FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  27-大阪.g-南河内.01-富田林

西海岸のようなカフェで半熟玉子サンド/オニジャス コーヒー ヴィレッジ(大阪:富田林)

近鉄長野線「喜志駅」から北東へ徒歩5分の外環沿いにある
オニジャス コーヒー ヴィレッジ(ONIJUS COFFEE VILLAGE)
ランチをすることにしたのですが、お店のホームページを見ると
11時までがモーニング、11時からがランチメニューなので
どっちが食べたいが家族にアンケートをしてみると
モーニングメニューがいい!ということで11時ギリギリにやってきました。
TondabayashiOnijus_004_org.jpg TondabayashiOnijus_005_org.jpg
ちょうどお客さんが入れ替わるタイミングだったようで
富田林とは思えない爽やかな風を感じそうな店内は数組のみ。

TondabayashiOnijus_002_org.jpg TondabayashiOnijus_003_org.jpg
一応メニューを確認しましたが、もう決まっているので注文します。

TondabayashiOnijus_006_org.jpg
お冷やはフラスコ

11時を過ぎるとランチを目的としたお客さんがぞくぞくとやってきます。

TondabayashiOnijus_007_org.jpg
半熟玉子サンド&アイスカフェオレ

TondabayashiOnijus_008_org.jpg
写真だけ見ると日本とは思えません・・・

TondabayashiOnijus_009_org.jpg
パンから半熟玉子がはみ出てブラックペッパーがパラパラと。
中央のポテトチップスが口直しになってます。

TondabayashiOnijus_010_org.jpg
半熟玉子ばかりが目立ってますが、
実はカリカリベーコンも挟んでありましてメチャクチャ美味しい!

TondabayashiOnijus_011_org.jpg
奥さんと娘は、以前に私が 浅草のラグランドカリス で食べた
クロックムッシュを覚えていたので、クロックマダム

TondabayashiOnijus_012_org.jpg
2枚のパンの間からはホワイトソースが流れてきまして
ビジュアルでも美味しさでも楽しめたようです。

TondabayashiOnijus_001_org.jpg TondabayashiOnijus_000_org.jpg
西海岸をイメージしたお店なんですが、共同駐車場で
他のお店はとんかつ・お好み焼き・焼き鳥屋さんです・・・
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/10/02 11:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(0)

軟骨が入ったコリコリのリング状地鶏ハンバーグ/めしどき(大阪:富田林)

先日のランチは 大衆食堂 めしどき です。
錦織公園南側の外環(国道170号線)沿いにあります。
TondabayashiMeshidoki_002_org.jpg TondabayashiMeshidoki_001_org.jpg
L字型の建物の繋ぎ目の角にあるお店でカウンター4席、テーブル4卓あり
日曜だったこともあり、テレビでは上沼恵美子さんが喋りまくってます。

TondabayashiMeshidoki_000_org.jpg
約30種類の定食はご飯・お味噌汁・キャベツが食べ放題、
更に食べ放題ではないけど500円定食までもあります。

TondabayashiMeshidoki_003_org.jpg
イチ押しの 地鶏ハンバーグ定食

TondabayashiMeshidoki_004_org.jpg
熱々の鉄板と同じ形の地鶏ハンバーグ

TondabayashiMeshidoki_005_org.jpg
リング状のハンバーグの中央には半熟卵とネギ

TondabayashiMeshidoki_006_org.jpg
柔らかいハンバーグを想像してたら、強い弾力があるので
スプーンで切るように食べますと、軟骨がコリコリしてメチャクチャ美味しい!

TondabayashiMeshidoki_007_org.jpg
更に、ハンバーグの中央の穴から溢れ出たスープが
美味しいのでご飯が進むので食べ放題な理由がわかります。

TondabayashiMeshidoki_009_org.jpg TondabayashiMeshidoki_008_org.jpg
夜も定食があるようで魅力的なメニューが多いので
お腹をペコペコにして来たくなるお店です。
関連記事
[ 2019/07/06 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

ゆったりと和やかな気分で一汁五菜ランチ/Cafe yu(大阪:富田林)

先日のランチは Cafe yu(ユー) です。
TondabayashiYu_000_org.jpg TondabayashiYu_001_org.jpg
南海高野線「金剛駅」「滝谷駅」、近鉄長野線「川西駅」「滝谷不動駅」の
どこからでも歩くには遠い錦織公園の北側の入り口近くにあります。
TondabayashiYu_004_org.jpg TondabayashiYu_005_org.jpg
テラス席を含めて約30席あるお店ですが、ランチでも予約が多いみたいで
「次の予約まで1時間ありますので、それまでならいいですよ」と入店です。

TondabayashiYu_003_org.jpg TondabayashiYu_002_org.jpg
ランチは、メインが選べる一汁五菜ランチ、本日の気まぐれランチが2種類と
4種類のホットサンドがあるようですが、おススメは一汁五菜ランチだそうです。

TondabayashiYu_006_org.jpg
注文するとしばらくして持ってきてくれたのが箸ケース。
この包み方で出されると、私も奥さんと娘も
小豆島の菜の花の信玄弁当箱 を思い出してしまいました。

TondabayashiYu_007_org.jpg
一汁五菜ランチ

TondabayashiYu_008_org.jpg
メインは、チキンカツ梅肉ソース

TondabayashiYu_009_org.jpg
サラダに小鉢2品と漬け物、お味噌汁の具は大根。
これで、一汁五菜!

まずは、何より手作り玉ネギドレッシングがかなり美味しい~!
更にお味噌汁も優しい味付けで美味しいのでメインが期待できます。

TondabayashiYu_010_org.jpg
梅肉ソースをつけたチキンカツはサクサクして美味しい~!
しかも、ギトギトしていないので
お店のコンセプト通りの健康的な食事になっています。

TondabayashiYu_011_org.jpg
南大阪のおいしいお店5 に掲載されてしかも表紙になったようなので、

TondabayashiYu_012_org.jpg
店内を探すと、テラス席での食事の様子みたいです。
関連記事
[ 2017/03/11 09:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

海老・イカ・ホタテが泳ぐ 海カレー/ビストロ Be屋(大阪:富田林)

先日のランチは ビストロ Be屋n(べーやん)です。
近鉄長野線「富田林西口駅」から北へ徒歩4分のところにあります。
TondabayashiBeyan_003_org.jpg TondabayashiBeyan_004_org.jpg
カウンター10席の店内には猫グッズだらけ。
猫の鳴き声が時々聞こえるのでホンモノを
探していたら入り口の人形でした。

TondabayashiBeyan_002_org.jpg
ココに載っているのは定番メニューで、
これ以外にも店内のアチコチにはカレーに
関係ないメニューもあったりして選ぶのもちょっと大変。

TondabayashiBeyan_006_org.jpg
海カレー(スープ付)

無料だというのでライスは大盛りで。

TondabayashiBeyan_007_org.jpg
カレーに目を奪われますが、お皿も猫

TondabayashiBeyan_008_org.jpg
この楽しそうなビジュアルなのに『海カレー』とは
もうちょっと名前を考え直したほうがええんちゃうかなぁ?
とは思いながら海を泳ぎ、島を崩して、もうちょっと辛さが欲しいので

TondabayashiBeyan_005_org.jpg
そんなときには辛味調整スパイスをパッパッと振りかけて
お腹いっぱいで終了と思っていたら・・・

TondabayashiBeyan_009_org.jpg
ミニコーヒー に 柿 と 洋梨のコンポート

これで750円とはスゲー!!
TondabayashiBeyan_001_org.jpg TondabayashiBeyan_000_org.jpg
海カレーがこんな感じであるのであれば
メニューが文字だけなんで他のカレーの実物も気になる~!!
関連記事
[ 2016/12/17 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

メニューの写真よりも立派な 大穴子天丼/五福(大阪:富田林)

先日のランチは 天ぷら海鮮 五福 富田林店 です。
近鉄長野線「川西駅」から北へ徒歩11分の外環沿いにあります。
5fukuTondabayashi_004_org.jpg 5fukuTondabayashi_003_org.jpg
焼肉 五苑 系列のお店で、日曜日の12時頃になると
家族ずれでほぼ満席になってしまうぐらい人気があるようです。

かけ醤油・甘露醤油、塩・蟹塩、海鮮なぶらふりかけ
と調味料にもこだわりがありそうで期待が持てます。

5fukuTondabayashi_002_org.jpg
天ぷらがメインではありますが、海鮮丼もあります。
また、夜だと居酒屋メニューもあるようです。

5fukuTondabayashi_007_org.jpg
いつもと同じアングルだとメインが撮れなくなってしまいました。
ちなみに主役にような中央の徳利は天丼のタレです。

5fukuTondabayashi_005_org2.jpg
大穴子天丼(汁もの付き)

ご飯は無料で大中小と選べますが、ボリュームが
ありそうなお店であることを察知したので"中"で。

5fukuTondabayashi_006_org.jpg
大穴子 と 長なす がダブルセンター
でもなんか違和感が・・・メニューの写真よりも立派過ぎる!

5fukuTondabayashi_008_org.jpg
縁の下で支えているのが 南瓜・半熟玉子・いか
大穴子に隠れていますが しし唐 もいます。

まだ違和感が・・・あぁコレかぁと

5fukuTondabayashi_009_org.jpg
タレをかけると天丼っぽくなりました。
塩で食べたい人はタレは不要ですね。

5fukuTondabayashi_010_org.jpg
揚げ立てで熱くて美味しいのはいいんですが、
こんなにボリュームのある天ぷらですとご飯"中"は全く比率が合いませ~ん!
天ぷらが余ってしまいますので考えながら食べることをおススメします。
5fukuTondabayashi_000_org.jpg 5fukuTondabayashi_001_org.jpg
天ぷらを美味しく食べさせてくれるお店であるのであれば
福岡のひらお神戸のまきの大和郡山のゑびすや京都のからり
のように美味しい漬け物が食べ放題であると更に嬉しくなるのかと。
関連記事
[ 2016/12/11 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム