FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  ラーメン

極太麺のイタリアンまぜそば は マゼボナーラ/まな屋(愛知:北名古屋)

名古屋出張のランチは 極太麺 まな屋 です。

12時頃に着くと、L字カウンター14席は満席で
食券を買ってから店内の待合席に座って待機します。

KitaNagoyaManaya_001_org.jpg
まぜそば専門店でベースとなるのは
濃厚醤油だれ・潮香る塩だれ・イタリアンまぜそば
となれば、これは珍しいイタリアンでしょう!

KitaNagoyaManaya_002_org.jpg
で、 またの名を マゼボナーラ

ランチは追い飯付きで

KitaNagoyaManaya_003_org.jpg
どうみてもカルボナーラ

KitaNagoyaManaya_004_org.jpg
やっぱりカルボナーラ

『まぜそば』の美味い食べ方 に従って
よく混ぜる!とにかく混ぜる!

KitaNagoyaManaya_005_org.jpg
美味しそうなカルボナーラではなくマゼボナーラ

KitaNagoyaManaya_006_org.jpg
もちもちな極太麺でメチャクチャ美味しい~
・・・でもお箸で食べると 洋麺屋 五右衛門 みたい。

KitaNagoyaManaya_007_org.jpg
ほぼカルボナーラなんやけど何か足りない・・・
そうや~!黒胡椒!

KitaNagoyaManaya_008_org.jpg
こんなに調味料があるのに無~い!
試しに普通の胡椒をかけてみたけど、違~う!

KitaNagoyaManaya_009_org.jpg
〆は 追い飯 投入~

KitaNagoyaManaya_010_org.jpg
立派なリゾットの完成
濃厚で美味しい~!!

KitaNagoyaManaya_011_org.jpg KitaNagoyaManaya_000_org.jpg
ブログには載せていないけど、本町のラパスにも
久しぶりに行ってみたくなったイタリアンなまぜそばでした。
スポンサーサイト
[ 2019/07/22 23:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

胡瓜ゴロゴロなサッパリ冷やし油そば/ちかみち(奈良:川西町)

先日のランチは ちかみちらーめん です。
近鉄橿原線「結崎駅」から西へ徒歩18分のところにあります。

以前は よりみち喫茶店 の敷地内で屋台営業していたそうで
今は同じ敷地内での実店舗での営業になったようです。

KawanishiChikamichi_002_org.jpg
大きくは 塩・醤油・つけ麺・油そば とあり、
更に中細麺・平打麺まで選ぶとなると迷います。
KawanishiChikamichi_003_org.jpg KawanishiChikamichi_004_org.jpg
そんなときに下の方を見ると、暑い夏にはええなぁ~

KawanishiChikamichi_006_org.jpg
ということで 冷やし油そば

KawanishiChikamichi_007_org.jpg
底に貯まったタレとよく絡むように混ぜ混ぜしまして
煮干し風味で甘酸っぱくサッパリとしてます。

冷やし中華よりもコッテリ
そうめんよりも食べ応えあり
普通の油そばよりもサッパリ
なんで夏にはいいと思います。

乱切りのキュウリの存在感が大きいので、
食後はボリボリボリボリの音が耳に残ります。

KawanishiChikamichi_005_org.jpg KawanishiChikamichi_008_org.jpg
セルフでスープ割りをすると、冷やし油そばとは
全然違ったイメージの不思議とホットするスープに変身です。

KawanishiChikamichi_000_org.jpg KawanishiChikamichi_001_org.jpg
煮干しの出汁で炊いたたまごかけごはんを
食べとけばよかったぁとちょっと後悔・・・
[ 2019/07/20 09:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

シンカーとは はまぐりクリーミー 鶏白湯そば/ストライク軒(大阪:天神橋筋六丁目)

先日のディナーは ストライク軒 です。
地下鉄「天神橋筋六丁目」から南へ徒歩2分の天神橋筋沿いにあります。

Ten6Strike_002_org.jpg
まずは券売機にて、ストレート or シンカー を選びます。
ストレートは 昔ながらの関東風煮干し風味中華そば
シンカーは はまぐりクリーミー 鶏白湯そば
Ten6Strike_004_org.jpg Ten6Strike_003_org.jpg
カウンター正面には大きなテレビがあり
その周りを有名人のサインが囲んできます。

Ten6Strike_005_org.jpg
シンカー(味玉)

Ten6Strike_008_org.jpg
トッピングはチャーシュー・キャベツ・ハマグリで
追加で味玉にしたので彩りがよくなりました。

Ten6Strike_006_org.jpg
ラーメンなのにあっさりめの
クラムチャウダーを飲んでいるかのようです。

Ten6Strike_007_org.jpg
このスープには細麺やろうなぁとと思いきや
中太麺でチュルチュルと食べちゃいます。

Ten6Strike_000_org.jpg Ten6Strike_001_org.jpg
ストレートはなんとなくわかるけど、なんでカーブじゃなくて
シンカーなんやろうと思ったら、進化系なんでシンカーだそうです。
[ 2019/06/01 09:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

孤独のグルメの井之頭五郎も食べた台湾ラーメン&にんにく炒飯/光陽(愛知:名古屋,西区比良)

名古屋出張のディナーは 光陽 です。

HiraKoyo_003_org.jpg
お水は中ジョッキでドーン!

どこにでもありそうな中華料理屋さんなんですが
18時でも満席で並んでいる人もいます。

HiraKoyo_005_org.jpg
なぜなら 孤独のグルメ 大晦日スペシャル2018 京都・名古屋出張編
あの井之頭五郎(松重豊さん)がやってきたからです。

私もその影響で来たんですけど・・・

だから 五郎さんセット もあります。

HiraKoyo_002_org.jpg HiraKoyo_004_org.jpg
そのセットでもよかったんですが、
酢鶏はやめて ラーメン&炒飯を注文します。

HiraKoyo_006_org.jpg
それでもカウンターに置かれた焼豚に心が揺れましたがガマンします。

HiraKoyo_007_org.jpg
で、台湾ラーメン & ピリカラにんにく炒飯

よくよく考えてみると辛いラーメン&辛い炒飯とは、
ちょっとバカっぽい注文かも?

HiraKoyo_008_org.jpg
以前に 味仙 で食べた台湾ラーメンの辛さには苦労したので
今回は標準的なノーマルです。

HiraKoyo_012_org.jpg
おぉ、甘みを感じるほどよい辛さでこれならOKです。

HiraKoyo_011_org.jpg
寧ろ ちょい辛 でもいいぐらいで
辛さよりも美味しさを充分に味わえます。

HiraKoyo_009_org.jpg
なんの変哲もないような炒飯

HiraKoyo_010_org.jpg
これまたピリカラはほぼゼロだけど、ニンニクたっぷりで
個人的には台湾ラーメンよりもこっちが好みです。

炒飯食べて、ラーメンスープ飲んで
炒飯食べて、ラーメンスープ飲んで
炒飯食べて、ラーメンスープ飲んで

この王道パターンがよく合う組み合わせで美味しさ増し増しです。

HiraKoyo_001_org.jpg HiraKoyo_000_org.jpg
改めてメニューを見てみると カンタン麺とバリソバって何やろう?

☆今までの「孤独のグルメの巡礼」☆
牛たんセット/萃萃(宮城:仙台)
ごぼう天うどん/みやけうどん(福岡:博多,呉服町)
[ 2019/05/19 16:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

神様からの贈り物ラーメン&羽釜で炊いた銀シャリ/オコメノカミサマ(大阪:都島)

先日のランチは オコメノカミサマ です。
地下鉄谷町線「都島駅」の出口を上がったところにあります。

MiyakojimaOkome_002_org.jpg
神様からのおくりもの or 米白湯 どちらのラーメンがいいですか?
って聞かれたら ネーミング優先で 神様からのおくりもの でしょう。

それに羽釜で炊いた銀シャリをセットにできるとなったら
そんなに食べられるか?とは思いますが、頼んでしまいます。

「銀シャリは炊き上がるまで10分かかりますが
ラーメンと一緒がいいですか?別々でいいですか?」
「先にラーメンで別々でいいです」

MiyakojimaOkome_004_org.jpg
ラーメン屋さんというよりはカフェみたいで
MiyakojimaOkome_003_org.jpg MiyakojimaOkome_005_org.jpg
ディズニーランドっぽい音楽が流れているので
壁のプロジェクションマッピングとかを見ていると
どこかのアトラクションに入っているような気分になります。

MiyakojimaOkome_006_org.jpg
神様からの贈り物ラーメン

MiyakojimaOkome_007_org.jpg
レンコン・ヤングコーン・水菜と一緒にトッピングされているのが
スパイシーな おむすび型なんこつつくね

MiyakojimaOkome_008_org.jpg
米エキスがたっぷり入った濃厚スープ
これがお米?って思いながらもメチャクチャ美味しい!
しかも、後味がひつこくないので胃にも優しそうです。

MiyakojimaOkome_009_org.jpg
麺にねっとりスープが絡んで明らかにラーメンなのに
不思議な感覚でスープまで飲み干しそうになりますが
羽釜で炊いた銀シャリの食べ方を読むと残しておくことに気づきます。

MiyakojimaOkome_010_org.jpg
羽釜で炊いた銀シャリ

MiyakojimaOkome_011_org.jpg MiyakojimaOkome_012_org.jpg
羽釜を開けて、熱々の羽釜に気を付けながらご飯を混ぜて
蓋を閉じて2分ほど蒸らします。お茶碗に1杯半ぐらいの量です。

MiyakojimaOkome_013_org.jpg
まずは、そのまま食べて・・・なるほど
次に土佐の天日塩と一緒に食べて・・・そうかそうか
更に肉みそと一緒に食べて・・・ほほー

MiyakojimaOkome_014_org.jpg
有明の高級海苔で巻いて・・・おぉーいい感じ

MiyakojimaOkome_015_org.jpg
最後は羽釜に残ったスープを入れて・・・こりゃいいわぁ

MiyakojimaOkome_001_org.jpg MiyakojimaOkome_000_org.jpg
お米一粒には7人のお米の神様がいるそうで「ありがとう」と
言葉をかけると更に美味しくなるそうなので
きっと、いっぱい「ありがとう」と言われたことを
感じることができるランチでした。
[ 2019/05/15 12:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム