おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  27-大阪.大阪.m-此花・港

英国調カフェでボリューミーなローストビーフサンド/カンタベリーティーハウス(大阪:弁天町)

BentenchoCanterbury_000_org.jpg BentenchoCanterbury_001_org.jpg
先日のランチは カンタベリーティーハウス(CANTERBURY TEA HOUSE) です。
JR弁天町駅の北口前にあります。
BentenchoCanterbury_008_org.jpg BentenchoCanterbury_003_org.jpg
イギリスに来たかのようなアンティークな雑貨が並び
かわいい花柄のテーブルクロスがかけられているようなお店であるので
日曜日の13時過ぎに入っても、ほぼ満席でかろうじて一卓空いていました。

BentenchoCanterbury_002_org.jpg
ランチ目的だったので、10種類以上のサンドイッチとにらめっこ。

BentenchoCanterbury_005_org.jpg
ローストビーフサンド(サラダ付き)

BentenchoCanterbury_006_org.jpg
ローストビーフがギッシリ詰まって、もの凄いボリューム~!!
もちろん満足できる美味しさです。

BentenchoCanterbury_007_org.jpg

コーヒーもありますが、店内の雰囲気は完全にブリティッシュ!
ということでポットサービスの紅茶は ヌワラ・エリヤ(Nuwara Eliya)
2.5杯分あるので、サンドイッチを食べた後でもゆっくりできます。

BentenchoCanterbury_004_org.jpg
座った席がショーケースの前だったので、紅茶を飲みながら
美味しそうなケーキに目が釘付けになりましたが
お腹に余裕がなかったので、またの機会にしましょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/07/15 09:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

閉店していたイタリアンが港近くで引き継がれていた/トラットリア イ ポルチーニ デル ポルト(大阪:弁天町)

先日のランチは トラットリア イ ポルチーニ デル ポルト です。
JR・地下鉄「弁天町駅」から南へ徒歩9分の住宅街にあります。
BentenchoPorcini_004_org.jpg BentenchoPorcini_003_org.jpg
弁天町近くでランチをするお店を探していたら
「あれ?聞いたことある名前・・・潰れたはずちゃうかったっけ?」と。
調べてみると あびこ・杭全で流行っていた トラットリア イ ポルチーニ
修行された方のお店だとか、で港区に移転したので デル ポルト(港の)。

トラットリア イ ポルチーニ にはご陽気なイタリア人のおじさんが
接客していましたが、ジャポネーゼ(日本人)の男性お二人のようです。

BentenchoPorcini_002_org.jpg
ランチはスパゲティ・ペンネ・リゾットから選び
サラダ・バケット・デザートは追加できるようになっているので
最低限のモノしか必要のない人にとっては有難いシステムになっています。

BentenchoPorcini_005_org.jpg

まずは、オリーブオイルの香りが漂う 冷製じゃが芋のポタージュ

BentenchoPorcini_006_org.jpg
娘の 小柱とブロッコリーのクリームソーススパゲティ

普通盛りでも結構なボリュームやなぁと思っていたら・・・

BentenchoPorcini_007_org.jpg
私の大盛り。+100円しただけで2倍のボリューム!!
おそらくシェフはかなり体格がいいので、彼の理想の大盛りなんでしょう!
嬉しいですけど。

BentenchoPorcini_008_org.jpg
シンプルな組み合わせで、期待通りの美味しさです。

BentenchoPorcini_009_org.jpg
アイスコーヒーでゆっくりと。
BentenchoPorcini_000_org.jpg BentenchoPorcini_001_org.jpg
夜も期待できそうなので、久しぶりに夜に来てもいいかも。
関連記事
[ 2015/08/05 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

タンドリーチキンとシシカバブも美味しいインド料理屋さん/ヒマラヤン(大阪:九条)

先日のディナーは ヒマラヤン 九条店 です。
地下鉄・阪神「九条駅」から西へ徒歩約3分の中央大通り沿いにあります。

Himalayan9jo_003_org.jpg Himalayan9jo_002_org.jpg
テーブル9卓でインド映画が流れている結構広いお店です。

Himalayan9jo_001_org.jpg
ヒマラヤンスペシャルディナーコースが 1,000円 になるという
超お得なクーポンでやってきました。

Himalayan9jo_004_org.jpg
まずは、13種類あるドリンクから
ラッシー・マンゴーラッシー・カシスラッシー

なぜか、カシスラッシーにはストローないですけど。

Himalayan9jo_005_org.jpg
手前が タンドリーチキン
細長いのが シシカバブ
奥が パパド(緑豆のインドのおせんべい)

正直なところ、タンドリーチキン も シシカバブ も
お店によってはパッサパサなこともあり
インドではこういうタイプが好まれるのかぁと
無理矢理納得していたところもありましたが
コチラのは美味しい!
特に、柔らかいシシカバブは初めてです。

Himalayan9jo_006_org.jpg
プレーン・チーズ・ガーリックから選べるナンは
チーズナン にして、奥さんと娘の ガーリックナン と半々にしました。

チキン・野菜・ほうれん草・海老・キーマ・日替わり(この日はジャガイモとシメジ)
から、海老カレーキーマカレー

Himalayan9jo_007_org.jpg
カラフルなのがガーリックナンで表面にニンニクが散らばっています。
『とろ~りチーズナン』という宣伝だったようですが、ガッツリ中で固まってます。

Himalayan9jo_008_org.jpg
6種類から選べる辛さは、上から三番目のホット
これはちょうどいい辛さで、なかなか美味しい。

それではと、『プレーンナンはおかわりできます』 と書いてあるので
プレーンナンのおかわり を注文すると、
「1枚目にプレーンナンを注文した場合だけなんですよ」
と笑顔のイケメンのインド人の店員。
日本語は難しい~!

Himalayan9jo_000_org.jpg
コチラはちょっといつもの行動範囲からはずれますけど
心斎橋の 南船場店 であれば、行きやすいので、
タンドリーチキン と シシカバブ が食べたくなったらまた来るかも。
関連記事
[ 2014/09/03 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(4)

意外とイケる 『茶碗蒸しらーめん』/丹頂(大阪:大阪港)

天保山といえば
OsakakoTancho_013_org.jpg
海遊館
OsakakoTancho_014_org.jpg
観覧車

それと、もう一つ目立つのが・・・
OsakakoTancho_010_org.jpg
玉子の家?
目玉焼きみたいなオブジェもあって怪しい雰囲気ですけど
OsakakoTancho_011_org.jpg OsakakoTancho_012_org.jpg
茶碗蒸しらーめん とコチラも目立つ 丹頂 でディナーです。
OsakakoTancho_003_org.jpg OsakakoTancho_002_org.jpg
ラーメン屋さんというより和風居酒屋で
お店の方も板前さんって感じ、でもBGMは60年代の洋楽。
OsakakoTancho_001_org.jpg OsakakoTancho_000_org2.jpg
なんでもかんでも玉子を使っていそうですが、普通のラーメンもあります。
茶碗蒸しらーめん+蒸しオムライス のセット
があれば嬉しいですが、無いみたいです。
それにしても、セット名の A, B, F, Z って何でしょう?
OsakakoTancho_008_org.jpg
ホントは時間差でバラバラに出てきたんですけど
茶碗むしらーめんセット

木蓋が写真のほとんどを占めてしまうアンバランスで
OsakakoTancho_004_org.jpg
ドンブリも縦長。では、ご対面~!
OsakakoTancho_005_org.jpg
茶碗蒸し!

サンプルでは海老が入ってますけど、残念ながら今は無いそうです。
OsakakoTancho_006_org.jpg
食べても、やっぱり茶碗蒸し!
プリンっぽく見えなくもないです。
OsakakoTancho_009_org.jpg
そして、底には、細麺のラーメンに
チャーシュー・かまぼこ、炒めたモヤシ・ニラ・キャベツ

見た目と名前の奇抜さからいろんなことを想像してしまいますが
ごく普通の和風醤油ラーメンで意外とイケてます。

正確には茶碗蒸しラーメンではなく、おだまき蒸しのラーメン版だそうで
英語では Chinese noodle in pot-steamed hotchpotch みたいです。
OsakakoTancho_007_org.jpg
ご飯・漬物・玉子焼き・餃子 と、これだけでも定食になるのに、
茶碗蒸しラーメンとセットで900円とはお得ではないでしょうか。

ちなみに、玉子焼きはビックリするぐらい味がしませんけど。
関連記事
[ 2014/08/06 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(5)

タマゴぐらい大きなカキフライ/グリル ミヤコ(大阪:弁天町)

先日のランチは グリル ミヤコ です。
各線「弁天町駅」から西へ徒歩5分のORC200を過ぎたところにあります。

Miyako_001_org.jpg Miyako_003_org.jpg
ほとんどの人が頼むモノが決まっているようで、「メニュー見ますか?」と思ってもみなかったことを聞かれて
心の中では決まっていましたが、メニューをもらって一応目を通しても目的のモノが無く、
店内をグルッと見回すと壁に貼ってありました!

1,800円?高~い!さぁどうする俺?
自問自答を繰り返し、初志貫徹で注文し、
「しばらくお時間いただきますがよろしいですか?」
「大丈夫です」

Miyako_008_org.jpg
カウンターに座っていた私は、しばらく待つならばと本を読みつつ
サラダが盛られた皿の山の向こうの厨房の従業員たちの丁寧なやりとりと
私語や罵声を飛ばさずにテキパキと動いている雰囲気を感じていると・・・

Miyako_004_org.jpg
約10分でお待ちかねの カキフライセット

あまりの迫力に隣りのサラリーマンも目を見張ってました。

Miyako_006_org.jpg
明らかに玉子サイズ!しかも、6個も!
1,800円は高~いと思いましたがこれなら、少し納得。

Miyako_007_org.jpg
中を開くとトロローンとカキが流れ出すようで、タルタルではなくソースで食べます。

「カ・キ・フ・ラ・イですけど文句あります?」
「もの足りない?」

ってこのカキフライに聞かれたら
「いえいえ、とても美味しくいただきました」
「気持ちもお腹もいっぱいです・・・でも、しばらくお会いしたくないような」

って答えるでしょう。

Miyako_005_org.jpg
こんなにボリューミーなカキフライですが、負けず劣らずキャベツやレタスの野菜も
いっぱいなので、何とか口の中をリフレッシュさせながら戦い終えました。

Miyako_002_org.jpg Miyako_000_org.jpg
しばらく、カキフライのことは忘れたいので
次は殆どのひとが頼んでいたステーキランチにしてみますか。
関連記事
[ 2014/01/11 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム