org.jpg
食器をキレイに戻したら、くるくるコインをBOXに入れてオシマイ。

MokuMokuPapa_014_org.jpg
娘は食べ過ぎで動けずしばらく休憩。

モクモクファームのメインイベントが終了したので、
この後、園内をゆっくりいろいろ遊びまわりました。
[ 2014/04/30 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

【もくもく①】里山桜まつり in もくもくファーム(三重:伊賀)

ゴールデンウィーク前半に 伊賀の里 もくもく手づくりファーム に行ってきました。
コチラは3回目で、今までは ゴールデンウィーク後半の 豚のダービーレース
開かれる とんとん祭り に合わせて来てましたが、里山桜まつり は 初めてです。

Mokumoku_003_org.jpg Mokumoku_000_org.jpg
少し早めに着いたので、入口の 元気な野菜塾市場 でお買い物。
ちなみに、野菜を持って園内をウロチョロするのは大変なので
ちゃんと冷蔵庫でお取り置きをしてくれるので安心です。

その横にある 足湯 で・・・

Mokumoku_001_org.jpg Mokumoku_002_org.jpg
娘はのんびり浸かって、奥さんは 足つぼの道 で痛すぎて1歩も進めず。

Mokumoku_004_org.jpg
メインエリアでは 里山桜 が満開です!

さぁ、まずは何をするか?!
もくもくファームと言えば?
そう!有名なバイキングです。

Mokumoku_006_org.jpg Mokumoku_005_org.jpg
オープンまで少し時間があるので、縄跳びや輪投げで遊びます。
・・・竹馬を得意がっている奥さん

バイキングの詳しい内容は、明日アップ するとしまして

腹いっぱい食べた後は、まず・・・

Mokumoku_014_org.jpg Mokumoku_013_org.jpg
メインエリアに行く途中にある とんとん神社
ちゃんと、あうん(阿吽) になっている豚神様の遣いの 狛豚

Mokumoku_007_org.jpg
青・緑・ピンクが鮮やかなメインエリア全景

Mokumoku_009_org.jpg Mokumoku_010_org.jpg
風車 を作ったり

Mokumoku_008_org.jpg
芸がたどたどしく、ほのぼのしてしまう ミニブタのショー を観たり

Mokumoku_011_org.jpg
ビジュアルはどう見ても絵本を読むようには見えなくて
子ども向けかと思いきや、大人でも笑ってしまう しんちゃんの読みきかせライブ

Mokumoku_012_org.jpg
アスハレ というピアノとフルートのデュエット演奏を聴いたり

Mokumoku_016_org.jpg
伊賀上野白鳳太鼓 の迫力ある太鼓を聴いて

Mokumoku_015_org.jpg
放し飼いの豚の ひなたくん にお別れを言って
我が家のゴールデンウィーク前半のイベントは終了しました。
[ 2014/04/29 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

【ちょっと地中海まで⑨】おはらい町・おかげ横丁で食べ歩き(三重:伊勢)

内宮 を参拝したあとは、仕方がないので
おはらい町・おかげ横丁 の誘惑に負けてあげましょう!

内宮に向かうときに、へんば餅の へんばや商店 がお休みなのは確認していたし
昨日、二見シーパラダイスで赤福ぜんざい&赤福餅 は食べたので、

Okageyokocho_004_org.jpg Okageyokocho_003_org.jpg
まずは、おかげ横丁の 若松屋 から

Okageyokocho_002_org.jpg
さぁ、どれを食べましょうか?

Okageyokocho_005_org.jpg
丸くてデカい ひりょうず

Okageyokocho_007_org.jpg
ひりょうず(飛竜頭)とは、がんもどき のことで
ひじき・しいたけ・にんじん・きくらげ・ごぼう・たけのこ・わかめ・枝豆・うずらの卵・豆腐
と具材もいっぱいで熱くてアフアフとバカウマです。

Okageyokocho_006_org.jpg
チーズ棒

Okageyokocho_008_org.jpg
揚げ立てなので、チーズがトロ~リ・・・メチャうま~!

Okageyokocho_009_org.jpg Okageyokocho_000_org.jpg
続いて、豚捨

Okageyokocho_013_org.jpg Okageyokocho_010_org.jpg
夕方だったので品数が少なくなっていて、コロッケ・牛カツ・ミンチカツから選んだのは・・・

Okageyokocho_011_org.jpg
やっぱり、コロッケ

Okageyokocho_012_org.jpg
思っていたよりも小ぶりですけど、アツアツで薄めの衣もサクサクです。

Okageyokocho_015_org.jpg Okageyokocho_014_org.jpg
おかげ横丁をひと周りして、帰ろうとしたら、おはらい町に美味しそうな看板を発見!
フランス料理 カンパーニュ です。

Okageyokocho_016_org.jpg
こちらも品薄で、ほとんど選択権はなく シュークリーム

Okageyokocho_017_org.jpg
皮はバリっとシッカリで、カスタードはギッシリで、ほどよい甘さで、これはウマい!

オマケで・・・

Okageyokocho_001_org.jpg
地下道には ハートストーン もありますよ!
(長崎の 眼鏡橋 にもありましたね)


ということで、高校生レストラン地中海村伊勢神宮(外宮内宮)
1泊2日の旅行は終了で~す。
[ 2013/11/05 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(2)

【ちょっと地中海まで⑧】式年遷宮!外宮のあとは内宮へ(三重:伊勢)

外宮 を参拝したあとは、クルマで移動し 内宮 です。
こちらは少し遅めの時間もあってか渋滞もなく、すんなり停めることができました。

IsejinguNaiku_000_org.jpg
おはらい町・おかげ横丁 の誘惑という波状攻撃に耐えながら

IsejinguNaiku_001_org.jpg
宇治橋 に到着。内宮では右側を歩きます。

IsejinguNaiku_002_org.jpg
宇治橋からの 五十鈴川 です。
山本一力の いすゞ鳴る に登場したあの五十鈴川です。
今まで何回か見ている川ですけど、あの小説を読んだ後だと感慨深いものがあります。

IsejinguNaiku_003_org.jpg
外宮と同じく、手水舎 で、左手・右手と清め、左手にすくった水で口をすすぎ、左手を洗い流し

IsejinguNaiku_004_org.jpg
第一鳥居 をくぐって

IsejinguNaiku_005_org.jpg
そして、五十鈴川の御手洗場 でもう一度清めようと思ったら
前日の大雨で増水したために立ち入り禁止!う~ん残念!

IsejinguNaiku_006_org.jpg
御手洗場の奥にある滝祭神(たきまつりのかみ)でお参りし
そのまま第二鳥居とは違う雰囲気のある通りを進むと

IsejinguNaiku_007_org.jpg
誰かが内宮で最も美しいスポットです、と言っていた
風日祈宮(かざひのみのみや)橋
確かに宇治橋からとは違った趣です。

IsejinguNaiku_008_org.jpg
そして、皇室のご祖神の 天照大神(あまてらすおおみのかみ)
お祀りされている 御正殿 で、2拝2拍手1拝で、ご挨拶だけすませて

IsejinguNaiku_010_org.jpg
荒祭宮(あらまつりのみや) で個人的なお願いをします。

IsejinguNaiku_009_org.jpg
左には遷宮前の荒祭宮もあります。

IsejinguNaiku_011_org.jpg
御厩はお留守のようでしたが、
その近くには数羽のニワトリが放し飼いになっていました。
こちらは神の使いの 神鶏 だそうです。

外宮・内宮とお参りも無事終わったので、最後は おはらい町・おかげ横丁の誘惑 に負けてみます。
[ 2013/11/04 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム