おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  > 

リベンジ!福井の元祖ソースカツ丼/ヨーロッパ軒(福井:敦賀)

正直なところヨーロッパ軒の元祖ソースカツ丼はあまり好きではないのですが
一緒に行った同僚が何回か敦賀に来ているのに、まだ食べたことがないというので
EuropeTsurugaST_007_org.jpg EuropeTsurugaST_008_org.jpg
(じゃあ敦賀で何を食べているんだぁ?って心の中で思いながら)
ヨーロッパ軒 敦賀駅前店 でランチです。
EuropeTsurugaST_001_org.jpg EuropeTsurugaST_002_org.jpg
ヨーロッパというハイカラな名前とは全然違う
1階はテーブル14卓、座敷3卓でヤカンでお茶が出てくる大衆食堂です。

EuropeTsurugaST_000_org.jpg
名物のカツ丼はいいとして、ミンチカツになるとパリ丼とオシャレな名前に。
でもそれ以外は普通の名前なので、ヨーロッパ軒ならローマ丼、ロン丼や
ソーセージじゃないけどフランクフルト丼とかにすればいいのに~
とか思いながら、名物とはちょっと違った丼を注文。

ちなみに、ステーキ・オムライス・スパゲティなどもあります。

EuropeTsurugaST_003_org.jpg
ミックス丼

みそ汁のみ(+100円)を追加注文
(ミニサラダ・みそ汁は+200円)

EuropeTsurugaST_004_org.jpg
ミックスとは手前からミンチカツ・チキンカツ・トンカツ

EuropeTsurugaST_005_org.jpg
これにウスターソースをベースにした秘伝のタレをかけているだけなので
相変わらずビジュアルが寂しいなぁ、と思いながら食べてみると
あれ?メチャクチャ美味しいわけではないけど、以前の悪い印象は勘違いだったのか?と
思えるぐらいこれなら、また食べてもいい名物です。

EuropeTsurugaST_006_org.jpg
完食するともうお腹いっぱい!で
まるでヨーロッパに来ているみたい・・・なんて思いませんけど。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/10/01 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

ジャイアンツ内海投手プロデュースの居酒屋/うつ海(福井:敦賀)

出張でやって来ました福井県の敦賀。
敦賀に着いたのが22時前だったのでほとんど開いているお店もなく
ホテルの従業員に聞いてもチェーン店しかないかも?
ってことだったのでチャチャチャっと調べまして
TsurugaUtsumi_003_org.jpg TsurugaUtsumi_002_org.jpg
酒楽家 うつ海 でディナーです。
読売巨人軍・内海哲也投手プロデュースのお店で
店主に聞くと同じ敦賀気比高校野球部だったそうです。

ちなみに、私はタイガースファンなので全く興味はないですけど
同僚はジャイアンツファンなので、少しテンションが上がってます。

TsurugaUtsumi_004_org.jpg TsurugaUtsumi_012_org.jpg
突出し漬け物盛り合わせ

TsurugaUtsumi_005_org.jpg TsurugaUtsumi_010_org.jpg
牛すじ煮込みみょうがの塩こぶあえ

TsurugaUtsumi_006_org.jpg TsurugaUtsumi_008_org.jpg
甘エビごぼう唐揚げ

TsurugaUtsumi_007_org.jpg
名前から名物っぽかったので うつ海のメンチカツ
TsurugaUtsumi_011_org.jpg TsurugaUtsumi_009_org.jpg
イカのしょうゆバター焼アジフライ

TsurugaUtsumi_013_org.jpg
甘いモノが欲しかったので さつま芋スティック
TsurugaUtsumi_000_org.jpg TsurugaUtsumi_001_org.jpg
キレイなお店で、夜遅くまでお客さんも多いので
ジャイアンツファンであってもなくても、美味しく過ごせるお店でした。
関連記事

北海道にしかない 甘納豆の赤飯 を カツゲン と一緒に(北海道:札幌)

札幌のお客さんと呑んだときに
「札幌の赤飯て甘納豆って知ってますか?」
「カツゲンって飲んだことありますか?」
そういう話は大好物なのでメチャクチャ興味津々に
「それはどこで売ってますか?」
「札幌のスーパーならどこでもありますよ」
KatsugenSekihan_001_org2.jpg KatsugenSekihan_000_org.jpg
ということで夕方にイトーヨーカドーに行ってみるとアリましたぁ~
カツゲンはいっぱいありましたが、赤飯は残りわずか。

KatsugenSekihan_002_org.jpg
北海道みやげは パックの赤飯おにぎり赤飯
そして、ソフトカツゲン

KatsugenSekihan_003_org.jpg
マミーをスッキリさせたような感じなので
マミーが濃いなぁって人にはちょうどいい感じ

KatsugenSekihan_004_org.jpg
赤飯に甘納豆って!て思ってましたが
これが超美味しい!アリです!
いや・・・これからは小豆の普通の赤飯が物足りなくなるかも。
関連記事
[ 2016/09/27 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(8)

空港での朝食は握り立てのわさび昆布と筋子のおにぎり/鮭乃丸亀(北海道:新千歳空港)

せっかくの札幌出張なのに、急遽午前の便で帰阪することになったので
空港で少しでも北海道気分を味わおうと 鮭乃丸亀 で朝食です。

MarugameChitose_005.jpg
ガラスケースには見るからに美味しそうな おにぎり たち。
眺めていると、奥から店員さんが
「ご注文いただいてから握りますよ、店内でも食べられますよ」

機内で食べることも少し考えていたので、持って帰ります、と注文。

すると、奥のキッチンのチラチラ見え隠れする場所で握りはじめてくれて

MarugameChitose_000.jpg
鮭筋子 & わさび昆布

もう少しで機内に案内されるけど、
腹減るし、温かいし、美味しそうやし、ということで

MarugameChitose_001.jpg
わさび昆布から

頂上だけでなく、御飯の中にもしっかり入っていて
優しくフワッとした握り具合がウマ~い!

MarugameChitose_002.jpg
頂上の筋子を食べてしまうと、もう具無しかぁ?とか不安になったけど

MarugameChitose_003.jpg
中にも筋子!

MarugameChitose_004.jpg
もっと食べるといっぱい!バンザ~イ!

MarugameChitose_007.jpg MarugameChitose_006.jpg
おにぎりでも北海道気分が味わえた朝食でした。
関連記事
[ 2016/09/25 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

夏の4ヶ月だけ営業している浜名湖産のうなぎ屋さん/うな信(兵庫:姫路,飾磨)

先日のランチは 浜名湖うなぎ うな信 です。
山陽電鉄「飾磨駅」から北へ徒歩5分のところにあります。
HimejiUnashin_000_org.jpg HimejiUnashin_001_org.jpg
13時頃に行ってみると
「蒸してから焼きますんで30分ほどかかりますが」
時間に余裕があったので「いいですよ~」

テーブル8席(3卓)の空いていた最後の1卓に座ります。
夏季以外は 笑寶堂 というたい焼き屋さんだそうです。

HimejiUnashin_008_org.jpg
うなぎの大きさによって、並・上・特上とあり
うな肝串は無いようです。
うなぎの大きさと欲望と財布と相談して 上 を注文。

HimejiUnashin_009_org.jpg
楽しみでしかないこの一文
当店の鰻は全て浜名湖産活漫です

とはいうものの、妹尾和夫が喋りまくっているABCラジオが放送されている
店内はうなぎの匂いが充満して空腹で30分待つのは地獄だぁ~!!

HimejiUnashin_002_org.jpg
うな重(上) ~ うなぎ七分身

小鉢 に 香の物 、肝の入っていないお吸い物
肝はメニューからも消されているし、元々 肝吸い
とも書かれていないので、肝の入荷が難しいのでろうと勝手に解釈。

HimejiUnashin_003_org.jpg
ドドドーンと七分身!

今夏の 浜松旅行うなぎパイ餃子かき氷うなぎボーン では
食べられなかったウナギにまさか姫路でお目にかかれるとは!

HimejiUnashin_005_org.jpg
フワフワで柔らかくてウマぁ~!!!
HimejiUnashin_007_org.jpg HimejiUnashin_006_org.jpg
隣りの男性の特上は うなぎ一匹 だけあって迫力満点だったので、
来夏も営業しているんであれば、次はそれにしよう!
関連記事
[ 2016/09/24 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

【出雲旅行記⑬】縁結びの聖地『鏡の池』で縁占い/八重垣神社(島根:松江)

今回の旅行では、金持神社美保神社出雲大社 と巡って来ましたが

MatsueYaegaki_002_org.jpg
締めくくりは松江に戻って 八重垣神社 にやって来ました。

MatsueYaegaki_003_org.jpg MatsueYaegaki_004_org.jpg
かわいいのか?崩れているのか?
いったい何が起きたのか気になってしまう狛犬

MatsueYaegaki_005_org.jpg
八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した 素盞嗚尊(すさのおのみこと)
その妻の 櫛稲田姫(くしなだひめ) を祀っています。

午前中に素盞嗚尊には 出雲大社 でもお会いしました。

MatsueYaegaki_006_org.jpg
杉の途中から松が生えている 連理の杉松

MatsueYaegaki_008_org.jpg MatsueYaegaki_010_org.jpg
乙女椿(左) と 子宝椿(右)

こちらの神社には、根本は2本あるのに途中からつながって
1本になっている夫婦椿が3本あります。
ちなみに、もう1本は一番大きくて鳥居の前にあります。

MatsueYaegaki_007_org.jpg
では、こちらの神社で有名な占いをやってみましょう!
まずは、占い用紙を買って、神社の奥にある 佐久佐女の森 に移動します。

MatsueYaegaki_009_org.jpg
森の中にある 鏡の池 では占い用和紙に10円玉か100円玉を
載せて池に浮かべる良縁占いができます。
和紙が15分以内に沈むと良縁が早く、30分以上かかると縁が遅いといわれ
更に近くで沈むと身近な人と遠くで沈むと遠方の人と結ばれるというものです。

MatsueYaegaki_000_org.jpg
これが私

早く沈んでくれ~!と祈りながらドキドキ・ワクワクします。

MatsueYaegaki_001_org.jpg
5分ぐらいで沈みましたぁ!

1人で来ていた見知らぬ男性は私より先から始めていましたが
まったく沈む気配がなかったので、沈んだかどうか気にはなりますが・・・

ということで、1泊2日で4つの神社にお参りした出雲旅行はおしまいで~す。
関連記事
[ 2016/09/23 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(0)

【出雲旅行記⑫】ぜんざい発祥の出雲で抹茶セット/morikame(島根:出雲)

八雲で出雲そば を食べたばかりですけど、出雲発祥のスイーツが
あるというので、坂の下cafe morikame(モリカメ) でデザートです。
IzumoMorikame_002_org.jpg IzumoMorikame_001_org.jpg
神門通りから脇に入った馬場通りにあって
昭和初期まで営業していた『森亀旅館』を改装したカフェで
なんとなく歴史を感じさせる空間ではあります。

IzumoMorikame_003_org.jpg
出雲では10月は神無月(かんなづき)ではなく神在月(かみありづき)で
神々が集まる「神在祭(かみありさい)」で振る舞われていた
『神在(じんざい)餅 』が訛って『ぜんざい』となったそうです。

IzumoMorikame_004_org.jpg
抹茶がセットになった 小椀ぜんざい

IzumoMorikame_000_org.jpg
実は、お餅が2個の 出雲ぜんざい&珈琲 を頼んだんですけど
いろいろ手違いがあって、お餅が1個のコレになっちゃいました。

IzumoMorikame_005_org.jpg
注文間違いがあったりしましたが、小豆の一粒一粒がはっきりわかる
汁は少なめのぜんざいはおそらく今まで食べたぜんざいで一番美味しいかも?

IzumoMorikame_006_org.jpg
帰りに娘がスヌーピーのティッシュケースを貰いましたぁ
(お詫びかも?)

最後は、今回の旅行で巡る4つ目の神社の 八重垣神社 にお願いしに行きます。
関連記事
[ 2016/09/21 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム