おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  > 

喉越しなんか関係ない 肉天ぷら 吉田のうどん/源さん(山梨:甲府)

甲府出張のランチは うどん屋 源さん です。

ナビがないと絶対にたどり着けないような場所にありながら
駐車場も広く、座敷4卓・テーブル4卓もお客さんでいっぱいです。

KofuGensan_001_org.jpg KofuGensan_002_org.jpg
メニューを見て、これにしよう!と決めたものの
水はセルフらしいけど、誰も注文を取りに来ない・・・

周りのお客さんを見ると、テーブルに置いてある紙に
食べたいモノを書いて、厨房まで持っていくのがルールらしい。

KofuGensan_003_org.jpg
出来上がったら、店員さんが持ってきてくれて
肉天ぷらうどん(味噌味)

KofuGensan_004_org.jpg
以前に せんしゅう で食べたので個性的なビジュアルは経験済みではありますが
ドッサリのお肉 に 天ぷら

KofuGensan_005_org.jpg
キャベツは せんしゅう よりも控えめ

KofuGensan_006_org.jpg
ズルズルすすれないし
喉越しなんか関係ないし
ガシガシ、クチャクチャ噛んでアゴが疲れるし
と文句ばかりですが、これはこれでアリだと思ってしまう不思議なうどんです。
KofuGensan_007_org.jpg KofuGensan_000_org.jpg
うどん屋さんなのにラーメンを食べている人がいたり
うどんで作った焼き餃子を頼んだら、今日はやっていなかったので
次は、うどん屋さんで ラーメン+焼き餃子 で。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/10/20 01:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

接客もノリもいい店員さんのいる居酒屋さん/一丁目SAKABAかんすけ(山梨:甲府)

甲府出張のディナーは 一丁目SAKABAかんすけ です。
JR甲府駅から南へ 奥藤本店・小作 を通り過ぎた平和通り沿いにあります。

人気のあるお店かわからないので、とりあえず事前に予約して
予約後に「やっぱり30分早くしたいのですが~」
「すみません、満席なので難しいですねぇ」
「じゃあ、そのままの時間でお願いします」

随分時間が経ってから、見知らぬ番号から着信があり
「席が空いたので予約変更できますよ」
「では、30分早くお願いします。」
と頼んでもいないのに臨機応変に対応してくれてこれだけでポイントアップ!

KofuKansuke_005_org.jpg
ということで30分早く飲み会が始まり
まだ何も頼んでないんですけど・・・鶏辛鍋
どうも突出しらしく、300円/人なんで小鉢とかより嬉しいかも。

KofuKansuke_007_org.jpg
前菜の盛り合わせ

馬サラミ・えだペペ・サーモンのカルパッチョ・ポテトサラダ
きゅうりのラー油漬け・彩り野菜のピクルス・
レバパテ(バケット添え)・天使のクリームチーズ

KofuKansuke_002_org.jpg KofuKansuke_004_org.jpg
バーナーで炙っている写真を撮っていると
「私も可愛く撮ってくださいね」と女性の店員さん。

で海無し県で 炙り〆サバ

KofuKansuke_003_org.jpg KofuKansuke_006_org.jpg
甲府名物も食べなあかんでぇということで
馬刺し・とりもつ

KofuKansuke_008_org.jpg
明らかに納得できないメニューがあったので
「海の無い山梨で 甲斐サーモンって何?」
「実は・・・ニジマスなんです。」

なんかよくわからんけど、甲斐サーモンのバター包み焼き

KofuKansuke_010_org.jpg KofuKansuke_011_org.jpg
「富士桜ポークって地元の豚?」
「たぶん・・・富士山の麓の豚ですかねぇ」
「そんなこと誰でも思うわぁ~」

全然納得いかんけど、
富士桜ポークのステーキ・フランクのソーセージ4種盛り

KofuKansuke_009_org.jpg
「馬サラミは、馬という漢字を使っていて
 旨タンは、馬ではないということは、牛?」
「う~ん、わかんないです」
「じゃあ、確認してきて~」
「確認したら、馬っす!」
「じゃあ、頼もう!」

旨タンと馬サラミ 地元チーズ添え

とオッサンたちの面倒な会話にも付き合ってくれ
どれも美味しく満足して、〆も甲府名物にしようと・・・

KofuKansuke_012_org.jpg
さて、これは何でしょう?

KofuKansuke_013_org.jpg
カルボナーラほうとう でしたぁ

どこか田舎臭い ほうとう がオシャレに大変身!
KofuKansuke_000_org.jpg KofuKansuke_001_org.jpg
下戸な私には興味がありませんが、呑める同僚は
種類の多いワインにも満足しているようでした。
関連記事

肉!肉!肉!なガッツリ焼肉ランチ/肉バル2986(大阪:堺東)

先日のランチは 肉バル2986 です。

南海高野線「堺東駅」から西へ徒歩5分のところにあり
斜め向かいにはガレットを食べた マルチズンズン があります。
SakaiHigashi2986_005_org.jpg SakaiHigashi2986_006_org.jpg
店内は奥に長くランチタイムでも照明が暗めなお店です。
でも、店員のお兄さんたちは元気です。

SakaiHigashi2986_002_org.jpg SakaiHigashi2986_003_org.jpg
とにかく肉!肉!肉!
さぁ、なんでも来い!のようなメニュー

SakaiHigashi2986_004_org.jpg
まずは、ランチに必ずついてくる サラダ・スープ

SakaiHigashi2986_007_org.jpg
そして、ご飯がてんこ盛りな 焼肉ランチ

SakaiHigashi2986_008_org.jpg
ジュージュー音を立てる熱々の鉄板

普通は 肉:野菜 =5:5 のような比率で出てきそうですが
9.5:0.5 の肉だらけに焼肉
野菜と言えば、炒めた玉ネギと生ネギをパラパラ

SakaiHigashi2986_009_org.jpg
濃いタレで焼いた焼肉はご飯が進んで進んで止まりませ~ん。
SakaiHigashi2986_001_org.jpg SakaiHigashi2986_000_org.jpg
ガッツリ肉ばかりを食べたい人にはタマラナイランチなお店でした。
関連記事
[ 2017/10/16 23:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

イチゴに白いヒゲの博多ぱいおう/伊都きんぐ(福岡空港)

ItokingFukuokaAP_107_org.jpg
福岡空港前にある大きな看板が記憶のどこかにあったので
空港のお土産売り場を見ていると・・・

ItokingFukuokaAP_100_org.jpg ItokingFukuokaAP_101_org.jpg
「あ~アレかぁ、チョコもあるんやぁ~」

ItokingFukuokaAP_102_org.jpg
ノーマル&チョコのセットがなかったのでノーマルな
博多ぱいおう

ItokingFukuokaAP_103_org.jpg
パイ王(ぱいおう)なので、イチゴには白いヒゲ

ItokingFukuokaAP_104_org.jpg
16人の王様

ItokingFukuokaAP_105_org.jpg
あまおうの風味が強すぎず弱すぎず
嫌味のない丁度いい感じで

ItokingFukuokaAP_106_org.jpg
サクサクの心地よい食感で美味しくいただける
博多らしい あまおうのパイです。

☆今までの「伊都きんぐ」☆
あまおう苺入りどら焼き どらきんぐエース
関連記事
[ 2017/10/15 16:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

讃岐のコシと博多のゴボウ天のぶっかけうどん/侍.うどん(福岡:博多)

福岡出張のでランチは 侍.うどん です。
博多駅から南へ徒歩14分のところにあります。
HakataSamurai_003_org.jpg HakataSamurai_002_org.jpg
カウンター6席・テーブル14席のキレイなお店で
看板には「麺はロック」
一見強面の店主はちょんまげではなく鉢巻です。

HakataSamurai_004_org.jpg HakataSamurai_005_org.jpg
隣りのおばさんが食べているカレーうどんが
美味しそうだったのですが、今日の気分はカレーではないので

HakataSamurai_006_org.jpg
侍.ぶっかけ(明太子トッピング)

HakataSamurai_007_org.jpg
初めて見る箸袋の 御手茂沓(おてもと)

HakataSamurai_008_org.jpg
博多なんで、やっぱりゴボウ天がワサワサ。
そして、タップリの豚肉

HakataSamurai_009_org.jpg
チクワ天・ブロッコリー天に
追加の明太子は1本(半腹)がドーン!

HakataSamurai_010_org.jpg
やや平打ちなうどん は博多なのにコシがあります。

大阪で食べる讃岐うどんとも遜色なく美味しいので
どこにお店を出しても流行りそうなのはわかります。

なんですが、メニューの説明を見ると
「9種の具材をのせたぶっかけ」

ゴボウ・豚肉・チクワ・ブロッコリー
後は薬味やけど
ネギ・ゴマ・大根おろし・レモン
う~ん、足りない・・・まさか出汁?
HakataSamurai_001_org.jpg HakataSamurai_000_org.jpg
ちなみにお会計は、両でも文でもなく円ですので。
関連記事
[ 2017/10/14 09:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

黒白赤から選んだのはユッケジャンの赤いもつ鍋/極味や(福岡:西新)

福岡出張でのディナーは もつ鍋 極味や 西新店 です。
KiwamiyaNishijin_001_org.jpg KiwamiyaNishijin_000_org.jpg
地下鉄空港線「西新駅」からすぐのビルの2階にあり
1階には以前お土産に買った むっちゃん万十 があります。

今回はお客さんに勧められたのでやって来ました。

食べログの評価を見る限りでは、それほど高くはありませんでしたが
平日でもお客さんでいっぱいだったので、念のため予約して正解でした。

ちなみに、極味や系列では唯一のもつ鍋屋さんだそうで
予約のときにも、「もつ鍋ですけど間違いないですか?」って確認されます。

KiwamiyaNishijin_002_org.jpg
もつ鍋は 特濃黒・黒・白・赤 から選べて、いつもであれば、
焼きあごと炙りもつとうワードから特濃黒にするのですが
お客さんおススメは 赤もつ鍋 ということなので、じゃあそれで。

ちなみに、後からお客さんに聞くと何度もこのお店には来ているが
赤しか食べたことがないらしい・・・比較してないのか~い!

KiwamiyaNishijin_003_org.jpg
?????・・・
メニューには焼肉はないけど・・・
それにこんなもの頼んでないけど・・・

KiwamiyaNishijin_004_org.jpg
実は、お通しの ホルモンの鉄板焼き でしたぁ
お通しがコレっていうことはこのお店は正解でしょう!

赤もつ鍋と一緒に頼んだサイドメニューが
先にドドドドーっと出てきたので、まずはこちらから。

KiwamiyaNishijin_005_org.jpg
お煎餅のようなパリパリチーズを割って混ぜて食べる シーザーサラダ
KiwamiyaNishijin_006_org.jpg KiwamiyaNishijin_007_org.jpg
香ばしくてジューシーな 燻製漬込手羽先
天ぷらでええんちゃあうん?って思いながら 季節野菜のフリット
KiwamiyaNishijin_008_org.jpg KiwamiyaNishijin_009_org.jpg
お客さんのもう一つのおススメの クリームチーズチャンジャ

この時点でそこそこお腹が膨れてきたので、店員さんに
「もう、もつ鍋を食べれないかもしれません」と伝えたら・・・

KiwamiyaNishijin_010_org.jpg
赤もつ鍋

KiwamiyaNishijin_011_org.jpg
さぁ、煮えてきましたよ~

KiwamiyaNishijin_012_org.jpg
ジャジャーン!完成!!

KiwamiyaNishijin_013_org.jpg
ユッケジャンの甘辛いもつ鍋を初めて食べましたが
これがメチャクチャ美味しい!
いつもなら具材を追加するのですが、サイドメニューを食べ過ぎたので・・・

KiwamiyaNishijin_014_org.jpg
選べる〆からこれまた初めての 揚げちゃんぽん
麺がほどよくスープを吸っていい感じです。

KiwamiyaNishijin_015_org.jpg
このままユッケジャンの口のままお店を出るのは辛いので
デザートは 極味やプリン

生クリームでなめらかさとカラメルのほろ苦さが美味しい~!!

赤もつ鍋は美味しいので病みつきにはなりそうですが
一度は特濃黒もつ鍋も試してみたくなります・・・
関連記事

すき身&なかおちを200gを使用した まぐろ丼/大久寿し(大阪:平野)

先日のランチは 大久寿し(だいきゅうすし) です。
JR関西本線「平野駅」から西へ徒歩9分の25号線沿いにあります。
HiranoDaikyu_003_org.jpg HiranoDaikyu_004_org.jpg
カウンター7席・座敷2卓をご夫婦で切り盛りされているようです。

HiranoDaikyu_002_org.jpg
さて、ランチはいろいろと揃っていますが
こちらにはテレビでも紹介されたことがあるイチオシがあるというので・・・

HiranoDaikyu_005_org.jpg
にゅうめん・小鉢(切り干し大根)のついた マグロ丼定食

HiranoDaikyu_006_org.jpg
秘伝の醤油ダレに漬けた すき身&なかおちを200gも使っているので
ご飯が見えないのでマグロだけ?って疑ってしまいます。

HiranoDaikyu_007_org.jpg
食べても食べてもマグロ!マグロ!なんで
脂ノリまくりの部位だと途中で断念しそうですが
脂がは程よい具合なので最後まで美味しく丼をいただけます。
HiranoDaikyu_000_org.jpg HiranoDaikyu_001_org.jpg
もちろん、まぐろ丼は美味しいですが
意外と にゅうめん もお気に入りのランチでした。
関連記事
[ 2017/10/11 12:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム