おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  27-大阪.大阪.i-肥後橋・淀屋橋

お肉と野菜たっぷりな すきなべ定食/はるみ家(大阪:淀屋橋)

先日のランチは はるみ家 です。
淀屋橋駅から南へ徒歩9分のところにあります。

YodoyabashiHarumiya_000_org.jpg
ビジネス街なので、13時直前だとテーブル3卓・カウンター8席には先客2人だけ。
お店の暖簾にも すき焼き って書いてあるので・・・

YodoyabashiHarumiya_001_org.jpg
すきなべ定食

YodoyabashiHarumiya_002_org.jpg
牛肉はもちろんのこと、白菜・ネギ・糸こんにゃく・玉ねぎ・豆腐
願わくば生卵に絡ませて食べたかったけど・・・

YodoyabashiHarumiya_003_org.jpg
それでも、すき焼きではあるので、美味しいに決まってますし、

YodoyabashiHarumiya_004_org.jpg
最後は、牛丼にして、ごちそうさまぁ~!
ちなみに、ごはんはお替り自由です。
YodoyabashiHarumiya_006_org.jpg YodoyabashiHarumiya_005_org.jpg
ボリュームたっぷりな すきなべ でしたが
特大ミンチカツ2個っていう定食もちょっと気になります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/02 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

そう言えば、牛肉の生姜焼きって食べたことがなかったなぁ/江戸堀BEEF(大阪:肥後橋)

先日のランチは 江戸堀BEEF(ビーフ) です。
地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」から西へ徒歩6分のところにあります。
もちろん、住所は江戸堀。

EdoboriBeef_002_org.jpg EdoboriBeef_003_org.jpg
カウンター10席、テーブル7卓×2席あり、サラリーマン、OLで賑わっています。

EdoboriBeef_004_org.jpg
カウンターにはかわいい牛

EdoboriBeef_001_org.jpg
ランチは牛だけでなく豚も合わせて5種類あり、
お店の名物だという ありそうでなかったモノを注文。

EdoboriBeef_005_org.jpg
まずは、イタリアンのような 前菜3種盛り

EdoboriBeef_006_org.jpg
牛生姜焼定食

ご飯は おかわり自由 で、赤だしのお椀がメチャクチャ重い!

EdoboriBeef_007_org.jpg
4枚の大きな薄切り牛肉が黒光りしてお皿を覆い
簡単に噛み千切ることはできませんが、
噛めば噛むほど肉汁が口いっぱいに広がり、めちゃウマぁ~!

EdoboriBeef_008_org.jpg
牛肉の下には、大量の焼きキャベツ&タマネギ
牛肉と同じタレで味付けされているので、ご飯が止まりませ~ん!

EdoboriBeef_009_org.jpg EdoboriBeef_000_org.jpg
こうなると 牛と豚の食べ比べをしたくなるので
牛生姜焼き&豚生姜焼きの合い盛りっていうのがあってもいいかも。
関連記事
[ 2015/05/22 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

インド人をインドカレー屋さんに連れて行ってみた/マユール(大阪:淀屋橋)

興味本位だけで同僚のインド人をインドカレー屋さんに連れて行ってみました。
YodoyabashiMayur_001_org.jpg YodoyabashiMayur_011_org.jpg
お店は淀屋橋駅から南へ徒歩9分の マユール(MAYUR)
北浜駅、本町駅からでも同じような距離のビルの2階にあります。

心斎橋の ボンベイキッチン(Bombay Kitchen) の姉妹店になるそうです。

YodoyabashiMayur_000_org.jpg YodoyabashiMayur_002_org.jpg
インド人に気に入られるかどうかわからないので、一応店先で
メニューを見てもらって、タンドリーランチセット に決めて突撃!

YodoyabashiMayur_010_org.jpg YodoyabashiMayur_003_org.jpg
入口には、ガラス張りのキッチン
カウンター4、テーブル9卓はほぼ埋まって、結構賑やかで
先客たちの視線は「インドカレー屋さんにインド人がやって来たぁ!」

店員さんはすべてインド人で、注文を取りに来たらヒンズー語!
ココは日本なのに逆に通訳してもらって、注文するハメに・・・
ちなみに、他のテーブルでは日本語で応対してました。

YodoyabashiMayur_004_org.jpg
選べるドリンクは ラッシー

2つの違いが分かりますか?
私には氷入り、同僚は氷無し。

インドでは氷無しが当たり前らしいので、店員さんが
何も言わなくても気を利かせてくれたみたいです。

YodoyabashiMayur_005_org.jpg
3種類の選べるカレーから バター入りチキンカレー

YodoyabashiMayur_006_org.jpg
歪な形のフワフワ巨大ナン

YodoyabashiMayur_007_org.jpg
ちょっとトマト味が強くてスパイシーさには欠けるけどなかなか美味しい!

でも同僚インド人にはナンは合格みたいですけど、カレーは日本人仕様らしいので
パンチを効かせるためにテーブルに置いてる白い粉を振っていると、
インド人の店員さんが、ヒンズー語で「それは砂糖だよ、塩を持ってくるよ」

YodoyabashiMayur_008_org.jpg
と持って来てくれた 塩

これを入れても全然インド人好みにはならないみたいですけど、気休めみたいです。

ちなみに、インドではランチタイムに砂糖は置いていないので、てっきり塩だと
思い込んでいたみたいで、砂糖はコーヒー用でした。

YodoyabashiMayur_009_org.jpg

遅れて登場の2人分のデカい タンドリーチキン

緑の酸っぱめのソース(コリアンダーらしい)を付けるとメチャウマ!
でも、インド人的にはもっと脂身が少ない方がお好みみたい。

結局、ナンはお気に入りのようでお替わりしてました。

さてさて、値段、雰囲気、ナンの美味しさ、ボリュームがいいところだそうで
インド人の評価点は10点満点中6点でしたぁ!
関連記事
[ 2015/02/19 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(4)

天女の羽衣舞う 『 鶏soba 』/座銀(大阪:肥後橋)

先日のディナーは 鶏soba 座銀(ざぎん) です。
地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」から西へ徒歩5分のところにあり
すぐ近くには、激辛チキンカレーで有名な 肥後橋南蛮亭 があります。
HigobashiZagin_003_org.jpg HigobashiZagin_004_org.jpg
黒光りするカウンターに、板前二人。
どう見ても高級割烹でしょう(行ったことないですけど)

ラーメンを食べにきたはずですけど、ボォーっとしていると
何を食べにきたのか勘違いしてしまいそうな空間です。

ちなみに、誰も写ってませんが、18時半を過ぎると席はほぼ埋まりました。

HigobashiZagin_001_org2.jpg
夜は鶏主体のラーメン(soba)が4種類。
初めてのなので、オーソドックスっぽいモノを注文します。

HigobashiZagin_005_org.jpg
鶏soba (並)
鶏込みご飯~鶏脂仕立て~ (小)
朝引き若鶏の天ぷら (三ヶ)


すべてのメニューにサイズが設定してあるので、
いろんなモノを少しずつ注文できるようになっています。
そのおかげで豪華になりました!
しかもご飯と天ぷらのセットは50円引き!

HigobashiZagin_008_org.jpg
まず、触れなければいけないのはコレでしょう!
天女が羽衣を忘れてしまい、ラーメンの上で舞っています!

これは、香ばしいゴボウの素揚げです。

HigobashiZagin_006_org2.jpg
ゴボウだけでなくて、
穂先メンマ
鶏チャーシュー
スライスした紫タマネギ
あとは、白髪ネギ と 水菜
と凝った具材。

マッタリしてるけど濃すぎず
ドロドロしていないけど粘度もあり
メチャウマな鶏スープで、ゴクゴク飲んでしまいます。

HigobashiZagin_007_org2.jpg
ゴボウの入った鶏込みご飯はモッチリして鶏の旨味が充分あり、
辛子などの薬味も付いていますが、単体でも味付けがシッカリした若鶏の天ぷら も文句なし!

HigobashiZagin_000_org.jpg HigobashiZagin_002_org.jpg
鶏好き で 天女好き にはタマらないラーメンです。
関連記事
[ 2014/08/03 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(4)

ドカ盛り特選海鮮丼 & 具たっぷり味噌汁/本南鉄火(大阪:中之島)

先日のディナーは 中之島 本南鉄火(ほんなんてっか) です。

京阪中之島線「中之島駅」から南へ徒歩約8分、地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」から西へ徒歩10分の
大阪市立科学館 の西側のなにわ筋沿いにあります。

NakanoshimaHonantekka_004_org.jpg NakanoshimaHonantekka_001_org.jpg
座敷6卓、テーブル3卓の海の家のような雰囲気の店内で
BGMは『負けないで』、『ロマンスの神様』、『異邦人』などちょっと懐かしめ。
私たちが早めに入ったので誰もいませんが、この後次々とお客さんがやってきます。

NakanoshimaHonantekka_002_org.jpg NakanoshimaHonantekka_003_org.jpg
このお店の前は何度もクルマで通って存在は知っていて、普通の居酒屋さんという認識でいましたが
実は海鮮系のドンブリ と 浜焼き のお店のようで今回はクーポンでやってきました。

NakanoshimaHonantekka_005_org.jpg
デカすぎるドンブリで登場の ドカ盛り特選海鮮丼(ご飯大盛り無料)

NakanoshimaHonantekka_006_org.jpg
マグロ・シメサバ

NakanoshimaHonantekka_007_org.jpg
穴子・タマゴ、こっちにもマグロ

NakanoshimaHonantekka_008_org.jpg
大甘エビ・サーモン・イクラ・貝柱・・・大葉 は3枚もあります!

美味しいですけど、泣きたくなるぐらいボリュームがあり過ぎます!
更に、追い打ちをかけるように・・・

NakanoshimaHonantekka_009_org.jpg
こちらもドンブリサイズで、天かすの浮いている味噌汁を
すくいあげてみると竹輪や野菜など具だくさん!

あぁ、もうアカン~!無理~!・・・完食したぁと思っていたら

NakanoshimaHonantekka_010_org.jpg
アイスコーヒー & シューアイス

NakanoshimaHonantekka_000_org.jpg
ついつい通り過ぎてしまう場所ですけど
タップリ海鮮ドンブリを食べたくなったら、足を向けたくなるようなお店でした。
関連記事
[ 2014/06/30 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム