FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  27-大阪.a-大阪.24-中央区.淀屋橋

鉄板一面に広がる巨大ハンバーグ/アウル(大阪:淀屋橋)

先日のランチは キッチンバー アウル(OWL) です。
各線「淀屋橋駅」から南へ徒歩9分のところにあります。

タバコを吸いますか?相席になるかもしれませんけど・・・
などビジネス街のランチタイムにはよくあるフレーズで
がっつりサラリーマンだけかと思ったら男女比率は半々ぐらいです。

YodoyabashiOwl_007_org.jpg YodoyabashiOwl_008_org.jpg
とにかくハンバーグが名物らしいので注文します。
・・・と一息つく間もなく

YodoyabashiOwl_001_org.jpg
グツグツしながら登場の OWL特製ハンバーグランチ

YodoyabashiOwl_002_org.jpg
選べるソースはデミグラスソース

YodoyabashiOwl_003_org.jpg
・・・とソースの紹介するより以前にデカい!
鉄板一面がハンバーグ!そしてデミグラスソースなので
茶色ばっかりで彩りが悪~い!

この一面シリーズで思い出すのが
宇治の シエルの クリームコロッケ
新橋の すいす の メンチカツ
名古屋の ひょうたんや の わらじフライ
天満橋の 天しんLAN満 の ジャンボミンチカツ

YodoyabashiOwl_004_org.jpg
しかも、柔らかくてスパイシーで美味しいや~ん!

YodoyabashiOwl_005_org.jpg
ハンバーグの下にはパスタが敷かれてます。

YodoyabashiOwl_006_org.jpg YodoyabashiOwl_000_org.jpg
大きなハンバーグは嬉しいですが
ハンバーグとライスの比率がまったく合っていないので
大盛りライスがちょうどいい感じになると思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2019/04/04 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

米じゃなくてパスタのパエリアなんてあるんやぁ/ファロ デル ポニエンテ(大阪:淀屋橋)

先日のランチは ファロ デル ポニエンテ(FARO d EL PONIENTE) です。
淀屋橋駅すぐの 淀屋橋odona 1F にあります。

YodoyabashiPoniente_000_org.jpg
数種類のパエリアが選べて、しかも炭水化物は 米 or パスタ
これはもう食べたことないパスタしかないでしょう!

ということで「15分ほどお時間をいただきます」とのこと。
YodoyabashiPoniente_003_org.jpg YodoyabashiPoniente_004_org.jpg
その間に、ウサギになってしまいそうなぐらいのボリュームのあるサラダと
冷たいけどお替り自由なパンを食べて

YodoyabashiPoniente_005_org.jpg
小声でしかも早口で説明されたよくわからないスープを飲んで

YodoyabashiPoniente_006_org.jpg
バルセロナ風パスタのパエリア

YodoyabashiPoniente_007_org.jpg
素麺のようでもありますが、細いパスタがポキポキ折られて入ってます。
見ようによっては梅蘭の焼きそばにも見えなくもないかも?

YodoyabashiPoniente_008_org.jpg
海老・イカ・アサリと具だくさんで
パエリアと言えばパエリア
パスタと言えばパスタ
と両方を味わえますが・・・
美味しいんですけど、個人的にはパエリアは米がええかなぁ。

YodoyabashiPoniente_009_org.jpg
デザートはパイナップルのシャーベット
YodoyabashiPoniente_001_org.jpg YodoyabashiPoniente_002_org.jpg
う~ん、やっぱり次は、米のパエリアにしよう!
関連記事
[ 2017/10/06 01:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

お肉と野菜たっぷりな すきなべ定食/はるみ家(大阪:淀屋橋)

先日のランチは はるみ家 です。
淀屋橋駅から南へ徒歩9分のところにあります。

YodoyabashiHarumiya_000_org.jpg
ビジネス街なので、13時直前だとテーブル3卓・カウンター8席には先客2人だけ。
お店の暖簾にも すき焼き って書いてあるので・・・

YodoyabashiHarumiya_001_org.jpg
すきなべ定食

YodoyabashiHarumiya_002_org.jpg
牛肉はもちろんのこと、白菜・ネギ・糸こんにゃく・玉ねぎ・豆腐
願わくば生卵に絡ませて食べたかったけど・・・

YodoyabashiHarumiya_003_org.jpg
それでも、すき焼きではあるので、美味しいに決まってますし、

YodoyabashiHarumiya_004_org.jpg
最後は、牛丼にして、ごちそうさまぁ~!
ちなみに、ごはんはお替り自由です。
YodoyabashiHarumiya_006_org.jpg YodoyabashiHarumiya_005_org.jpg
ボリュームたっぷりな すきなべ でしたが
特大ミンチカツ2個っていう定食もちょっと気になります。
関連記事
[ 2016/07/02 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

ダブダブにはお櫃ごはん/ニューハマヤ(大阪:淀屋橋)

NewHamayaKitahama_011_org.jpg
淀屋橋駅から東へ徒歩4分のところにある 緒方洪庵の敵塾
絵を教えていたのかぁって思ったらそれは尾形光琳で緒方洪庵はお医者さんだそうで。
NewHamayaKitahama_001_org.jpg NewHamayaKitahama_000_org.jpg
で、その隣の隣にある ニューハマヤ 北浜店 でランチです。
と言っても、知らないと入ろうとは思えない殺風景な外観。
NewHamayaKitahama_003_org.jpg NewHamayaKitahama_005_org.jpg
カウンター席にはお茶碗とお箸

NewHamayaKitahama_004_org.jpg
よーく見ると鉄板には山積みの肉?

NewHamayaKitahama_002_org.jpg
ただこの言葉を言いたくて「ダブダブで」

NewHamayaKitahama_006_org.jpg
すると、鉄板で卵を焼き始め、山積みから肉を取り出してもう1回焼いて

NewHamayaKitahama_010_org.jpg
ダブダブ

何より嬉しいというかビックリなのは1人ずつのお櫃

NewHamayaKitahama_009_org.jpg
「よかったらどうぞ」と醤油がかけられた漬物
普段はあるのかどうか知りませんが・・・

NewHamayaKitahama_007_org.jpg
フワフワトロトロのスクランブルエッグ

NewHamayaKitahama_008_org.jpg
辛いというかしょっぱい焼肉

もうご飯を何杯でも食べてくれ~っと言っているようなもんで
もうちょっとだけ、もうちょっとだけと思いながら、三杯たべちゃいましたぁ~

トリプルを頼んでいる人もいたので、次はソレもいいかも。
関連記事
[ 2015/07/09 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

インド人をインドカレー屋さんに連れて行ってみた/マユール(大阪:淀屋橋)

興味本位だけで同僚のインド人をインドカレー屋さんに連れて行ってみました。
YodoyabashiMayur_001_org.jpg YodoyabashiMayur_011_org.jpg
お店は淀屋橋駅から南へ徒歩9分の マユール(MAYUR)
北浜駅、本町駅からでも同じような距離のビルの2階にあります。

心斎橋の ボンベイキッチン(Bombay Kitchen) の姉妹店になるそうです。

YodoyabashiMayur_000_org.jpg YodoyabashiMayur_002_org.jpg
インド人に気に入られるかどうかわからないので、一応店先で
メニューを見てもらって、タンドリーランチセット に決めて突撃!

YodoyabashiMayur_010_org.jpg YodoyabashiMayur_003_org.jpg
入口には、ガラス張りのキッチン
カウンター4、テーブル9卓はほぼ埋まって、結構賑やかで
先客たちの視線は「インドカレー屋さんにインド人がやって来たぁ!」

店員さんはすべてインド人で、注文を取りに来たらヒンズー語!
ココは日本なのに逆に通訳してもらって、注文するハメに・・・
ちなみに、他のテーブルでは日本語で応対してました。

YodoyabashiMayur_004_org.jpg
選べるドリンクは ラッシー

2つの違いが分かりますか?
私には氷入り、同僚は氷無し。

インドでは氷無しが当たり前らしいので、店員さんが
何も言わなくても気を利かせてくれたみたいです。

YodoyabashiMayur_005_org.jpg
3種類の選べるカレーから バター入りチキンカレー

YodoyabashiMayur_006_org.jpg
歪な形のフワフワ巨大ナン

YodoyabashiMayur_007_org.jpg
ちょっとトマト味が強くてスパイシーさには欠けるけどなかなか美味しい!

でも同僚インド人にはナンは合格みたいですけど、カレーは日本人仕様らしいので
パンチを効かせるためにテーブルに置いてる白い粉を振っていると、
インド人の店員さんが、ヒンズー語で「それは砂糖だよ、塩を持ってくるよ」

YodoyabashiMayur_008_org.jpg
と持って来てくれた 塩

これを入れても全然インド人好みにはならないみたいですけど、気休めみたいです。

ちなみに、インドではランチタイムに砂糖は置いていないので、てっきり塩だと
思い込んでいたみたいで、砂糖はコーヒー用でした。

YodoyabashiMayur_009_org.jpg

遅れて登場の2人分のデカい タンドリーチキン

緑の酸っぱめのソース(コリアンダーらしい)を付けるとメチャウマ!
でも、インド人的にはもっと脂身が少ない方がお好みみたい。

結局、ナンはお気に入りのようでお替わりしてました。

さてさて、値段、雰囲気、ナンの美味しさ、ボリュームがいいところだそうで
インド人の評価点は10点満点中6点でしたぁ!
関連記事
[ 2015/02/19 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム