FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  > 

【静岡東部旅行記⑪】薩埵峠近くでホッコリたい焼き/興津のたいやき屋 伏見(静岡市清水区)

前のネタからちょっと時間を戻しまして、
薩埵(さった)峠から三保の松原
行く途中に気になるお店があったので、ちょっと休憩してました。

OkitsuTaiyaki_002_org.jpg OkitsuTaiyaki_000_org.jpg
薩埵(さった)峠から約10分のところにある 興津のたいやき屋 伏見

OkitsuTaiyaki_001_org.jpg
たいやき 120円

OkitsuTaiyaki_003_org.jpg
焼きたてを食べたいところですが
ガラスケースに作り置きがあったので・・・

OkitsuTaiyaki_004_org.jpg
でも、あったか~いのでひと安心。

餡がどうとか皮がどうとかではなく
ザ・たい焼きって感じで素直にウマぁ~!!

この後、三保の松原に向かって、富士山を拝む ことができました。

次は、静岡に来たならやっぱり さわやかのハンバーグ で夕食です。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/01/20 23:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【静岡東部旅行記⑩】富士山が薩埵峠で少し見えて、三保の松原でキレイに見えたぁ!

2019年春の静岡旅行では 富士山はまったく見えなかった のですが
今回の旅行の一日目は 岩本山公園 ・ 田貫湖 ・ 白糸の滝
壮大で優美な姿を見ることができ、喜んでいました。

しかし、二日目の午前中の 千本浜公園 ・ 三島ウォーク ・ 十里木高原 ・ 大淵笹場
では、またもやまったく見ることができず 富士市の 鯛屋 でランチをして

Fujisan2019_200_org.jpg
2019年春では見えなかった由比の 薩埵(さった)峠
・・・やっぱり見えません。

でも、アマチュアカメラマンっぽい人が三脚でカメラを
設置して、シャッターチャンスを待っているようです。

Fujisan2019_201_org.jpg
カメラでズームしてみると、向かって左側の斜面が少し見えています!

Fujisan2019_202_org.jpg
どうやら、カメラマンはこの雲の流れなら
しばらく待てば見えるだろうと思っている!・・・と勝手に解釈して

次の目的地の 三保の松原 に移動して
新しくできた文化創造センターの みほしるべ の屋上に上がりまして

Fujisan2019_203_org.jpg
見えた~!!!

もう無理かと思っていたのでメチャクチャ嬉しい!!
きっと、薩埵(さった)峠のカメラマンも喜んで撮っているのでしょう。

それでも雲の流れ次第でまた消えるかもしれないので

Fujisan2019_204_org.jpg
小走りで移動して、砂浜でパシャ!

Fujisan2019_205_org.jpg
人が多すぎて、ちょっとイメージする三保の松原ではないので少し離れてパシャ!

Fujisan2019_206_org.jpg
もう少し離れて波と一緒にパシャ!

これで旅行一日目・二日目ともに富士山を見ることができたので
2019年春のリベンジは達成できました。

次は、ちょっと時間を戻しまして、薩埵峠の近くでたい焼きです。
関連記事
[ 2020/01/19 16:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(6)

【静岡東部旅行記⑨】創業300年の旅館でピリ辛スパイシーなスタミナざるそば/本手打 鯛屋(静岡:富士)

旅行二日目の富士山絶景スポット巡りは 残念な結果 でしたが
それでもお腹はすくので富士市の 本手打 鯛屋 でランチです。

FujiTaiya_000_org.jpg FujiTaiya_001_org.jpg
お店の裏に駐車場があり、そのまま裏口から入店して
FujiTaiya_013_org.jpg FujiTaiya_014_org.jpg
靴を脱いで、矢印通りにかなり年季の入った廊下を歩いていくと

FujiTaiya_012_org.jpg
お風呂場の前?
実は、コチラは旅館だそうで、裏口から入ると
旅館内を通ってお店に入ることができます。

FujiTaiya_003_org.jpg FujiTaiya_002_org.jpg
お蕎麦は温かい or 冷たいから選ぶことができ
もう決めていたので ざるスタミナ を注文します。

FujiTaiya_004_org.jpg
まずは、お通しを食べて、しばし待ちます。
・・・もうちょっと待ちます。
・・・急いでいないので待ってみます。
・・・注文通っているのか?
・・・私たちの存在忘れてる?

FujiTaiya_005_org.jpg
遅くなってごめんなぁ、ざるスタミナ
こだわって作っているので時間がかかるそうです。
FujiTaiya_007_org.jpg FujiTaiya_008_org.jpg
煮卵の入ったつけ汁には豚バラ肉が大量に沈んでましたぁ。

FujiTaiya_006_org.jpg
変わったつけ汁とは違って、蕎麦は細切りで本格的です。

FujiTaiya_009_org.jpg
ざるそばのつけ汁をベースにして、ゴマや魚粉が入ってるので
ピリ辛でスパイシーでメチャクチャ美味しい!
こんなに美味しいなら大盛りにしておけばよかったぁ!
FujiTaiya_010_org.jpg FujiTaiya_011_org.jpg
お蕎麦屋さんなので、当然ながら蕎麦湯で割ります。
これがまた絶品です!

FujiTaiya_016_org.jpg FujiTaiya_015_org.jpg
旅館だというので表側にまわってみると創業300年の 鯛屋旅館 でしたぁ。
しかも、数軒隣りには昨日食べた つけナポリタン のアドニスがありましたぁ。

次は、富士山絶景スポット巡り午後の部です。
関連記事
[ 2020/01/18 09:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(4)

【静岡東部旅行記⑧】2日連続で富士山は見えないのか?

旅行一日目は 岩本山公園 ・ 田貫湖 ・ 白糸の滝 ・ いでぼく ・ 沼津港
どこからでも富士山をキレイに見えることができたので
旅行二日目は 沼津港の せきの でアジフライの朝食 を食べてから
昨日と同じように富士山をアチコチから見よう!と出発したのですが・・・

Fujisan2019_106_org.jpg
沼津港近くの 千本浜公園 では釣り人・散歩など多くの人がいて
雪が積もった遠くの山もハッキリと見ることができます。

Fujisan2019_105_org.jpg
更に、波が引くときに石がカラカラコロコロといい音を奏でています。

Fujisan2019_104_org.jpg
でも、富士山は見えな~い!!!

Fujisan2019_101_org.jpg
気を取り直して 三島ウォーク ににやって来ましたぁ!

Fujisan2019_100_org.jpg
残念ながら見えな~い!!!

Fujisan2019_102_org.jpg
裾野市の 十里木高原 で展望台までの
15分の山登りをしたけど見えな~い!!!

Fujisan2019_103_org.jpg
富士市の 大淵笹場 で茶畑と一緒に撮りたかったのに
やっぱり、富士山は見えな~い!!!

2日連続で富士山は見えないのでしょうか?

午前中の富士山絶景スポット巡りは残念な結果になったので
富士市で つけそばのランチ を食べて、午後に賭けてみます。
関連記事
[ 2020/01/16 22:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

【静岡東部旅行記⑦】フワフワの地あじフライは骨せんべい付き/せきの(静岡:沼津)

旅行二日目は、昨夜、深海プリン を買った

NumazuSekino_000_org.jpg
沼津港にふたたびやって来ました。

NumazuSekino_001_org.jpg
そこにある せきの での朝食が目的です。

NumazuSekino_002_org.jpg NumazuSekino_003_org.jpg
港にある定食屋さんで、このメニューから選べと
言われても、そんなに簡単には選べません。

NumazuSekino_005_org.jpg
であれば、一番人気だという 地あじフライ定食
NumazuSekino_006_org.jpg NumazuSekino_008_org.jpg
まずは、鮭のアラの入ったお味噌汁でホッコリしまして

NumazuSekino_007_org.jpg
あじフライと骨せんべいで組まれた あじフライタワー

NumazuSekino_009_org.jpg
こんなにフワっとして柔らかく口の中で溶けてしまう
アジフライは初めてでメチャクチャ美味しい!

NumazuSekino_010_org.jpg
アジフライの途中で食べるパリっとして香ばしい骨せんべいは
同じアジを全く違うモノに思える対比がオモシロいです。

NumazuSekino_004_org.jpg
奥さんと娘は、こちらも骨せんべいがついた なめろう丼

NumazuSekino_011_org.jpg
食べ終わってから港を歩いてみると、
美味しそうな金目鯛の干物・・・買ってくれませんでした。

次は、昨日はあんなに キレイに見えた富士山 が・・・
関連記事
[ 2020/01/15 10:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

【静岡東部旅行記⑥】青いラムネジュレの深海プリン/沼津深海プリン工房(静岡:沼津)

実は、富士宮の いでぼく で ジェラートを食べてから
三島の 桜家 に行く前に閉店時間の都合があったので
沼津港にある 沼津深海プリン工房 に寄ってました。

NumazuPudding_008_org.jpg
一日中どこからでも見えた富士山とはもうすぐお別れです。

NumazuPudding_001_org.jpg NumazuPudding_000_org.jpg
ところが、閉店時間が近いこともあり
ガラスケースには並べられている商品は少しだけ・・・
店員さんに聞くと「残りこれだけなんです、
もう少し奥に行くと2号店があるので、そちらには残っているかもしれません」

(なに?2号店があるのか?)ホンマかなぁと歩いていくと・・・

NumazuPudding_003_org.jpg NumazuPudding_004_org.jpg
沼津深海プリン工房 2号店 がありましたぁ~

NumazuPudding_002_org.jpg
しかも陳列されている商品が多い!

買ってから 三島の 桜家 で うな重 を食べて
ホテルにチェックインしてから・・・

NumazuPudding_005_org.jpg
お得な3点セットがあったので
プレーン ・ 深海プリン ・ 塩キャラメル

NumazuPudding_006_org.jpg
深海というより南の島にあるような鮮やかなブルー

NumazuPudding_007_org.jpg
青色はスッキリとしたラムネのジュレ
とろけるようななめらかなプリンと
2つの味があり眼でも舌でも楽しめます。

これで旅行一日目は終了で、二日目は 沼津港での朝食 からスタートです。
関連記事
[ 2020/01/13 23:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【静岡東部旅行記⑤】フワッフワッな うなぎ重箱は1匹半/うなぎ 桜家(静岡:三島)

富士宮の いでぼく でジェラートを食べてから、ちょっと沼津港に寄り道をして
伊豆箱根鉄道「三島広小路駅」から東へ徒歩1分の うなぎ 桜家 でディナーです。

MishimaSakuraya_001_org.jpg MishimaSakuraya_000_org.jpg
実は15年ぐらい前に仕事で三島に来たときに、取引先に連れてきてもらって、
脂ののりと美味しさに圧倒された記憶があったのでやって来ました。
そのときはもちろん奢ってもらいました。

人気店なので予約したほうがベターだとは思いましたが
17時なので早い時間だから大丈夫だろうと行ってみると、やっぱりOK!
2階へ案内されると半分ぐらいの席が埋まっていました。

MishimaSakuraya_002_org.jpg
丼と重箱は器の違いだけだそうで、
あとは1匹・1匹半・2匹をどれにするかを
奥さんの顔色を窺いながら決めまして・・・

MishimaSakuraya_003_org.jpg
さぁ、どのグレードにお許しが出たのでしょうか?

MishimaSakuraya_004_org.jpg
うなぎ重箱(1匹半)

MishimaSakuraya_005_org.jpg
1匹半となると見てるだけで唾が出てくる迫力です。
MishimaSakuraya_006_org.jpg MishimaSakuraya_007_org.jpg
三つ葉と豆腐の入った肝吸いを飲みまして・・・

MishimaSakuraya_008_org.jpg
フワッフワッで口の中でとけてしまってウマぁ~!!
奥さんも娘も大満足のようです。

次は、沼津港の 深海プリンのデザート です。
関連記事
[ 2020/01/12 16:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(8)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム