おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  > 

【台湾旅行記⑩】初めての台湾の夜市は寧夏夜市(台北:中山)

九份 で 千と千尋の神隠しの湯婆婆の屋敷 を見て、
名物の 魚のつみれ汁・タロイモ団子のお汁粉 を食べてから

九份 ⇒ [バス] ⇒ 金爪石 ⇒ [バス] ⇒ 忠孝復興駅
⇒ [MRT板南線] ⇒ 台北駅 ⇒ [淡水信義線] ⇒ 中山駅
NingxiaNightMarket_000_org.jpg
と乗り継いでただいま20時。
寧夏夜市(ニンシャーイエシー) にやって来ました。

朝から、西門(シーメン)猴硐(ホウトン)十分(シーフェン)九份(ジォウフェン)
と移動して4食も食べているので軽く流すように見て食べようということで・・・

NingxiaNightMarket_004_org.jpg NingxiaNightMarket_003_org.jpg
お姉さんが美味しそうに包んでいたので

NingxiaNightMarket_001_org.jpg
赤肉蒸餃

NingxiaNightMarket_002_org.jpg
何か足りないような気もするけど、まぁええかぁ

NingxiaNightMarket_006_org.jpgNingxiaNightMarket_005_org.jpg
焼いている姿が美味しそうなんですが、名前からは何も想像できませんが・・・

NingxiaNightMarket_007_org.jpg
海鮮貝

NingxiaNightMarket_008_org.jpg
貝などの海鮮がいっぱい入ったグラタンみたいなモノでしたぁ~

NingxiaNightMarket_009_org.jpg
寒い日でしたが、娘が台湾なのでアレを食べたいというので

NingxiaNightMarket_010_org.jpg
マンゴーシャーベット

NingxiaNightMarket_011_org.jpg
フワフワな氷は超美味しい~!!
けど、寒い~!!

このままホテルに帰る予定でしたが、寒いので身体の中から
温かくしたかったので、ホテル近くの 全家(ファミリーマート)

NingxiaNightMarket_012_org.jpg
買った 関東煮

チクワや白い団子の2つは想像できる範囲内の味なのでOKなんですけど

NingxiaNightMarket_013_org.jpg
もち米を豚の血で固めた 新米血糕
世の中に好きな人がいるとは思えない無味無臭でモサっとした食感です。

次は、台湾3日目の朝食は豆漿(トウジャン) です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/16 23:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑨】名物の 魚のつみれ汁 と タロイモ団子のお汁粉(新北:九份)

千と千尋の神隠しの湯婆婆の屋敷 のモデルっぽいところを
撮影してから 九份(ジォウフェン) でも軽く食事です。

ちなみに、本日4食目【 西門(シーメン)猴硐(ホウトン)十分(シーフェン)
ですが、西門以外は一つだけ頼んで3人でシェアしているのでお腹にはまだまだ余裕はあります。

JiufenFood_000_org.jpgJiufenFood_001_org.jpg
まずは、店先で調理している姿が美味しそうな 九份傳統魚丸

JiufenFood_002_org.jpg
う~ん、何かよくわかんね~!
でも、別のメニューで写真もあったのでお決まりの名物を注文。

JiufenFood_003_org.jpg
【左】 綜合魚丸湯 ・ 【右】 特製乾麺

JiufenFood_004_org.jpg
イカや鰯などどれも味が違う蒲鉾のように硬めのつみれが4個入って、スープは非常に薄味です。

JiufenFood_005_org.jpg
いわゆる 汁無し肉味噌麺 ですね。

どちらもそれなりに美味しいんですけど、なぜ名物なんやろう?

JiufenFood_006_org.jpg
人気店なので、私たちと相席していたのは食事中のお店のおばちゃん
JiufenFood_010_org.jpg JiufenFood_007_org.jpg
次は、こちらも人気店の 阿柑姨芋圓

JiufenFood_008_org.jpg
おそらく、上が冷たいタイプで下が熱いタイプなんだろう・・・
綜合がミックスで、後は1種類の豆しか入っていないんだろう・・・
JiufenFood_009_org.jpg JiufenFood_011_org.jpg
と勝手に解釈して、温かい1番を注文して
受け取ってから奥の座席に向かう途中には
おばちゃんたちがひたすら団子を作っています。

JiufenFood_012_org.jpg
芋圓(綜合湯)

全然美味しそうに見えませんが・・・

JiufenFood_013_org.jpg
すくい上げるといっぱいの団子と豆が沈んでます。
薄めのお汁粉みたいで、好みが分かれそうですが、私は好きですね。

さて、九份から台北の 忠孝復興駅 までバスで帰るんですが、
高速を通ることもあり、立ち席はなく満席になると乗れないのでバス停は行列です。

そこで、少しお金はかかりますが(といっても15元だけ)、
敢えて駅とは逆向きの金爪石行きのバスに乗って、
始発の 金爪石バス停 から悠々と座って帰ることができました。

次は、寧夏夜市 で本日5食目を食べます。
関連記事
[ 2017/01/15 16:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑧】ココが 千と千尋の神隠し の 湯婆婆の屋敷 かぁ(新北:九份)

十分(シーフェン)台湾のナイアガラに行って、ランタンを上げて
犬がヨダレを垂らすほどの食べ歩き をしてから

JiufenScenery_004_org.jpg
十分駅 ⇒ [台鉄平溪/深澳線] ⇒ 瑞芳駅(ルイファン)⇒ [バス] ⇒

JiufenScenery_000_org.jpg
と乗り継いで 九份(ジォウフェン) にやって来ました。

ただ、台湾のバスの運転手はお客さんを乗せていることを
忘れているのかと思ってしまうぐらい運転が荒い!!!

JiufenScenery_001_org.jpg
さすがに人気のある観光地だけあって 基山街 はもの凄い人だかり。
猫村の猴硐(ホウトン)ランタンの十分(シーフェン)
比べて日本人が急に多くなったように感じます。

JiufenScenery_003_org.jpg
九份と言えばの有名な建物があるので、豎崎路 を下りますと

JiufenScenery_002_org.jpg
ジャジャジャジャーン!!

観光案内看板には 千と千尋の神隠し湯婆婆の屋敷 って
書いてありますが、実際にはモデルではないらしい・・・

実際のところ、ココがベストな撮影スポットなのですが
向かいの2階にあるお店の入り口の階段であるために、
お店の人に追い出されることになって

JiufenScenery_005_org.jpg
夕暮れ時には、ちょっと低い場所からパシャっと!

次は、九份での食事編です。
関連記事
[ 2017/01/14 09:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(4)

【台湾旅行記⑦】犬もヨダレを垂らす十分老街で食べ歩き(新北:十分)

十分大瀑布を観て、ランタンを上げて から本日3回目の食事です。
と言っても、3人でシェアしているので食べ過ぎ~!ってほどでもないので。
ShifenFood_001_org.jpg ShifenFood_000_org.jpg
行列が出来ているので覗いてみると、どう見ても美味しそうな照り

ShifenFood_002_org.jpg
雞翅包飯(鳥の手羽ご飯入り)

ShifenFood_003_org.jpg
超スパイシーで中にはご飯入り

ShifenFood_004_org.jpg
3人で順番に回し食べしている目の前には、犬が行儀よく
食べ物の行方を追いながら ヨダレをタラタラ 垂らしています。

きっとこの美味しさを知っているのでしょう!

そして、この犬&3人の光景は通り過ぎる観光客が国籍を問わず笑っていました。
ShifenFood_006_org.jpg ShifenFood_005_org.jpg
あぁ、こっちも美味しそう~ということで

ShifenFood_007_org.jpg
ソーセージを鶏皮で巻いている 雞腿捲(チキンロール)
ShifenFood_009_org.jpg ShifenFood_008_org.jpg
なんじゃコレは~!と引き付けられて寄ると
スルメイカのフライのようですが、ちょっと食べ難そうだったので

ShifenFood_010_org.jpg
香ばしい エビの油揚げ
ShifenFood_012_org.jpg ShifenFood_011_org.jpg
最後は喉が渇いてきたので、涼しげな飲み物探していると

ShifenFood_013_org.jpg
金桔檸檬・・・ほぼ無味でちょっと期待外れ

次は、九分に移動して 千と千尋の神隠しの湯婆婆の屋敷 です。
関連記事
[ 2017/01/13 01:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑥】台湾のナイアガラを観てからランタン飛ばそう(新北:十分)

候硐(ホウトン)の猫村 で癒されて、猫カフェで休憩 してから

ShifenLantern_010_org.jpg
候硐駅 ⇒ [台鉄平溪/深澳線] ⇒ から3駅目の 十分駅(シーフェン) に到着

ShifenLantern_004_org.jpg
駅を降りると線路沿いというか線路の上では、願い事が書かれた
ランタン(天燈) が上げられています。

私たちもすぐにランタン上げをしたかったのですが、おそらく駅に着くと誰もが同じことをして
混雑するだろうと思われたので、先にもう一つのメインスポットに行くことにしました。

ShifenLantern_001_org.jpg
この後、十分でも何かを食べることにしているので
線路沿いの屋台では何が売っているのか確かめたり

折角、願い事を書いているのに縁起でもなくランタンが燃えて
打ち上げに失敗している寂しそうな観光客の姿を見たりして
十分老街を抜けると 十分大瀑布 の案内看板

ShifenLantern_002_org.jpg
更に歩くと橋に向かって大勢の人が歩いています。

ShifenLantern_000_org.jpg
更に更に更に歩くと 台湾のナイアガラ こと 十分大瀑布

こんな小さい台湾にも大きな滝があるんやぁって思ってたら
台湾は九州と同じ大きさらしいことにビックリ!

ShifenLantern_003_org.jpg
ナイアガラから十分老街に戻っていると空にはいっぱいのランタン!!
さて、どこに飛んでいくんでしょう?

ShifenLantern_006_org.jpg
ランタン業者はいくつもありますが、どれも同じ価格のようで
単色(一色)か 四色 を選びます・・・八色もありました。

ShifenLantern_007_org.jpg
選択竿のようなところにランタンを下げてくれるので願い事を書きます。

ShifenLantern_011_org.jpg
4面に願い事を書くと各面ごとに写真撮影をしてくれて

ShifenLantern_008_org.jpg
「3・2・1」とカウントダウンをして空に放ちます。

ShifenLantern_005_org.jpg
願いが叶いますように!

後でスマホを確かめると30枚ぐらい撮ってくれていました。

ShifenLantern_009_org.jpg
このローカル線は1時間に1本しか電車は走りませんが、
そのときには、当然ランタンを中止して退避しなければなりません。

しか~し!通過する警告笛が鳴るのが電車が通る直前すぎて
逃げ遅れそうになる観光客もいたりするのでご注意を!
地元のおじさんに怒られますので・・・

次は、十分で本日3回目の食事(食べ歩き) です。
関連記事
[ 2017/01/11 12:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑤】猫カフェでアイスクリームワッフル/Hide & Seek(新北:猴硐)

HoutongHideSeek_003_org.jpg HoutongHideSeek_002_org.jpg
猫村&廃坑を散策 してから猫村にある Hide & Seek で休憩です。

HoutongHideSeek_000_org.jpg
というか、カフェは何軒かあるのですが、ちょっと早い時間だったのでココしか開いてませんでした。
HoutongHideSeek_006_org.jpg HoutongHideSeek_005_org.jpg
もちろん店内は猫の飾りだらけで、クリスマス前でもあったので更にカワイらしくなっています。

HoutongHideSeek_004_org.jpg
今日はアチコチに寄って全部で5回食事をする予定だったので、
3人でシェアをして少しずつ食べるのでスイーツとドリンクを注文。

HoutongHideSeek_007_org.jpg
すると、待っている間にどうぞと 猫たちの写真集をドッサリ!
そして、日本の旅行誌にコチラのお店が載っていて「コレ私!」と
お店のおばあちゃんが自慢をして厨房に戻っていきます。

HoutongHideSeek_008_org.jpg HoutongHideSeek_012_org.jpg
【左】アイスモカ
【中】ハニーグレープフルーツティ
【右】ウィンター・メロン・レモン(冬瓜檸檬)


冬瓜檸檬がスッキリして美味しい~!!

HoutongHideSeek_001_org.jpg
このお店の看板猫は 班班・・・読み方わからず

HoutongHideSeek_009_org.jpg
アイスクリームワッフル

HoutongHideSeek_010_org.jpg
クリームが猫になっちゃってます。

HoutongHideSeek_011_org.jpg
おばあちゃんが作っていたので期待していなかったのですが
失礼ながら、メチャクチャ美味しいニャー!!

HoutongHideSeek_013_org.jpg
お店に飾ってあったオブジェが猫村の雰囲気をうまく表現していて
欲しいと思ったのですが残念ながら売り物ではないみたいです。

次は、十分に移動して 台湾のナイアガラ & ランタン上げ です。
関連記事
[ 2017/01/09 23:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(2)

【台湾旅行記④】アッチもコッチも猫でいっぱ~い(新北:猴硐)

西門の美而美でハンバーガー のモーニングを食べてから

西門駅 ⇒ [MRT板南線] ⇒ 台北駅 ⇒ [台鉄宜蘭線] ⇒
HoutongCat_006_org.jpg HoutongCat_005_org.jpg
と乗り継いで1時間後に 猴硐(ホウトン)駅 に到着。

駅ではいきなり猫のオブジェがお出迎え

HoutongCat_004_org.jpg
駅の北側一帯が 猫村 なので早速散策すると、

HoutongCat_002_org.jpg
そこはまるで 猫の楽園 のようです。

HoutongCat_003_org.jpg
HoutongCat_016_org.jpg
バイクにも乗るし、店番もするし・・・

HoutongCat_011_org.jpg HoutongCat_007_org.jpg
HoutongCat_000_org.jpg
HoutongCat_017_org.jpg
HoutongCat_010_org.jpg
HoutongCat_001_org.jpg HoutongCat_013_org.jpg
HoutongCat_009_org.jpg
HoutongCat_008_org.jpg
猫たちに癒されてから、駅の反対側に行くとそこは 廃坑

HoutongCat_012_org.jpg
猫村と言いますが、廃坑側には 犬 もいます・・・かと言ってこっちは犬村ではないですが。

HoutongCat_014_org.jpg
廃線になった トロッコ橋

橋を渡るとトロッコに乗って廃坑の中にも入ることができるのですが、それはキャンセルで。

HoutongCat_015_org.jpg
その橋からの景色を眺めると、とんでもない田舎に来てしまったぁ。
言葉の通じない海外やのに無事帰られるのだろうかぁ、ちょっと心配。

次は、もう少し時間があるので、猫カフェのアイスクリームワッフル で休憩です。
関連記事
[ 2017/01/08 15:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(6)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム