おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  > 

黒豚ではないけど上ロースカツ定食/川久(鹿児島中央駅)

鹿児島出張のランチは とんかつ 川久 です。
鹿児島中央駅から南へ徒歩5分のところにあります。
KagoshimaKawakyu_003_org.jpg KagoshimaKawakyu_004_org.jpg
テーブル7卓・座敷3卓で地元っぽい人もいるけど大半が観光客のようです。

テーブルには3種類のソース。しかも何ソースなのか書かれていない。
私のテーブルから遠く離れたお土産用のソースのラベルを目を凝らして読むと
トンカツソース・しょうゆダレ・ゆずみそタレ のようです。
KagoshimaKawakyu_001_org.jpg KagoshimaKawakyu_002_org.jpg
お得なランチにするか? ガッツリ食べるか? 黒豚にするか?
黒豚はやっぱり高いなぁ~ということでガッツリにしよう!と注文。

「揚げるのに20分ほどかかります」とのこと。

KagoshimaKawakyu_005_org.jpg
上ロースカツ定食 250g

KagoshimaKawakyu_007_org.jpg
早速、3つのソースを充填しまして

KagoshimaKawakyu_006_org.jpg
脂が滲みあふれてきている・・・

KagoshimaKawakyu_008_org.jpg
ゆずみそタレを付けまして、
ウマぁ~! 脂、甘~い!

でも、美味しいのは途中まで・・・
オッサンにはこの脂は堪える。
KagoshimaKawakyu_009_org.jpg KagoshimaKawakyu_000_org.jpg
ボリューム控えて、黒豚にしとけば良かったぁ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/24 12:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

【潮干狩り2017 ②】ココは韓国かぁ?ウマすぎるスンドゥブとチジミ/おんどるばん(兵庫:姫路)

新舞子で潮干狩り をした後、クルマで東へ20分ほど走って
HimejiOnDolBang_000_org.jpg HimejiOnDolBang_001_org.jpg
つり具屋さん?としか思えない
コリアンダイニング おんどるばん でランチです。
HimejiOnDolBang_003_org.jpg HimejiOnDolBang_004_org.jpg
日本だとは思えない内装で、テーブルのコンロも韓国製。
お店のお母さんもカタコトの日本語で
もうここは韓国としか思えない雰囲気です。

しかも、お母さんも息子さんもとってもフレンドリー!

HimejiOnDolBang_002_org.jpg
ランチは1種類だけだそうです。

HimejiOnDolBang_007_org.jpg
オンマの気まぐれランチ

HimejiOnDolBang_005_org.jpg
韓国料理らしくキムチやナムルなどおかずがいっぱい!

HimejiOnDolBang_006_org.jpg
チャプチェ・サラダに チジミ

今まで食べたチジミのなかでダントツで美味しい!
あまりにも美味しいので何が入っているのか聞いたところ
「よく聞かれるんですが、これだけは言えないんです」とのこと。

HimejiOnDolBang_008_org.jpg
スンドゥブ

HimejiOnDolBang_009_org.jpg
フワフワな豆腐に海老の出汁が効いていて、めちゃくちゃ美味しい!

・・・でも「本日の一品」が足りないような?

HimejiOnDolBang_010_org.jpg
サービスで出してくれた シッケ という韓国の甘酒のようなモノ
日本の甘酒とは違ってスッキリしてほんのりした甘さです。


HimejiOnDolBang_011_org.jpg
帰るときには韓国アメをどうぞ!

う~ん、ココは夜も行ってみたくなるお店です・・・
関連記事
[ 2017/05/22 23:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

【潮干狩り2017 ①】大雨のあとの新舞子海水浴場(兵庫:たつの)

毎年恒例の 潮干狩り に行ってきました。

昨年(2016)一昨年(2015) と大不漁だったので場所を変えることも考えたのですが
結局はいつもと同じ 新舞子海水浴場 になってしまいました。

Shiohigari2017_001_org.jpg
しかし、前夜から続く今年一番の大雨で
天気予報では8時頃には止む予定だったこともあり

Shiohigari2017_000_org.jpg
開場(10時半)の30分前でも・・・・誰もいない
Shiohigari2017_003_org.jpg Shiohigari2017_002_org.jpg
それでも開場時間になると、どこに隠れていたのか
お客さんがゲート前に並びだしました。

いつもなら2つある入口が開くのですが一方は閉まったままです。

つまり天候の影響でそれだけお客さんが少なかったということです。
とは言いながらも運よく天気は持ちこたえて、お客さんも少なかったので

Shiohigari2017_004_org.jpg
まぁまぁの成果でしたぁ~!!

左(赤)が娘、右(黄)が私で合わせて 1.2kg でしたぁ!

Shiohigari2017_005_org.jpg
一晩、砂抜きしまして~

Shiohigari2017_006_org.jpg
翌日の昼食は あさりの酒蒸し
チャーハンと一緒に美味しくいただきましたぁ・・・鍋から直接食べてますけど
関連記事
[ 2017/05/21 16:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

生クリームと小豆のなまどら焼/榮太楼(仙台空港)

仙台出張のお土産を買うために空港のお土産売り場をウロウロしまして
EitaroSendaiAP_000_org.jpg EitaroSendaiAP_001_org.jpg
今日は なまどら焼き がミョーに気になるなぁ~

EitaroSendaiAP_002_org.jpg
ということで 榮太楼なまどら焼

EitaroSendaiAP_003_org.jpg
ほぼ垂直に並べられている5個入り

EitaroSendaiAP_004_org.jpg
・・・ところで、「なま」どら焼きって何でしょう?

EitaroSendaiAP_005_org.jpg
いつもの どら焼き と何の違いもないんですが。

EitaroSendaiAP_006_org.jpg
どうやら餡子だけじゃなくて、生クリーム が入っていると
なまどら焼き って言うそうで、
アンコはちょっと~、和菓子はちょっと~と苦手な人でも
美味しく食べられる 「なま」どら焼き です。

ごま や チョコ もあるみたいなので、他の味も試したくなりますね。
関連記事
[ 2017/05/20 09:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

焼鳥・わさび和え・唐揚げがついた鳥定食/(宮城:仙台)

仙台出張のランチは 鳥料理 杉本 です。
SendaiSugimoto_001_org.jpg SendaiSugimoto_000_org.jpg
目的地に向かいながらレンタカーを走らせて
何かないかなぁと調べて着いたので、ここはどこやら?

この場所がどれぐらいの立地かわかりませんが
座敷4卓・テーブル1卓のお店が結構賑わってます。

SendaiSugimoto_002_org.jpg
定食と3種類の丼(あと一つ思い出せず)なんですが
これはほぼ一択と言ってもいいかもしれないので・・・

SendaiSugimoto_003_org.jpg
ということで、鳥定食

SendaiSugimoto_004_org.jpg
メニューには 唐揚げ と書いてますが、竜田揚げ です。
サクサクで味付けもよく超ウマ~い!!

SendaiSugimoto_005_org.jpg
更に、焼鳥・わさび和え と鶏三昧!

仙台名物でもなんでもないけど、大満足のランチでしたぁ。
関連記事
[ 2017/05/19 01:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

【金魚をたずねて⑤】出汁がよく効いたトロ~リな彩り天ぷらカレーうどん/入船(奈良:御所)

大和郡山で 電話ボックスの金魚商店街の金魚金魚資料館 に行ってから
帰阪するのですが、いつもとは違うルートで帰ることにして
御所駅から南東へ徒歩3分の 入船 でディナーです。
GoseIrifune_004_org.jpg GoseIrifune_003_org.jpg
掘りごたつ4卓、L字カウンター10席で壁がかなり賑やかなお店で
愛想がよく元気なおばあさんとおじさんで切り盛りされているようです。

GoseIrifune_002_org.jpg
優柔不断であれば一生決めることができないぐらいメニューが多いですが
カレーうどん・親子丼・チキンカツがおススメなようです。

GoseIrifune_005_org.jpg
ということで、彩り天ぷらカレーうどん

GoseIrifune_007_org.jpg
出汁がカレーに負けないぐらいよく効いていて
煮込まれた玉ネギとシャキッとしたネギの食感。

餡がトロ~リと絡まるカレーうどんはいつまでも熱々でいただけます。
スパイシーではありますが、辛味は強くないので人気があるのもわかります。

GoseIrifune_008_org.jpg
彩り天ぷらは 海老・チクワ・大葉・レンコン


GoseIrifune_006_org.jpg
奥さんと娘は とろ~り焼きチーズカレーうどん

バーナーで炙られているので香ばしく
食べても食べてもチーズが無くならないそうです。
GoseIrifune_000_org.jpg GoseIrifune_001_org.jpg
ちなみに、おばあさんが厨房のおじさんにメニューを伝えるときには「彩りさん」、「チーズさん」
そしてチキンカツは「チキンカっちゃん」と親しみを込めて伝えているので
他のメニューを何と呼ぶのか気にはなるお店です。

以上で、大和郡山での金魚めぐりはおしまいで~す。
関連記事
[ 2017/05/17 12:00 ] 旅行・おでかけ 奈良 | TB(0) | CM(2)

【金魚をたずねて④】無料だというので金魚資料館に行ってみた(奈良:大和郡山)

電話ボックスで泳ぐ金魚柳町商店街の金魚たち を見てから
ここまで来たのなら、ちょっと離れているけど 金魚資料館 まで歩いてみました。

YamatokoriyamaKingyoen_010_org.jpg
近鉄郡山駅から南西へ歩いていくと 池だらけな一帯が広がります。

YamatokoriyamaKingyoen_004_org.jpg
この池で金魚の稚魚を育てているようです。

あぜ道を進んでいくと両脇の水路には金魚の死骸が浮いていて
その腐臭がちょっと気にはなりますが我慢して・・・
YamatokoriyamaKingyoen_012_org.jpg YamatokoriyamaKingyoen_011_org.jpg
やまと錦魚園内に 金魚資料館 があります。
YamatokoriyamaKingyoen_013_org.jpg YamatokoriyamaKingyoen_007_org.jpg
無料なので、資料室は特に整理されているわけでもなく
無料なので、金魚の父の松井佳一先生も蜘蛛の巣だらけ

それでも水槽の金魚や
YamatokoriyamaKingyoen_005_org.jpg
YamatokoriyamaKingyoen_006_org.jpg

YamatokoriyamaKingyoen_003_org.jpg YamatokoriyamaKingyoen_001_org.jpg
高級金魚飼育池にも入れるのでそれなりに楽しめるかも?

YamatokoriyamaKingyoen_014_org2.jpg
YamatokoriyamaKingyoen_000_org.jpg
YamatokoriyamaKingyoen_002_org.jpg

YamatokoriyamaKingyoen_008_org2.jpg
奥さん「わぁ、ココの松には花が咲いているんやぁ」

YamatokoriyamaKingyoen_009_org2.jpg
見上げると藤棚・・・藤が散っているだけでしたぁ

大和郡山の金魚たちを後にして
次は、移動して御所でカレーうどんのディナーです。
関連記事
[ 2017/05/15 23:00 ] 旅行・おでかけ 奈良 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム