おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  30-和歌山.高野山

【天空に乗って⑧】生麩まんじゅう『笹巻あんぷ』/麩善(和歌山:高野山)

森下商店でごま豆腐 を買ってから、次のお土産は 麩善 かるかや堂前店 です。

KoyasanFuzen_003_org.jpg KoyasanFuzen_002_org.jpg
森下商店から東へ徒歩7分の店名通り「苅萱堂前」バス停近くにあります。

KoyasanFuzen_000_org.jpg
これが 苅萱堂(かるかやどう)、ここにも こうやくん がいます。

KoyasanFuzen_001_org.jpg
今すぐにも食べたいし、お土産にもしたいし
ということであれば、通常品でいいそうです。

KoyasanFuzen_007_org2.jpg
笹巻あんぷ(5個入り)

家に帰ってから、冷凍庫に入れておけば
3ヶ月保存できて、自然解凍で食べるそうです。

壇上伽藍(だんじょうがらん) からバスに乗ってきた
みんなと奥の院の一の橋前で合流して・・・

KoyasanFuzen_004_org2.jpg
みんなに分けて、

KoyasanFuzen_005_org2.jpg
笹を開いて、

KoyasanFuzen_006_org2.jpg
もっちりとした生麩と軽い甘さのこし餡の組み合わせがいいですよねぇ。

この後、一の橋から表参道を歩いて御廟 に向かいました。
決して、笹巻あんぷ を食べながら歩いたわけじゃないですよ!

以上で、【天空に乗って高野山へ】は終了で~す。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/20 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(1) | CM(4)

【天空に乗って⑦】こちらの ごま豆腐 も大人気!/森下商店(和歌山:高野山)

お土産を買うために 壇上伽藍 でみんなとわかれて、
金剛峰寺を通って、まずは 森下商店 です。

KoyasanMorishita_000_org.jpg
金剛峰寺から東へ徒歩4分の「千手院橋」バス停 近くにあります。

KoyasanMorishita_001_org2.jpg
13時過ぎだと 生ごま豆腐 は売り切れだったので、
常温で2週間日持ちする真空パックの ごま豆腐 にしました。

KoyasanMorishita_002_org2.jpg
6個入りです。

意外と重いので、帰りがけに買いたかったのですが、この日の行程を考えると
営業時間中に寄れるかどうか微妙だったので先に買っときました。

これを5箱買って、持ったまま、奥の院の御廟まで歩いてたので我ながらようやるわぁ~!

KoyasanMorishita_003_org2.jpg
食べやすく1個ずつパックされています。

KoyasanMorishita_004_org2.jpg
早速、冷やしてから夕食に食べました。
濱田屋 ほど濃厚ではないですが、
この舌にまとわり付くような食感がいいですよねぇ!

でも、6個を家族3人で割ると・・・あと1個かぁ。
もう1箱買えばよかったかなぁ。

ここから東へ徒歩7分のところにある 麩善
次のお土産の 笹巻あんぷ を買いました。
関連記事
[ 2013/06/19 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(0) | CM(4)

【天空に乗って⑥】笹ずし & 玉子巻/小倉屋(和歌山:高野山)

大門 に行ったあと、小倉屋 大門店 に寄って 笹ずし を買いました。
ランチに つくも食堂で釜めし を食べたばかりなので、翌日の朝食用です。

大門からだと東へ徒歩6分の「愛宕谷」バス停前にあります。

KoyasanOguraya_001_org.jpg KoyasanOguraya_002_org.jpg
13時頃に行ってみると既に品薄でしたが・・・
KoyasanOguraya_007_org2.jpg KoyasanOguraya_006_org2.jpg
ギリギリ目的の 笹ずし、もう一つの名物だという 玉子巻 は買うことができました。
これだけだと5人の朝食には寂しすぎるので・・・
KoyasanOguraya_004_org2.jpg KoyasanOguraya_005_org2.jpg
笹ずし とくれば 柿の葉ずし ということで
橋本駅近くの ヤマトたなか で買って食べ比べてみました。

KoyasanOguraya_008_org2.jpg
朝からなんとも贅沢な!

左上:笹ずし(小倉屋)、右上:玉子焼き(小倉屋)
左下:柿の葉ずし(やまと)、右下:柿の葉ずし(たなか)

KoyasanOguraya_009_org.jpg
まずは、さけ

左から、小倉屋、やまと、たなか

正直に言いましょう!目を瞑って食べればどれも同じ!

KoyasanOguraya_010_org.jpg
次に、さば

左から、小倉屋、やまと、たなか

もう一度言いましょう!うーんわからん!

KoyasanOguraya_013_org2.jpg
ついでに、葉っぱ

左から、小倉屋、やまと、たなか

これは一目瞭然!
いちばん丁寧な包み方は やまと でした。

KoyasanOguraya_011_org.jpg
玉子巻 はちょっと甘め、

KoyasanOguraya_012_org.jpg
笹ずし の エビシイタケ
甘辛いエビの食感は楽しく、甘いシイタケは煮汁がたっぷりでどちらも美味しいですよ。

KoyasanOguraya_003_org.jpg KoyasanOguraya_000_org.jpg
あまり数量を作っていないそうなので、お早目にどうぞ!

ここから2分ほど歩いて、壇上伽藍(だんじょうがらん) に移動しました。
関連記事
[ 2013/06/18 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(1) | CM(2)

【天空に乗って⑤】高野山でのおやつは胡麻豆腐/濱田屋(和歌山:高野山)

奥の院 に行った後、バスで移動し、「小田原通り」バス停で降りて、
南へ徒歩2分のところにある 濱田屋 で休憩です。

KoyasanHamadaya_000_org.jpg
こちらには真空パックはなく、すべて生胡麻豆腐なので
その場で食べるか、保冷容器で持って帰って
翌日までに食べるしかない、という徹底ぶりです。

ちなみに、保冷容器を持参していない場合には容器を有料で販売してくれます。

KoyasanHamadaya_001_org.jpg
お土産用のごま豆腐は 森下商店 で買ったので
濱田屋さんでは店内で食べることにします・・・というか初めから決めてましたけど。
といってもテーブルやカウンターがあるわけではなく出窓っぽいところに腰かけて食べます。

KoyasanHamadaya_004_org.jpg
ノーマルな わさび添え

KoyasanHamadaya_005_org.jpg
デザート風な 和三盆添え

KoyasanHamadaya_006_org.jpg
土日限定の 抹茶胡麻豆腐(和三盆+ミルク)

生だからなのか、このお店だからなのか
濃厚なマッタリ感がすごく、めちゃウマです。

高野山で胡麻豆腐の味比べもいいかもしれませんね。

KoyasanHamadaya_003_org.jpg
また、ちょっと変わったお茶は徳島の 阿波晩茶 だそうです。

KoyasanHamadaya_002_org.jpg
店先では、胡麻豆腐に使用しているお水を飲むこともできます。

この後、バス → ケーブルカー → 普通の電車 で下山しました。

ちなみに往路復路とも 天空 を利用してしまうと
高野山上での滞在時間が最大3時間半ぐらいしかなくて、
あちこち行けませんので、ご注意を。

いつもクルマばかりですけど、こういう散策もいいもんですね。

明日からは、小倉屋の笹ずし森下商店のごま豆腐麩善の笹巻あんぷ
順番にアップしていきま~す。
関連記事
[ 2013/06/17 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(1) | CM(2)

【天空に乗って②】地どり釜めし定食/つくも食堂(和歌山:高野山)

天空の乗って やって来た高野山でのランチは つくも食堂 です。
「大門」バス停から東へ徒歩1分のところにあります。

KoyasanTsukumo_003_org2.jpg KoyasanTsukumo_004_org.jpg
名物は釜めしですが、うどんや丼もあります。

KoyasanTsukumo_006_org2.jpg
地どり釜めし定食 1,400円
注文してから・・・5分ぐらいで運ばれてきました。

KoyasanTsukumo_007_org2.jpg
キレイな彩りで、まるで炊き立てのようです。

KoyasanTsukumo_010_org2.jpg
しかも、ちゃんとおこげまであります。
ちょっと水分が多めですけど、なかなか美味しいですよ。
しかもお茶碗にたっぷり3杯もあります。

KoyasanTsukumo_008_org.jpg
また、このお味噌汁も釜めしにピッタリの美味しさです。

KoyasanTsukumo_009_org2.jpg
高野山なんで ごま豆腐
ちょっとあっさりめですが、美味しいですよ!
でも、なぜ子どもの頃はこれが嫌いだったのか不思議ですね。
これはお土産に買わないと!

KoyasanTsukumo_005_org2.jpg
こっちは 山菜釜めし

KoyasanTsukumo_002_org2.jpg KoyasanTsukumo_012_org2.jpg
各テーブルにはラップが置いてあるので、そんな方は
自分でおにぎりにして持ち帰ることができます。

KoyasanTsukumo_011_org2.jpg
これは娘の 親子丼
かなり美味しかったようで、少しも分けてくれませんでした。

KoyasanTsukumo_001_org2.jpg KoyasanTsukumo_000_org2.jpg
お腹いっぱいになったので、次は、腹ごなしに、まずは すぐ近くの 大門 から散策します。
関連記事
[ 2013/06/14 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム