おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  27-大阪.a-豊中・箕面・吹田

マグロ節の中華そばの〆はダイブ飯/吉岡マグロ節センター(大阪:豊中,蛍池)

先日のディナーは 吉岡マグロ節センター です。
「蛍池駅」から北へ徒歩3分の国道176号線沿いにあります。

その日は出張で20時頃発の飛行機に乗る予定だったんですが
予想よりもかなり早く空港に着きそうで、しかもハラペコ。

伊丹空港でご飯を食べるということはしたくないので
空港の隣りの駅の蛍池で途中下車してやって来ました。

HotarugaikeYoshioka_002_org.jpg
濃厚派の鶏白湯、サッパリ派のマグロ節、汁なし派のまぜそばと
大きくわけて3種類から選べますが、ココは店名通り マグロ節 でしょう。
HotarugaikeYoshioka_004_org.jpg HotarugaikeYoshioka_003_org.jpg
ちょうど誰もいなかったこともあるのか?
私が券売機で買っている間に水を置いてくれています。
見回すと長いカウンターのみのキレイなお店です。

グォーっとバーナーで炙る音が聞こえて・・・

HotarugaikeYoshioka_005_org.jpg
マグロ節の中華そば(味玉入り)

HotarugaikeYoshioka_006_org.jpg
大きく丸い炙りチャーシューはお箸でも簡単に崩せます。
味玉・ナルト・海苔・水菜、ちょっと珍しく 天かす。

HotarugaikeYoshioka_007_org.jpg
マグロ節が強い完全に和なスープ

HotarugaikeYoshioka_010_org.jpg
平打ちのツルツル麺とアッサリ食べられてしまいます。

HotarugaikeYoshioka_008_org.jpg HotarugaikeYoshioka_009_org.jpg
日本唐揚協会認定カラアゲニストが作るというので、からあげ(2個)
柔らかくジューシーなんで美味しい!
煮干し酢もどうぞ、ということなんでかけてみますと
・・・特に必要ないかも?

HotarugaikeYoshioka_011_org.jpg
50円ならばということで ダイブ飯

ダイブだからラーメンに飛び込ませたいところなのですが
こんなにキレイに盛りつけられていると・・・

HotarugaikeYoshioka_012_org.jpg
レンゲでスープをすくってご飯にひたひたにしましたぁ。
和スープなのでお茶漬けのようになります。

HotarugaikeYoshioka_000_org.jpg HotarugaikeYoshioka_001_org.jpg
美味しい中華そばを食べてから、伊丹空港までテクテクと20分歩いて行くと
ちょうどいい時間になったので、時間を持て余すならこういうパターンもありでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/02/04 16:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

目の前で揚げてくれる天ぷら定食/天ぷらの山(大阪:箕面)

先日のランチは 天ぷらの山 です。

ブログを始める前に何度か来たことがあるので、7~8年ぶりにやって来ました。

福岡の ひらお、とりどーるの まきの と同じような形式のお店ということは
わかっていましたが、コチラはなんと10時からオープンしています!
さて、何ご飯なのか?

MinohTempuraYama_002_org.jpg
海老・穴子・イカ など何が食べたいかを考えて券売機で購入して、いよいよ入店です。
MinohTempuraYama_003_org.jpg MinohTempuraYama_004_org.jpg
11時過ぎでも複雑な形にグネグネ曲がった長~いカウンターにはお客さんがいっぱいで
店内のBGMは祭り囃子がピーヒャラピーヒャラ鳴っています。

券を渡すと、店員さんが「定食だと100円で追加の海老がつけられますよ」
海老は単品だと250円なので
(それやったら、海老無しの定食にしたのに、早く言えよ~!)って思いながら
「・・・結構です」

お茶はセルフで、ご飯・味噌汁・つゆ をすぐに持ってきてくれます。

MinohTempuraYama_006_org.jpg
たまたま座った席が揚げ場だったので、目の前で揚げてくれ
キス・カボチャ・レンコン・海老・ロース・ナス・イカ と順番に持ってきてくれて

MinohTempuraYama_005_org.jpg
山定食 の完成
MinohTempuraYama_008_org.jpg MinohTempuraYama_007_org.jpg
ひらお・まきの ともにご飯のお供が充実してますが
コチラは キャベツの浅漬け

MinohTempuraYama_009_org.jpg
サクっと軽い天ぷらなので、何個でも美味しく食べられるので
更にリーズナブルな価格なので人気があるのもわかります。
MinohTempuraYama_001_org.jpg MinohTempuraYama_000_org.jpg
とり天・半熟たまご などの追加の天ぷらも気にはなるので
次は、追加することも考えて選んだほうがいいかも。
関連記事
[ 2017/07/10 23:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

チーズ と ロースカツ と スープカレー/シドミド(大阪:豊中,庄内)

先日のランチは シドミド(SidMid) です。
阪急宝塚線「庄内駅」から北へ徒歩3分の国道176線沿いにあります。

ShonaiSidMid_001_org.jpg ShonaiSidMid_000_org.jpg
定番のランチと本日限定メニューがあり
スープカレーだけでなくキーマカレーもあります。

ShonaiSidMid_004_org.jpg
チーズロースカツスープカレー

ShonaiSidMid_005_org.jpg
円錐形のライス
ランチタイムは大盛り無料ですが、これは並盛り。

ShonaiSidMid_006_org.jpg
選べる辛さは3辛。

キャベツ・ニンジン・えんどう豆・カイワレ
・・・具材が多すぎて忘れました。

スパイシーさも充分に味わえます。

あびこのラマイ で食べたフィッシュフライフープカレーは
別皿でしたが、こちらはロースカツが浸かっています。

ShonaiSidMid_007_org.jpg
更にチーズがサンドされてボリュームもコッテリ度もアップ!

ShonaiSidMid_008_org.jpg
平日ランチについている選べるドリンクは アイスチャイ
ShonaiSidMid_003_org.jpg ShonaiSidMid_002_org.jpg
テーブル3卓・カウンター5席は12時過ぎると
サラリーマンや近所の女性たちでいっぱいだったので人気のお店のようです。

次は、キーマも味わってみよう。
関連記事
[ 2017/06/10 09:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

「ひっぱりうどん」を進化させた 山形ひっぱり混ぜそば/烈火(大阪:豊中,庄内)

スマホの地図を見ずに確かこの辺のはずと思いながら
庄内駅を降りて、176号線の方からグルッと回ってくると

ShonaiRekka_008_org.jpg
ラーメン屋さんがあったので、「コレかぁ?・・・違うなぁ」
その隣にもラーメン屋「あれ?違う。間違ったぁ?」
ShonaiRekka_002_org.jpg ShonaiRekka_001_org.jpg
と迷いかけた3軒目に見つけた 烈火 でランチです。
阪急宝塚線「庄内駅」から南東へ徒歩2分のところにあります。

ShonaiRekka_000_org.jpg
平日の13時なのにL字型カウンター11席の最後の1席を確保できました。

山形と言えば、修学旅行で行った将棋で有名な天童市とウド鈴木しか
大阪に住んでいる私には馴染みがないので、山形がついたメニューを注文。

ShonaiRekka_003_org.jpg
山形ひっぱり混ぜそば

ShonaiRekka_005_org.jpg
手前には納豆・サバの身・辛味噌の玉が並び
その上にネギと卵黄、向こうには刻み海苔

ShonaiRekka_006_org.jpg
底からグチャグチャに混ぜまして、納豆の味が強い中にも鯖と辛味噌を感じつつ
納豆のヌルヌルのおかげで留まることもなく胃袋に吸い込まれてしまいます。

『ひっぱり』いう名前なので、麺がゴムみたいなのかと想像してたら
山形名物の『ひっぱりうどん』の由来を読むとそうでもないらしいです。

ShonaiRekka_004_org.jpg
もれなく付いてくる 〆ご飯 と 梅昆布酢

ShonaiRekka_007_org.jpg
これもグチョグチョに混ぜまして
ご飯だけで食べると、予想通り麺のときと同じ味だったので
梅昆布酢を少し入れて、これならイケる!と判断して大量投入!
すると、サッパリが加わって麺のときに入れても合う美味しさです。

次は、山形の基本の味っぽい 鳥中華も食べてみたくなりますね。
関連記事
[ 2017/04/29 09:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

オジサン5人が提供する分厚いカツサンド/ニューアストリア(大阪:千里中央)

先日のランチは ニューアストリア です。
千里中央駅の せんちゅうパル B1F にあります。
SenrichuouNewAstoria_002_org.jpg SenrichuouNewAstoria_001_org.jpg
11時30分前に入るとカウンター8席・テーブル12席は、ほぼ女性。
おしゃれなカフェでもなく、昔ながらの喫茶店なのに。
そしてお店の従業員4人は全員オジサン。

SenrichuouNewAstoria_007_org.jpg
何種類かのサンドイッチがありますが
ほぼ全員が頼んでいる名物サンドを注文します。

SenrichuouNewAstoria_003_org.jpg
カツサンド & ホットコーヒー

SenrichuouNewAstoria_004_org.jpg
注文するときの選択は、野菜入り・耳付き で。

SenrichuouNewAstoria_005_org.jpg
折角なので向きを変えて、すべて立ててみると、この迫力!

揚げ立てアツアツで分厚いカツには甘辛いソース、
玉ネギ・レタス・トマトにはペッパーとマヨネーズ、

柔らかくて、いいバランスでウマぁ~!!!
SenrichuouNewAstoria_000_org.jpg SenrichuouNewAstoria_006_org.jpg
ガッツリとカツサンドを食べた余韻に浸りたいところではありますが
難を言うのであれば、人気店であるので、食べ終わったらサッサと退散しました。

ちなみに、11時30分を過ぎた頃には、オジサンが5人になってましたぁ~
関連記事
[ 2016/07/30 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム