FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  27-大阪.b-北摂.05-茨木

特製かしわ天カレーうどん は 白ごはんと一緒に/唐庵(大阪:茨木)

先日のランチは 釜あげ饂飩 唐庵(とうあん) です。
阪急京都線「茨木市駅」から南へ徒歩16分のところにあります。

移転前のお店には行ったことがあるので約15年振りぐらいの訪問です。

IbarakiTouan_002_org.jpg IbarakiTouan_003_org.jpg
これ以外にも温かいうどん、冷たいうどんもたくさんありますが
カレーうどんだけで1ページ使っています。

IbarakiTouan_004_org.jpg
商いますます繁盛 の通り、店内はお客さんでいっぱいです。

IbarakiTouan_005_org.jpg
特製かしわ天カレーうどん + 白ごはん付

IbarakiTouan_007_org.jpg
カレーうどん用とカレーライス用の2つの木の匙

IbarakiTouan_006_org.jpg
大葉の天ぷらと刻みネギの緑がいい彩りで
このとろみ具合から美味しいのが伝わってきます。

IbarakiTouan_009_org.jpg
しっかりコシのあるうどんはメチャうまで
スパイシーなカレーにもよく合ってウマさ倍増です。

IbarakiTouan_008_org.jpg
サクサクのかしわ天がまた美味しい!

IbarakiTouan_010_org.jpg
で〆はかしわ天、大葉天を残してカレーライスで。
確実に2人前は食べているので腹いっぱい!
IbarakiTouan_001_org.jpg IbarakiTouan_000_org.jpg
メニューを見直すと たっぷりきの子とベーコンの白カレーうどん
っていうのが気になって仕方がないので、また来ますね。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/07/16 23:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

真っ黒イカスミコロッケ・・・歯は黒くなりません/はなせ(大阪:茨木)

先日のランチは はなせ です。
JR茨木駅・阪急茨木市駅からそれぞれ徒歩13~15分のところにあります。
IbarakiHanase_012_org.jpg IbarakiHanase_003_org.jpg
座敷10席と細い中央通路のU字カウンター10席
高級感もありながら、落ち着ける雰囲気です。
IbarakiHanase_008_org2.jpg IbarakiHanase_004_org.jpg
カウンターの下には食器がギッシリ!
こんな和風なお店のBGMはジャズ。

IbarakiHanase_002_org2.jpg
ランチはオムレツ・カレー・コロッケの3種類
イカスミが美味しそうなので歯が黒くなるのか黒くならないのか・・・

IbarakiHanase_005_org.jpg
まず、サラダ・前菜・香の物・ふりかけ
もうこの雰囲気だけでこのお店は正解でしょう!

IbarakiHanase_009_org.jpg
メインが登場して、真っ黒イカスミコロッケセット

ハイ、大正解!!

IbarakiHanase_006_org.jpg
薄いお餅の変わったサラダやなぁと思って食べると大根。

IbarakiHanase_007_org.jpg
めはり寿司・マグロフライ・カボチャサラダ
もうこれだけでも満足です!

IbarakiHanase_010_org.jpg
イカスミコロッケ

IbarakiHanase_011_org.jpg
お箸を入れるとサクッと崩れて、もちろん、真っ黒!
カレー味で柔らかく、口の中で溶けてしまい、ウマぁ~!!

IbarakiHanase_013_org.jpg
食後は、ホットコーヒー
青い時計は つまようじ
IbarakiHanase_000_org.jpg IbarakiHanase_001_org.jpg
これで1,000円ですからネ、近所に欲しいお店です。
関連記事
[ 2015/07/24 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

駅前の巨大な人形と巨大なハンバーガー/Berry's cafe(大阪:南茨木)

MinamiIbarakiBerrys_000_org.jpg
阪急京都線「南茨木駅」前ある巨大な人形
東日本大震災から再生・復興への夢と希望を与えるために
地元出身の ヤノベケンジ が製作した Sun Child(サン・チャイルド) というらしい。
ヤノベケンジと言えば、昨夏の小豆島旅行 でも彼の作品に出会ったなぁ。

MinamiIbarakiBerrys_012_org.jpg
で、駅から南へ1分ほど歩くとこちらのマンションの2階にある
ちょっとわかりにくい Berry’s cafe (ベリーズカフェ) でランチです。
MinamiIbarakiBerrys_004_org.jpg MinamiIbarakiBerrys_005_org.jpg
カウンター10席、テーブル5卓のアメリカンなお店で
こういう雰囲気だとBGMがガンガンに流れていそうですけど、かなり小さめ。

MinamiIbarakiBerrys_001_org.jpg MinamiIbarakiBerrys_002_org.jpg
ハンバーガーだけでなく、プレートランチに
サンドイッチとフードメニューは充実しています。

MinamiIbarakiBerrys_003_org.jpg
ドリンクは別らしく コーラ
お水は なみなみ に注がれてきました。

MinamiIbarakiBerrys_006_org.jpg
厨房からジュージューとハンバーグやベーコンを焼く音が聞こえてきて
もれなく フライドポテトがついてきた ベーコンチーズバーガー

MinamiIbarakiBerrys_007_org.jpg
コレ!実はメチャクチャ 丸いんです!じゃなくて デカイんです!

MinamiIbarakiBerrys_009_org.jpg
コーラのコップと比較するとこんな感じ~

MinamiIbarakiBerrys_008_org.jpg
大きなバンズだけでなく、高さもドドドドーン!

こういうときは、ガブっとかぶりついて
ただひたすらモクモク、ムシャムシャ・・・
美味しいけど、減らんなぁ~重いなぁ~疲れたなぁ~
とか思いながら腹いっぱいに完食!

MinamiIbarakiBerrys_011_org.jpg MinamiIbarakiBerrys_010_org.jpg
どうやら、店名の ベリーズバーガーだと
更にエッグ・アボガドが付いた全部入りでお得なようです。
関連記事
[ 2015/06/25 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(8)

『山椒ヤキメシ』はわかるけど、『ムツヤまき』って何?/ムツヤ(大阪:茨木)

先日のランチは ムツヤ です。
阪急京都線「茨木市駅」から南へ徒歩13分のところにあります。

IbarakiMutsuya_006_org.jpg
番犬が入口を塞いでいるからではなく
何も知らずに入るのには、少々勇気が必要な雰囲気です。
ちなみに、犬は置物。

カウンター4席、テーブル2卓で、AMラジオが流れてて
おじちゃん・おばちゃんでやっている、いわゆる食堂です。

IbarakiMutsuya_001_org.jpg
壁一面のメニュー
選ぶだけでも30分ぐらいかかりそうです。

悩んでいると、おじちゃんが小さめのジャガイモをコロコロとフライパンで炒め出して
これがメチャクチャ美味しそうですが、それっぽいメニューはありません。
思い切って聞こうとしたら、お店の奥に持っていったので賄いのようです。

気を取り直して、メニューをよく見ると赤枠で囲んであるメニューがあります。

IbarakiMutsuya_000_org.jpg
そして、カウンターの張り紙を見ると
『ちょっとだけおすすめしたいの』 とあります、ということで・・・

IbarakiMutsuya_003_org.jpg
おススメ からコチラ!

IbarakiMutsuya_002_org.jpg
山椒ヤキメシ
ちりめん山椒がいっぱいで、舌がピリピリと痺れまくって、刺激的~!

IbarakiMutsuya_004_org.jpg
そして、玉子焼き ではなく ムツヤまき
巻きっていうことは・・・

IbarakiMutsuya_005_org.jpg
中には餃子の餡が入っています!
もちろん、餃子のタレで食べて、
なんか不思議で、いいモノに出会ったようです。

どちらも、あるようでないような初めてのメニューでした。

それにしてもこれだけメニューがあると、いろいろと気になって、
カツ丼・天ぷら丼 が550円はいいとして
同じ価格の 白菜丼・ニラ丼 って何なんでしょう?
関連記事
[ 2014/07/31 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

窯火(とりたてのくり & ほりたてのいも)/プチ・フランス(大阪:茨木)

クロスバイクで鯖寿司自転車道を通って、さば処 十八里 で鯖寿司を買ってから
プチ・フランス 茨木舟木店 に寄りました。

阪急京都線「茨木市」駅から南東へ徒歩5分の「舟木町東」交差点にあります。
IMG_2496_org.jpg IMG_2498_org.jpg
ケーキから洋菓子まで何でもあって、
かなりの品数があり選ぶのに困ってしまいます。
安いものだとプチシュー(42円)なんてものもありました。
DSCF1721_org.jpg
上 : おてて       135円
左 : ほりたてのいも 158円
右 : とりたてのくり  158円
DSCF1719_org.jpg
ほりたてのいも/とりたてのくり はレンジで温めると
より一層美味しくなるそうなので
その通りチーン!(我が家はこんな音じゃないですけど)

どうでもいいことですけど、ほりたてのいも/とりたてのくり
ともにハライチのネタのフレーズっぽく読んでしまいませんか?
DSCF1742_org.jpg
とりたてのくり

丸ごとの栗を餡で包んでいて美味しく、
さくさくのパイとの組み合わせもいい食感です。
DSCF1743_org.jpg
ほりたてのいも

ペースト状にしたさつまいもタップリなんで
イモ好きには嬉しい一品です。
DSCF1739_org.jpg
おてて

いわゆるマドレーヌです。
上の2品が美味しかったので・・・まぁ普通です。
IMG_2499_org.jpg
他にも魅力的な商品が多かったので、
次はゆっくりと選んみたいですね。
関連記事
[ 2013/01/15 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム