おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  ラーメン

マグロ節の中華そばの〆はダイブ飯/吉岡マグロ節センター(大阪:豊中,蛍池)

先日のディナーは 吉岡マグロ節センター です。
「蛍池駅」から北へ徒歩3分の国道176号線沿いにあります。

その日は出張で20時頃発の飛行機に乗る予定だったんですが
予想よりもかなり早く空港に着きそうで、しかもハラペコ。

伊丹空港でご飯を食べるということはしたくないので
空港の隣りの駅の蛍池で途中下車してやって来ました。

HotarugaikeYoshioka_002_org.jpg
濃厚派の鶏白湯、サッパリ派のマグロ節、汁なし派のまぜそばと
大きくわけて3種類から選べますが、ココは店名通り マグロ節 でしょう。
HotarugaikeYoshioka_004_org.jpg HotarugaikeYoshioka_003_org.jpg
ちょうど誰もいなかったこともあるのか?
私が券売機で買っている間に水を置いてくれています。
見回すと長いカウンターのみのキレイなお店です。

グォーっとバーナーで炙る音が聞こえて・・・

HotarugaikeYoshioka_005_org.jpg
マグロ節の中華そば(味玉入り)

HotarugaikeYoshioka_006_org.jpg
大きく丸い炙りチャーシューはお箸でも簡単に崩せます。
味玉・ナルト・海苔・水菜、ちょっと珍しく 天かす。

HotarugaikeYoshioka_007_org.jpg
マグロ節が強い完全に和なスープ

HotarugaikeYoshioka_010_org.jpg
平打ちのツルツル麺とアッサリ食べられてしまいます。

HotarugaikeYoshioka_008_org.jpg HotarugaikeYoshioka_009_org.jpg
日本唐揚協会認定カラアゲニストが作るというので、からあげ(2個)
柔らかくジューシーなんで美味しい!
煮干し酢もどうぞ、ということなんでかけてみますと
・・・特に必要ないかも?

HotarugaikeYoshioka_011_org.jpg
50円ならばということで ダイブ飯

ダイブだからラーメンに飛び込ませたいところなのですが
こんなにキレイに盛りつけられていると・・・

HotarugaikeYoshioka_012_org.jpg
レンゲでスープをすくってご飯にひたひたにしましたぁ。
和スープなのでお茶漬けのようになります。

HotarugaikeYoshioka_000_org.jpg HotarugaikeYoshioka_001_org.jpg
美味しい中華そばを食べてから、伊丹空港までテクテクと20分歩いて行くと
ちょうどいい時間になったので、時間を持て余すならこういうパターンもありでしょう。
スポンサーサイト
[ 2018/02/04 16:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

真っ白でクリーミーな牛骨ラーメン/ぶっこ志(大阪:北浜)

先日のランチは ぶっこ志 です。
「北浜駅」から南へ徒歩5分のところにあります。
KitahamaBukkoshi_000_org.jpg KitahamaBukkoshi_001_org.jpg
実は、この日は土曜日だったんですが、2日前の木曜日に食べたばかりで
あまりに美味しかったので、近くに用事があって今度は家族でやって来ました。

KitahamaBukkoshi_003_org.jpg
十三にある濃厚豚骨ラーメンの ばっこ志
西心斎橋にある濃厚鶏白湯の ぼっこ志 に続いて
牛骨ラーメンがこちらの ぶっこ志 になります。

KitahamaBukkoshi_002_org.jpg
牛骨のみの牛白湯、牛骨&魚介の牛塩清湯か選んで食券を購入します。

KitahamaBukkoshi_005_org.jpg
で、煮玉子入り牛白湯

KitahamaBukkoshi_006_org.jpg
ラーメンなのに真っ白なスープ

牛骨のみのスープを最大限乳化させることで、出来上がる色だそうで
これがメチャクチャ美味しい!
あまりにも美味しくてゴクゴクスープばかり飲んでしまいます。

KitahamaBukkoshi_007_org.jpg
もちもちの自家制平打ち麺

KitahamaBukkoshi_008_org.jpg
具材は煮玉子・ヤングコーン そして
牛の旨味タップリなレアチャーシュー

KitahamaBukkoshi_004_org.jpg
いくら美味しくてもスープに飽きてくるので
カリカリ梅・昆布を食べてから飲むと、更にスープが美味しくなります。

KitahamaBukkoshi_009_org.jpg
娘曰く 「今まで食べたラーメンのベスト3に入るわぁ」
[ 2018/01/24 12:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(4)

汁なし坦々麺 と よだれ鶏のディナーセット/杏亭(愛知:名古屋駅)

名古屋出張のディナーは 四川坦々麺 杏亭 です。
名古屋駅太閤口から北へ徒歩約7分のところにあります。

NagoyaAnzutei_002_org.jpg
メニューを見ると、前菜・点心・飯物・一品料理・麺類と揃う中華料理屋さんではありますが、
周りで食べているのは坦々麺ばかり!ということでお得なセットを注文します。

NagoyaAnzutei_003_org.jpg
坦々麺ディナーセット

NagoyaAnzutei_004_org.jpg
汁あり・汁なし・焼豚入り醤油ラーメンから選べるので
汁なし坦々麺

NagoyaAnzutei_007_org.jpg
プ~ンと漂うのはラー油のいい香り。
名古屋だからなのか きしめん のような平打ち麺。

見た目ほど辛くはなく、肉味噌とタレが麺によく絡んでウマ~い!

NagoyaAnzutei_005_org.jpg
坦々麺と同じようなラー油だらけのタレの よだれ鶏

NagoyaAnzutei_008_org.jpg
よだれが出るほど美味しい~!ということは思いませんが
山椒が効いて白ご飯にメチャクチャ合います!

NagoyaAnzutei_006_org.jpg
ラー油だらけの料理を食べたデザートは 杏仁豆腐 でクールダウン
NagoyaAnzutei_001_org.jpg NagoyaAnzutei_000_org.jpg
坦々麺・よだれ鶏ともに美味しかったので
他の料理はどうなんやろう?と気になってしまいます。
[ 2017/11/04 09:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

豚骨臭くて脂が浮いて揚げニンニクの玉名ラーメン/桃苑(熊本:玉名)

熊本出張のランチは 桃苑 です。
TamanaTouen_002_org.jpg TamanaTouen_004_org.jpg
店内に入る前から「豚骨クセ~!!」と心の中で叫び、入ることを
少し躊躇しますが、入ってみるとテーブル7卓・カウンター5席には
こんな臭いに慣れ親しんでいる男たちがズルズルすすっています。

TamanaTouen_003_org.jpg
初めての玉名ラーメンなので、ノーマルにいってみようと・・・

TamanaTouen_005_org.jpg
並ラーメン & ぎょうざ

TamanaTouen_008_org.jpg
ラーメンを持ってきてくれると店員さんが「揚げニンニクはどうしますか?」
仕事中でこの後もお客さんと商談室に籠る予定ですが、
豚骨臭で思考能力がマヒしてしまったのか、「お願いします」

まぁ、揚げニンニクがないと玉名ラーメンらしくないので仕方がない・・・

TamanaTouen_007_org.jpg
スープ表面にはギッシリと脂が覆っています。

TamanaTouen_009_org.jpg
スープを飲んでみると臭いと見た目とは裏腹に以外とアッサリしています。
揚げニンニクと一緒に飲むとより美味しくなって、あぁ熊本や~!!

TamanaTouen_006_org.jpg
丸みを帯びた一口サイズの餃子は、ラーメンのインパクトが
強すぎて、逆に目立つことがなく、普通に美味しい。
TamanaTouen_000_org.jpg TamanaTouen_001_org.jpg
何回か通うと、この豚骨臭を何とも思わなくなるのでしょう・・・きっと。
[ 2017/07/21 01:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

「ひっぱりうどん」を進化させた 山形ひっぱり混ぜそば/烈火(大阪:豊中,庄内)

スマホの地図を見ずに確かこの辺のはずと思いながら
庄内駅を降りて、176号線の方からグルッと回ってくると

ShonaiRekka_008_org.jpg
ラーメン屋さんがあったので、「コレかぁ?・・・違うなぁ」
その隣にもラーメン屋「あれ?違う。間違ったぁ?」
ShonaiRekka_002_org.jpg ShonaiRekka_001_org.jpg
と迷いかけた3軒目に見つけた 烈火 でランチです。
阪急宝塚線「庄内駅」から南東へ徒歩2分のところにあります。

ShonaiRekka_000_org.jpg
平日の13時なのにL字型カウンター11席の最後の1席を確保できました。

山形と言えば、修学旅行で行った将棋で有名な天童市とウド鈴木しか
大阪に住んでいる私には馴染みがないので、山形がついたメニューを注文。

ShonaiRekka_003_org.jpg
山形ひっぱり混ぜそば

ShonaiRekka_005_org.jpg
手前には納豆・サバの身・辛味噌の玉が並び
その上にネギと卵黄、向こうには刻み海苔

ShonaiRekka_006_org.jpg
底からグチャグチャに混ぜまして、納豆の味が強い中にも鯖と辛味噌を感じつつ
納豆のヌルヌルのおかげで留まることもなく胃袋に吸い込まれてしまいます。

『ひっぱり』いう名前なので、麺がゴムみたいなのかと想像してたら
山形名物の『ひっぱりうどん』の由来を読むとそうでもないらしいです。

ShonaiRekka_004_org.jpg
もれなく付いてくる 〆ご飯 と 梅昆布酢

ShonaiRekka_007_org.jpg
これもグチョグチョに混ぜまして
ご飯だけで食べると、予想通り麺のときと同じ味だったので
梅昆布酢を少し入れて、これならイケる!と判断して大量投入!
すると、サッパリが加わって麺のときに入れても合う美味しさです。

次は、山形の基本の味っぽい 鳥中華も食べてみたくなりますね。
[ 2017/04/29 09:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム