おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  11-埼玉.鴻巣

【『のぼうの城』の地をたずねて⑥】いがまんじゅう/木村屋製菓舗(埼玉:鴻巣)

十万石まんじゅう を買って、『のぼうの城』の地をたずねて シリーズの
すべての行程が終了しました。
そのまま帰りたいところですが、どうしても心残りがありました。

それは 一福 で買いそびれてしまった いがまんじゅう

急きょ調べてみたら、鴻巣駅前に 木村屋製菓舗 があったので
予定よりも早く終わったということもあり、3駅隣りの鴻巣駅で降りてみました。

KounosuKimuraya_003_org.jpg
JR鴻巣駅から北東へ徒歩3分のところにあります。

KounosuKimuraya_004_org.jpg

ところが・・・ガーン!売り切れ!

仕方がないのであきらめて帰ろうとしたら、
「駅の方に向かいますか?であれば駅前のショッピングモールでも
売っているので聞いてみますよ。いくつ必要ですか?」

矢継ぎ早に質問されたので、思わず
「3個」
するとすぐに電話してくれ
「3個取り置きしておいてください」
更に地図で丁寧にお店の場所まで説明していただき、
もう使うことはないだろうスタンプカードまでくれました。

「場所代の分だけ、こちらよりも気持ち小さいですけどねぇ」
と帰り際に言われ、どうやら木村屋が卸しているようです。

KounosuKimuraya_008_org.jpg KounosuKimuraya_005_org.jpg
ということで駅前にある エルミこうのすショッピングモール
フードコートにあったのが こうのすや
鴻巣のお土産や地元の野菜を売っているお店のようです。

KounosuKimuraya_006_org.jpg
10個も残ってましたぁ

KounosuKimuraya_000_org.jpg
いがまんじゅう 3個 360円

気持ち小さいと言われたけど、全然デカいです。
しかも 木村屋製菓舗 よりも5円安い!

KounosuKimuraya_001_org.jpg
直径5~6センチ、120gもあり、ズシリと重いです。
普通に考えれば、赤飯のおにぎりにしか見えませんねぇ。

KounosuKimuraya_002_org.jpg
ちょっと分かり難いですけど、中身は餡子ではなく、田舎まんじゅうです!
つまり、こし餡の入ったまんじゅうを赤飯で包んでいるわけです。
若干、餡の周りが白いのはそういうことです。

1個目を食べたときには、ふ~んって感じだったんですけど
2個目を食べると、あぁ、これは美味し~!と
ジワジワと良さが伝わってきました。

KounosuKimuraya_007_org.jpg
鴻巣はひな人形の街だそうで、ちょうど市役所で
『ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇』 を展示していたんですが、
そこまで行く時間はさすがに無かったので断念しました。

これで、『のぼうの城』の地をたずねて シリーズは終了です。
風も強く、すっごく寒かったけど、
観たかったものが観れて食べたかったものが食べられたので
有意義な一日でした。

ということで、旅レコ で記録した正確な今回の旅の移動地図になります。
行田市内詳細バージョンは こちら

<↓クリックすると拡大します>
Nobou_Route2_org.jpg
この後、東京駅で夕食を食べて新幹線で帰阪しました。
それはエピローグとして明日、アップ します。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 埼玉 | TB(0) | CM(8)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム