おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  27-大阪.大阪.q-鶴橋・玉造・今里

200gの赤身肉ステーキは特製にんにくソースで/ゼロカフェ(大阪:緑橋)

先日のディナーは DINING BAR ZERO cafe(ゼロカフェ) です。
地下鉄「緑橋駅」から南へ徒歩5分の今里筋沿いにあります。
MidoribashiZero_003_org.jpg MidoribashiZero_002_org.jpg
外から見るよりも店内は想像以上に広く、なんとなくですが食べる前から、
当たりを予感してしまう雰囲気で、後からどんどんお客さんで結構埋まっていきます。

そういうお店なので、あれやこれやとメニューから選びたいのですが
今回はクーポンでやって来ました。

MidoribashiZero_004_org.jpg
まずは、ミネストローネ

おっ、美味しいや~んと底からすくい上げると・・・

MidoribashiZero_005_org.jpg
目玉焼きが沈んでましたぁ!

メインを『赤身肉ステーキ』『ローストビーフ』から選べるというので

MidoribashiZero_007_org.jpg
赤身肉ステーキ

MidoribashiZero_006_org.jpg
白菜のサラダ・キャベツのサラダ・ポテトサラダ・キッシュ

MidoribashiZero_008_org.jpg
ポテトフライが添えられている200gの赤身肉ステーキ
はやっぱり凄い迫力!

MidoribashiZero_009_org.jpg
にんにくソースにつけて食べま~す!

特別柔らかいわけではないですが、
牛肉をタップリ食べられると嬉しいもんです。

MidoribashiZero_010_org.jpg
こんなにガッツリ食べると疲れるので
クーポンとは別料金で ホットコーヒー
MidoribashiZero_000_org.jpg MidoribashiZero_001_org.jpg
次はクーポンなしでもリピートしたくなるお店でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/02/04 09:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

名前はハーフ丼でも、サイズは超ド級マグロ丼/鶴橋まぐろ食堂(大阪:鶴橋)

TsuruhashiMaguro_012_org.jpg
3年振りにやって来ました鶴橋本通商店街
ただいま平日の11時、となると目的は 鶴橋まぐろ食堂

TsuruhashiMaguro_011_org.jpg TsuruhashiMaguro_010_org.jpg
確か キムチサンドロックヴィラ の近くだったような?と記憶をたどりながら
適当に歩けば見付かるだろうと、迷路のような商店街を歩いても歩いても見つからず
仕方がないので、文明の利器スマホで場所確認してなんとか到着。

TsuruhashiMaguro_009_org.jpg
これは2階からの写真ですが、メチャクチャ急な階段を上がって奇跡的に待たずに着席。
「頭を打つので気を付けてね~」と声をかけてくれますがホントに打ちます!

そして帰るときには、急だし頭撃つ打つしで気も付けていると
まるでリンボーダンスをしているかのようにして降りると
おっちゃんが「なっ?急やろ!」とニヤリ。

TsuruhashiMaguro_000_org.jpg
1Fはカウンター数席だけですけど、2Fはテーブル3卓あります。
さてさてメニューですが、値段は見ないようにしましょう!
そして、食べたいモノを食べましょう!

ということで・・・

TsuruhashiMaguro_001_org.jpg
ハーフ丼(特盛)

TsuruhashiMaguro_006_org2.jpg
ハーフなのに特盛?さて如何に?

TsuruhashiMaguro_004_org.jpg
どんぶりからこぼれ落ちそうな赤身とタタキ

TsuruhashiMaguro_002_org.jpg
脂がとろけそうな中トロ

TsuruhashiMaguro_003_org.jpg
サービスショットでアップ・・・見ただけでお腹いっぱい!?

TsuruhashiMaguro_005_org.jpg
刻み海苔の向こうには海苔クジャク・・・何枚あるんでしょうか?

TsuruhashiMaguro_007_org.jpg
もう味の説明は必要ないでしょう!

独りドンブリまぐろバイキングをしながら、宝さがしのごとくご飯を探して、
ご飯を食べるとマグロがその穴を押し潰し、また掘り、また潰され

TsuruhashiMaguro_008_org.jpg
食べるだけなのにメチャクチャ疲れたのでちょっと休憩

無事完食できましたが・・・えーしばらくは マグロさん さよーならー
関連記事
[ 2015/02/06 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

尾道ラーメンのお店で台湾まぜそば/中華そば そのだ(大阪:玉造)

先日のディナーは 中華そば そのだ です。

極楽うどんTKUラーメン人生 JET600麺喰い メン太ジスタ 源さん など
麺激戦区のJR玉造駅から東へ徒歩2分の裏通りにあります。

TamatsukuriSonoda_004_org.jpg TamatsukuriSonoda_003_org.jpg
L字型カウンター7席ほどの尾道ラーメンのお店で、広島の観光キャンペーンのスローガンといえば
有吉弘行の おしい!広島県 だと思っていたら、今はPerfumeの 泣ける!広島県 だそうで。

TamatsukuriSonoda_002_org.jpg
尾道ラーメンも気にはなるんですけど、今回は・・・

TamatsukuriSonoda_005_org.jpg
台湾まぜそば

オレンジの黄身に、ピリ辛ミンチ・ニラ・ネギ・メンマ・
刻み海苔・ニンニク・チャーシューと彩り鮮やかな盛り付けで
もったいないんですけど・・・

TamatsukuriSonoda_006_org.jpg
グチョングチョンに混ぜまして

TamatsukuriSonoda_008_org.jpg
思っていたほど辛くもなく、濃厚ダレが、ウェーブのかかった
平打ち麺にからまってモチモチ感が継続していきます。

TamatsukuriSonoda_007_org.jpg
おぉ、ウマッ!と唸ってしまったプルンプルンの厚切りチャーシュー

そう言えば、追いメシ付きやったぁ、と思い出して
具材が残るように食べ方を変えて、「すいません、追いメシ」

TamatsukuriSonoda_009_org.jpg
と、餃子のタレ皿に盛られたというか張り付けられた追いメシ

TamatsukuriSonoda_010_org.jpg
投入して、メニューにもあった台湾丼の完成!

TamatsukuriSonoda_000_org.jpg TamatsukuriSonoda_001_org.jpg
私が帰る頃に通い慣れてそうな、女性が一人で入ってきて
夜限定のチャーハンセット(中華そば+半チャーハン)を
迷わずに頼んでいる仕草が、ココの夜はコレでしょう!ってオーラを出して、
更に作り始めたチャーハンがいい香りだったので、私も次はコレで!
関連記事
[ 2015/01/20 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

宮崎発!辛麺 & トロトロなんこつ/元祖 辛麺屋 桝元(大阪:新深江)

先日のディナーは 元祖 辛麺屋 桝元 大阪本店 です。
地下鉄千日前線「新深江駅」から北東へ徒歩5分の内環沿いにあります。

Masumoto_002_org.jpg
今回はクーポンだったのですが、特別メニューではなく、
普通に選べて3つのステップを踏みます。

①辛さを0~30倍を選べて、5倍ごとに50円ずつ増しになります。
②麺をこんにゃく麺・中華麺・うどん・ごはん から選び
③なんこつ・チーズなどのトッピングを追加します。

注文するときに「ニラ・ニンニク入りますがいいですか?」と聞いてくれます。
もちろんOKですけど・・・無料ならば多めと言いたい!

Masumoto_003_org.jpg Masumoto_004_org.jpg
辛さが売りのお店のようですが、苦手な人向けにも0辛が
用意されているので、娘はコレにしました。
そして、名物らしいモノをトッピングではなくサイドメニューで注文。

Masumoto_006_org.jpg
まずは、桝元名物だという トロトロなんこつ
辛いポン酢と辛くないポン酢を出してくれます。

Masumoto_005_org.jpg
コラーゲンたっぷりと言われても食指は動かないですけど、この見た目にはウットリしそうです。

Masumoto_007_org.jpg
実はそれほど辛くなかった辛い方のポン酢につけると
アッサリして口の中で溶けてしまいそうです。

サイドメニューだとボリュームがあるので
一人だとトッピングにするか、皆でシェアするのがいいようです。

Masumoto_008_org.jpg
そして 辛麺(辛さ5倍、レギュラーサイズ)

ボリュームとこの赤さにちょっと腰がひけてしまいます。

Masumoto_009_org.jpg
せっかくなので、こんにゃく麺
といってもコンニャクではなく、そば粉&小麦粉の韓国麺風です。

メニューには辛さ5倍だと『らくらく』って書いてありますが
私にとっては『ちょうどいい』って辛さで、
美味しいですけど、どこかのお店に似ているなぁ、と思って
娘の 0辛 を飲ませてもらうと、彩華ラーメン に近い感じでした。
ということは0辛が結構美味しいということなので
辛さ目的じゃない人にとっては、1辛ぐらいがベストかもしれません。

Masumoto_010_org.jpg
替玉もできるので、ご飯 で。

Masumoto_011_org.jpg
赤池地獄に浮かぶ白い孤島

穴あきレンゲも持ってきてくれるので、辛いスープを飲み干すことなく
雑炊を美味しく完食できます。
チーズをトッピングすると更に美味しそうです。

Masumoto_000_org.jpg Masumoto_001_org.jpg
辛麺やトロトロなんこつが美味しいだけでなく、カウンター席のほかにも、奥には掘りごたつの座敷もあり
店員さんの対応や、店内の雰囲気から何気ないところに、気遣いが感じられるお店でした。
関連記事
[ 2014/02/03 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

ふわふわ生ロール&生チーズスフレ/ケンテル(大阪:今里)

クロスバイクで 北大阪周遊自転車道 に行った帰りに ケンテル 今里新道筋店 に寄りました。
地下鉄「今里駅」近くの今里新道商店街にあります。

KentelImazatoShimmichi_002_org2.jpg
まずは噂の ふわふわ生ロール 682円
大もありましたが種類を食べたかったので  にしました。
大でも 997円 なのでお安くなっています。

KentelImazatoShimmichi_003_org.jpg
確かに ふわふわ で ウマっ~!

KentelImazatoShimmichi_004_org.jpg
生クリームも甘すぎずクドくないのでこりゃぁウマイですわぁ!

KentelImazatoShimmichi_001_org.jpg
もうひとつは お母さんの生チーズスフレ 147円

KentelImazatoShimmichi_005_org.jpg
これは更にふわっふわっ~

KentelImazatoShimmichi_006_org.jpg
触ると崩れてしまいそうです。
レモン味がまたいい感じ!

KentelImazatoShimmichi_000_org.jpg
大阪・奈良に5店舗ほどあるようで、生ロールのチョコやふわふわブッセとかもあるので、
何かと気になるお店になりそうです。
関連記事
[ 2012/08/01 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム