FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  22-静岡.富士

【静岡東部旅行記⑨】創業300年の旅館でピリ辛スパイシーなスタミナざるそば/本手打 鯛屋(静岡:富士)

旅行二日目の富士山絶景スポット巡りは 残念な結果 でしたが
それでもお腹はすくので富士市の 本手打 鯛屋 でランチです。

FujiTaiya_000_org.jpg FujiTaiya_001_org.jpg
お店の裏に駐車場があり、そのまま裏口から入店して
FujiTaiya_013_org.jpg FujiTaiya_014_org.jpg
靴を脱いで、矢印通りにかなり年季の入った廊下を歩いていくと

FujiTaiya_012_org.jpg
お風呂場の前?
実は、コチラは旅館だそうで、裏口から入ると
旅館内を通ってお店に入ることができます。

FujiTaiya_003_org.jpg FujiTaiya_002_org.jpg
お蕎麦は温かい or 冷たいから選ぶことができ
もう決めていたので ざるスタミナ を注文します。

FujiTaiya_004_org.jpg
まずは、お通しを食べて、しばし待ちます。
・・・もうちょっと待ちます。
・・・急いでいないので待ってみます。
・・・注文通っているのか?
・・・私たちの存在忘れてる?

FujiTaiya_005_org.jpg
遅くなってごめんなぁ、ざるスタミナ
こだわって作っているので時間がかかるそうです。
FujiTaiya_007_org.jpg FujiTaiya_008_org.jpg
煮卵の入ったつけ汁には豚バラ肉が大量に沈んでましたぁ。

FujiTaiya_006_org.jpg
変わったつけ汁とは違って、蕎麦は細切りで本格的です。

FujiTaiya_009_org.jpg
ざるそばのつけ汁をベースにして、ゴマや魚粉が入ってるので
ピリ辛でスパイシーでメチャクチャ美味しい!
こんなに美味しいなら大盛りにしておけばよかったぁ!
FujiTaiya_010_org.jpg FujiTaiya_011_org.jpg
お蕎麦屋さんなので、当然ながら蕎麦湯で割ります。
これがまた絶品です!

FujiTaiya_016_org.jpg FujiTaiya_015_org.jpg
旅館だというので表側にまわってみると創業300年の 鯛屋旅館 でしたぁ。
しかも、数軒隣りには昨日食べた つけナポリタン のアドニスがありましたぁ。

次は、富士山絶景スポット巡り午後の部です。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/01/18 09:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(4)

【静岡東部旅行記①】9年振りにご当地グルメのつけナポリタン/アドニス(静岡:富士)

2019年春に静岡市内周辺を旅行したときに、富士山がまったく見えず
実は富士山は存在しないのではないか?(・・・そんなことはないですが)
と完全な消化不良だったので、2019年末にリベンジしてきました。

FujiAdonis_000_org.jpg
しかし、一週間前の天気予報では降水確率70%!
でも、日が経つにつれて30%、20%と下がっていき
しかも雨は午前3時頃には止むみたいです。

で、雨で濡れた路面を走っていると、
三重あたりでキレイな虹が見送ってくれてます。

静岡県内の高速道路のいくつものトンネルを抜けて、
「もうそろそろ富士山見えるかなぁ」・・・

FujiAdonis_001_org.jpg
すると突然!おぉ、富士山やぁ~!

まさに、トンネルを抜けるとそこに富士山はあった です。
(トンネルを抜けるとそこは雪国だった)

これでリベンジ旅行の目的は達成したので、
大阪に引き返してもいいんですが、そんなわけにもいかないので

FujiAdonis_003_org.jpg FujiAdonis_002_org.jpg
まずは、富士市内の アドニス でランチです。
岳南電車「吉原本町駅」から西へ徒歩8分のところにあります。

FujiAdonis_005_org.jpg
実はブログを始める前にクルマでディズニーランドへ行った帰りに食べて、
すごく美味しかったこともあり家族内では時々話題になっていたので
期待に胸をふくらませての9年振りの訪問になります。

FujiAdonis_006_org.jpg
もちろん、つけナポリタン(麺大盛)

FujiAdonis_008_org.jpg
写真ではわかりにくいですが太麺は桜エビと
一緒にオリーブオイルで和えられています。

FujiAdonis_007_org.jpg
ミネストローネのようなつけ汁には、マッシュルーム・
チンゲンサイ、そして、いっぱいのチーズ

FujiAdonis_009_org.jpg FujiAdonis_010_org.jpg
つけ汁のなかには大きな蒸し鶏が2枚、超半熟な味玉も入っています。

FujiAdonis_011_org.jpg
トマトの酸味、チーズのマイルドさ、モチモチした麺
9年振りに食べても期待以上に美味しい!

FujiAdonis_012_org.jpg
半分まで食べて、レモンを絞って、
味をリセットして最後まで美味しくいただけます。

FujiAdonis_004_org.jpg
〆はごはん・バケット・・スープ割りから
選べるそうで、人気投票ではスープ割りということで

FujiAdonis_013_org.jpg FujiAdonis_014_org.jpg
注文すると熱々の昆布スープが出てきました。
まず、これだけ飲むとメチャクチャ美味しい!

FujiAdonis_015_org.jpg
イタリアン&和風スープはほっこりできて〆にピッタリです。

次は、岩本山公園 ・ 田貫湖 へ富士山を見に行きます。
関連記事
[ 2020/01/06 23:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(6)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム